【御注意下さい】
海月文庫はインターネット販売専門店です。※古本屋として店舗営業はしていません。
作品展の時だけアートギャラリーをOPENしています。 ※それ以外の日は開いていません。


古本担当のブログ

アートスペース担当とは違う目線で・・・本、作品展、日常、旅etc

吉田一郎作品展「えほんちゃん」開催中・・・海月文庫

吉田一郎作品展「えほんちゃん」

2019年12/3(火)~12/9(月)

11時~19時(最終日17時)

 作家在廊日:お昼過ぎから終日(予定)

 

急な冷え込みで来展者の少ない日もあるようですが、古本担当は仕事が終わってのお湯割りが嬉しい夜が続いています。一郎氏と一杯が重なって同じような話を繰り返しながら、急に視界が開けたりする事がある。バカ話からそれぞれのコダワリや勘違い等々、喋らんと分からん事もある。一郎作品には宇宙を感じる。宇宙を纏い、手に持つと自分がパワースポットになるようだ。世界の一郎ではなく宇宙の一郎と呼ぶとするか。作品展も後半に入ります。一郎氏にとって有意義な作品展になりますように。

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着・在庫検索情報を時々更新。 

次回の作品展

吉田一郎作品展「えほんちゃん」

2019年12/3(火)~12/9(月)

11時~19時(最終日17時)

 

 日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着・在庫検索情報を時々更新。 

 


吉田一郎作品展「えほんちゃん」3日目・・・海月文庫

吉田一郎作品展「えほんちゃん」

2019年12/3(火)~12/9(月)

11時~19時(最終日17時)

 作家在廊日:お昼過ぎから終日(予定)

 

昨夜は絵本作家さん二人(女性)に囲まれて、ご機嫌の一郎氏。今後の展開等有意義な話ができました。 今日もOPENから在廊ですが、一郎氏にとって刺激的な一日になりますように。

 

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着・在庫検索情報を時々更新。 

次回の作品展

吉田一郎作品展「えほんちゃん」

2019年12/3(火)~12/9(月)

11時~19時(最終日17時)

 

 日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着・在庫検索情報を時々更新。 

 


吉田一郎作品展「えほんちゃん」初日・・・海月文庫

吉田一郎作品展「えほんちゃん」

2019年12/3(火)~12/9(月)

11時~19時(最終日17時)

 作家在廊日:お昼過ぎから終日(予定)

 

今日は東京、新潟という遠方からの一郎ファンの方々も御来展。人気モンです。一郎氏の手作り絵本が50数冊・・・圧巻です。海月文庫もこれだけの一郎絵本を見るのは 初めてです。今回は時間に余裕を持って絵本を開いてもらえると嬉しいです。一郎氏の思いが、ページ毎に伝わってきます。

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着・在庫検索情報を時々更新。 

次回の作品展

吉田一郎作品展「えほんちゃん」

2019年12/3(火)~12/9(月)

11時~19時(最終日17時)

 

 日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着・在庫検索情報を時々更新。 

 


吉田一郎作品展「えほんちゃん」始まります・・・海月文庫

吉田一郎作品展「えほんちゃん」

2019年12/3(火)~12/9(月)

11時~19時(最終日17時)

 作家在廊日:お昼過ぎから終日(予定)

 

搬入日というのは前回の作品展時の最終日に「約束」した作品展を実行できたという感じ。いろんな作家さん達との約束が1年後、2年、3年後と積み重なって海月文庫が存続していける「力(励み)」になっているのは間違いない。作家もスペースもいろんな事があって、今に至るわけだから軽い事ではない。皆さん御来展お待ちしております。

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着・在庫検索情報を時々更新。 

次回の作品展

吉田一郎作品展「えほんちゃん」

2019年12/3(火)~12/9(月)

11時~19時(最終日17時)

 

 日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着・在庫検索情報を時々更新。 

 


「猫作家ゴーあや作品展」終了しました・・・海月文庫

猫作家ゴーあや作品展「ようこそ」

11/19(火)~11/25(月)

11時~19時(最終日17時)

 作家在廊日:連日、お昼過ぎから終日(予定)

 

最終日前日の日曜日は開店と同時に満員御礼。ずーっと忙しい一日だったようです。私は風邪が少しぶり返し気味で「咳」に閉口してます。作品展も始まるとアッという間に最終日・・・皆さん御来展ありがとうございました。

 

次回の作品展

吉田一郎作品展「えほんちゃん」

2019年12/3(火)~12/9(月)

11時~19時(最終日17時)

 

 日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着・在庫検索情報を時々更新。 

 


「猫作家ゴーあや作品展」中日です・・・海月文庫

猫作家ゴーあや作品展「ようこそ」

11/19(火)~11/25(月)

11時~19時(最終日17時)

 作家在廊日:連日、お昼過ぎから終日(予定)

 

連日、予定通り終日在廊のゴーあやさん。私は風邪も少しは快復へ。珍しく6時頃のスペースはノンビリムード。雨が降ったそうです。古本仕事で気付かんかった。さあ、明日から連休、お待ちしてます。

 

開催中の作品展

猫作家ゴーあや作品展

11/19(火)~11/25(月)

11時~19時(最終日17時)

 

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着・在庫検索情報を時々更新。 

 


「猫作家ゴーあや作品展」始まりました・・・海月文庫

猫作家ゴーあや作品展「ようこそ」

11/19(火)~11/25(月)

11時~19時(最終日17時)

 作家在廊日:連日、お昼過ぎから終日(予定)

 

終日在廊のゴーあやさん。私は風邪をうつすとアカンのでほとんど接点なく古本仕事です。6時頃のスペースは満員状態です。

 

開催中の作品展

猫作家ゴーあや作品展

11/19(火)~11/25(月)

11時~19時(最終日17時)

 

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着・在庫検索情報を時々更新。 

 


明日、11/19(火)から「猫作家ゴーあや作品展」・・・海月文庫

猫作家ゴーあや作品展「ようこそ」

11/19(火)~11/25(月)

11時~19時(最終日17時)

 作家在廊日:連日、お昼過ぎから終日(予定)

 

搬入日でした。私は風邪で戦力外。ウトウトしてる間にアッという間に展示が終了してたのにビックリ。今までの展示とは少し異なって面白いスペースになってます。

開催中の作品展

猫作家ゴーあや作品展

11/19(火)~11/25(月)

11時~19時(最終日17時)

 

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着・在庫検索情報を時々更新。 

 


11/19(火)から「猫作家ゴーあや作品展」・・・海月文庫

岡山の山上「日和舎」に二泊三日で娘一家5人と行って来ました。庭ではヤマガラが掌のヒマワリの種を啄みに指先に止まります。日和舎曰く「二十数年の信頼関係」だそうで、私の指先にも安心して止まります。畑では恵の収穫・・・でっかい大根!帰りは閑谷学校の紅葉を見て帰路へ。

次回作品展

猫作家ゴーあや作品展

11/19(火)~11/25(月)

11時~19時(最終日17時)

 

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着・在庫検索情報を時々更新。 

 


11/19(火)から「猫作家ゴーあや作品展」・・・海月文庫

次回作品展

猫作家ゴーあや作品展

11/19(火)~11/25(月)

11時~19時(最終日17時)

 

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着・在庫検索情報を時々更新。 

 


間中ムーチョ作品展 「ありがとう」終了しました。・・・海月文庫

間中ムーチョ作品展

「ありがとう」

2019年11/2(土)~11/8(金)

11時~19時(最終日17時)

◆作家在廊日:終日在廊予定(急用にて不在時もあります)

 

100冊用意した絵本『にんげんさまへ』・・・ムーチョさんの予想を越えて皆さんにお求め頂いているようです。おおきに! 次回の絵本出版にスゴイ応援!励みになると思います。自分だけでなく誰かに一冊届けてもらえればイイなと思います。その一冊がどう動くか・・・面白い。

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着・在庫検索情報を時々更新。 

 

 

間中ムーチョ作品展

「ありがとう」

2019年11/2(土)~11/8(金)

11時~19時(最終日17時)

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着・在庫検索情報を時々更新。 

 


間中ムーチョ作品展 「ありがとう」開催中・・・海月文庫

間中ムーチョ作品展

「ありがとう」

2019年11/2(土)~11/8(金)

11時~19時(最終日17時)

◆作家在廊日:終日在廊予定(急用にて不在時もあります)

 

急に寒くなりました。スペース裏に戻った6時前、多くの人で賑わってます。絵本『にんげんさまへ』の絵本読みが始まりました。毎日、5回前後の絵本読みと自分の思い「半分以上」等の朗読。草の根的に広がって行く仕事です。自分だけでなく誰かに一冊届けてもらえればと思います。 

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着・在庫検索情報を時々更新。 

 

 

間中ムーチョ作品展

「ありがとう」

2019年11/2(土)~11/8(金)

11時~19時(最終日17時)

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着・在庫検索情報を時々更新。 

 


間中ムーチョ作品展 「ありがとう」2日目・・・海月文庫

間中ムーチョ作品展

「ありがとう」

2019年11/2(土)~11/8(金)

11時~19時(最終日17時)

◆作家在廊日:終日在廊予定(急用にて不在時もあります)

 

今日も多くの来展者で賑わってました。いつ、スペース裏に戻ってもムーチョさんの笑い声が聞こえてます。笑い声が途切れないってええなあ~♬。古本担当は自分の仕事を信じて黙々と古本仕事を積み重ねてますが、自分がやるべき仕事がある事、その仕事を信じてと思える事に感謝です。

 

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着・在庫検索情報を時々更新。 

 

 

間中ムーチョ作品展

「ありがとう」

2019年11/2(土)~11/8(金)

11時~19時(最終日17時)

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着・在庫検索情報を時々更新。 

 


間中ムーチョ作品展 「ありがとう」始まりました。・・・海月文庫

間中ムーチョ作品展

「ありがとう」

2019年11/2(土)~11/8(金)

11時~19時(最終日17時)

◆作家在廊日:終日在廊予定(急用にて不在時もあります)

 

古本屋として大きな転換期に入ったので、今後の古本仕事の有り様を模索しながら仕事に追われる日々です。古本の買取は知り合いかその紹介だけにしようかとも思ったりしますが・・・どうだろう? 救いあげるべき多くの本を目の前にして「古本の最終見極め人」たる古本屋としての矜持が保たれるんだろうか? スペースに戻ると異空間、古本の仕事場とのギャップが・・・。

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着・在庫検索情報を時々更新。 

 

 

間中ムーチョ作品展

「ありがとう」

2019年11/2(土)~11/8(金)

11時~19時(最終日17時)

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着・在庫検索情報を時々更新。 

 


間中ムーチョ作品展 「ありがとう」搬入日・・・海月文庫

間中ムーチョ作品展

「ありがとう」

2019年11/2(土)~11/8(金)

11時~19時(最終日17時)

◆作家在廊日:終日在廊予定(急用にて不在時もあります)

 

「原発事故」東日本大震災は多くの人の人生をそして恵の自然を破壊しました。ムーチョさんもその一人。いろんな人に助けられてここまで来る事ができた。だから作品展名は「ありがとう」。ムーチョさんは笑う事が似合う人です。人は誰でもコロコロと笑っているのが一番!なぜできない!この日本!この世界!と思ってしまう。

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着・在庫検索情報を時々更新。 

 

 

間中ムーチョ作品展

「ありがとう」

2019年11/2(土)~11/8(金)

11時~19時(最終日17時)

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着・在庫検索情報を時々更新。 

 


井上知子 手仕事教室作品展 終了しました・・・海月文庫

井上知子 手仕事教室作品展

2019年10/22(火)~10/27(日)

11時~19時(最終日17時)

※井上知子先生は毎日、お昼頃から夕方まで在廊予定です。

 

井上先生曰く「手仕事教室作品展は最初で最後」との事ですが、後は生徒さん達の自主性次第ですね。自分達でギャラリーをさがして在廊番を決めてやるのも一つ。井上先生は連日の終日在廊でお疲れ様でした。井上さんは来年の6月には海月文庫で個展予定です。「それまで生きてなきゃね!」カッコイイ80オーバー!最後はやっぱり集合写真です。

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着・在庫検索情報を時々更新。 

 

 

間中ムーチョ作品展

「ありがとう」

2019年11/2(土)~11/8(金)

11時~19時(最終日17時)

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着・在庫検索情報を時々更新。 

 


井上知子 手仕事教室作品展 明日、最終日・・・海月文庫

井上知子 手仕事教室作品展

2019年10/22(火)~10/27(日)

11時~19時(最終日17時)

※井上知子先生は毎日、お昼頃から夕方まで在廊予定です。

 

今日はノンビリした一日で、来て頂いた方々にはユックリとした時間を過ごしてもらえたようです。ある意味一番良い日かも。明日は最終日で5時閉店です。4時前後からは生徒さん達が来られると思います。作品展を見に来られる方はそれまでの時間がノンビリできるかも。

井上知子 手仕事教室作品展 DM

2019年10/22(火)~10/27(日)

11時~19時(最終日17時)

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着・在庫検索情報を時々更新。 

 


井上知子 手仕事教室作品展 3.4日目・・・海月文庫

井上知子 手仕事教室作品展

2019年10/22(火)~10/27(日)

11時~19時(最終日17時)

※井上知子先生は毎日、お昼頃から夕方まで在廊予定です。

 

連日の雨続きに関わらず賑やかな日々が続いているようです。

いつスペース裏に戻っても大概がこんな感じ・・・井上先生の常の指導力・行動力の賜物ですな。

井上知子 手仕事教室作品展 DM

2019年10/22(火)~10/27(日)

11時~19時(最終日17時)

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着・在庫検索情報を時々更新。 

 


井上知子 手仕事教室作品展 二日目・・・海月文庫

井上知子 手仕事教室作品展

2019年10/22(火)~10/27(日)

11時~19時(最終日17時)

※井上知子先生は毎日、お昼頃から夕方まで在廊予定です。

 

私がスペース裏に戻った6時前です。今日もホッコリ時間もありながらバタバタとしてたようです。世間が狭いのか関西ローカルの地域性なのか人の繋がりがとても面白い。人生自体が手仕事やもんなあ。

井上知子 手仕事教室作品展 DM

2019年10/22(火)~10/27(日)

11時~19時(最終日17時)

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着・在庫検索情報を時々更新。 

 


井上知子 手仕事教室作品展 初日・・・海月文庫

井上知子 手仕事教室作品展

2019年10/22(火)~10/27(日)

11時~19時(最終日17時)

※井上知子先生は毎日、お昼頃から夕方まで在廊予定です。

 

朝から6時頃まで大忙しの一日だったようです。私がスペース裏に戻った昼前、丁度集合写真だったようで私もスペースのWEBカメラでパチリ。生徒さん達の作品の仕上がりがとてもキッチリしてるなあと思います。とても緊張感がある丁寧な仕事をされていると思います。販売されている作品は少ないですが、展示作品と共に井上先生の手仕事話も楽しんで頂けると思います。

井上知子 手仕事教室作品展 DM

2019年10/22(火)~10/27(日)

11時~19時(最終日17時)

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着・在庫検索情報を時々更新。 

 


明日、10/22(火)より井上知子 手仕事教室作品展・・・海月文庫

明日からの作品展は・・・

井上知子 手仕事教室作品展

2019年10/22(火)~10/27(日)

11時~19時(最終日17時)

※井上知子先生は毎日、お昼頃から夕方まで在廊予定です。

井上知子 手仕事教室作品展 DM

2019年10/22(火)~10/27(日)

11時~19時(最終日17時)

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着・在庫検索情報を時々更新。 

 


次回は10/22(火)より井上知子 手仕事教室作品展・・・海月文庫

次回作品展は・・・

井上知子 手仕事教室作品展

2019年10/22(火)~10/27(日)

11時~19時(最終日17時)

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着・在庫検索情報を時々更新。 

 


DAMICA こしだミカ展 終了しました・・・海月文庫

DAMICA こしだミカ展

会期:2019年10/8(火)~10/14(月・祝)
11時~19時(最終日17時)

※作家は毎日2時~閉店時まで在廊予定

(事情により不在の場合もあります。ご了承下さい。)

 

今日はこしだミカさんの工房まで作品の運搬搬出です。工房近くのお豆腐屋さんに寄って回転寿司で遅めの昼食、コーナンでギャラリー備品の購入、帰って明日の出張仕事の準備、秋冬衣類の入れ替えと大忙しの一日。

こしだミカ展には連日、多くの御来展ありがとうございました。古本担当、諸事情で3日ほどブログ更新さぼってましたが「えほん読み合いBAR」は台風にて順延となり、予約頂いた半数の方々が順延日には先約ありという事で参加できず。申し訳ない事でした。結局10名+スタッフという会になりましたが、今までとは雰囲気も異なった時間が流れました。今後の海月文庫でのイベントは10名くらいの集まりが良いなあという意見も多いので参考にしたいと思います。

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着・在庫検索情報を時々更新。 

 


DAMICA こしだミカ展

会期:2019年10/8(火)~10/14(月・祝)

11時~19時(最終日17時)

 

えほん読み合いBAR

◆満席にて予約終了しました◆

開催日下記に変更(台風にて)

10/13(日)19時から

DAMICA こしだミカ展 4日目・・・海月文庫

えほん読み合いBAR(満席にて予約〆切)

御予約頂いた方へのお知らせです。

申し訳ありませんが、開催日を下記に変更させて頂きます。

(台風の影響が判りませんので、安全第一で) 

10/13(日)19時からに変更させて頂きます。

開催中の作品展

DAMICA こしだミカ展

会期:2019年10/8(火)~10/14(月・祝)
11時~19時(最終日17時)

※作家は毎日2時~閉店時まで在廊予定

(事情により不在の場合もあります。ご了承下さい。)

 

連日、多くの御来展ありがとうございます。今日もこしださん残業です。そして今日の一言は「個展は自分の定点観測」

 
えほん読み合いBAR

◆満席にて予約終了しました◆

開催日下記に変更(台風の影響が分かりませんので) 

10/13(日)19時から

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着・在庫検索情報を時々更新。 

 


DAMICA こしだミカ展

会期:2019年10/8(火)~10/14(月・祝)

11時~19時(最終日17時)

 

えほん読み合いBAR

◆満席にて予約終了しました◆

開催日下記に変更(台風にて)

10/13(日)19時から

DAMICA こしだミカ展 3日目・・・海月文庫

えほん読み合いBAR(満席にて予約〆切)

御予約頂いた方へのお知らせです。

申し訳ありませんが、開催日を下記に変更させて頂きます。

(台風の影響が判りませんので、安全第一で) 

10/13(日)19時からに変更させて頂きます。

開催中の作品展

DAMICA こしだミカ展

会期:2019年10/8(火)~10/14(月・祝)
11時~19時(最終日17時)

※作家は毎日2時~閉店時まで在廊予定

(事情により不在の場合もあります。ご了承下さい。)

 

今日もこしださん残業です。そして今日の一言は「モノ作ってなかったらタダのボンヤリ」

 
えほん読み合いBAR

◆満席にて予約終了しました◆

開催日下記に変更(台風の影響が分かりませんので) 

10/13(日)19時から

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着・在庫検索情報を時々更新。 

 


DAMICA こしだミカ展

会期:2019年10/8(火)~10/14(月・祝)

11時~19時(最終日17時)

 

えほん読み合いBAR

◆満席にて予約終了しました◆

開催日下記に変更(台風にて)

10/13(日)19時から

DAMICA こしだミカ展 開催中・・・海月文庫

開催中の作品展

DAMICA こしだミカ展

会期:2019年10/8(火)~10/14(月・祝)
11時~19時(最終日17時)

※作家は毎日2時~閉店時まで在廊予定

(事情により不在の場合もあります。ご了承下さい。)

 

今日も人の途切れる事のない一日だったようです。そしてこしださん、今日は残業です。そして今日の一言は「アリガト」でした。

 
えほん読み合いBAR

◆満席にて予約終了しました◆

開催日下記に変更(台風にて) 

10/13(日)19時から

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着・在庫検索情報を時々更新。 

 


DAMICA こしだミカ展

会期:2019年10/8(火)~10/14(月・祝)

11時~19時(最終日17時)

 

えほん読み合いBAR

◆満席にて予約終了しました◆

開催日下記に変更(台風にて)

10/13(日)19時から

DAMICA こしだミカ展 始まりました・・・海月文庫

開催中の作品展

DAMICA こしだミカ展

会期:2019年10/8(火)~10/14(月・祝)
11時~19時(最終日17時)

※作家は毎日2時~閉店時まで在廊予定

(事情により不在の場合もあります。ご了承下さい。)

 

こしださんが昼御飯を食べたのが夕方・・・大忙しの一日だったようです。私がスペース裏に戻った6時過ぎですが、二人で何を喋ってるんでしょう?

 
えほん読み合いBAR

◆満席にて予約終了しました◆
10/12(土)19時から

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着・在庫検索情報を時々更新。 

 


DAMICA こしだミカ展

会期:2019年10/8(火)~10/14(月・祝)

11時~19時(最終日17時)

 

えほん読み合いBAR

◆満席にて予約終了しました◆ 

10/12(土)19時から

DAMICA こしだミカ展 搬入日・・・海月文庫

明日から開催します。

DAMICA こしだミカ展
会期:2019年10/8(火)~10/14(月・祝)
11時~19時(最終日17時)

※作家は毎日2時~閉店時まで在廊予定

(事情により不在の場合もあります。ご了承下さい。)

 

絵付けされた器たち、オリジナルTシャツ、手ぬぐい、エコバッグ、出版された絵本全冊が並び、こしださんが愛する架空社の絵本の販売コーナーも全てがこしだワールド。

前回作品展時の搬入日に搬入時間最長記録を作ったこしださんが新記録樹立!何でこんなに時間がかかるのか?ようわからん・・・。ニュージーランドに行けまっせ。
 
えほん読み合いBAR

◆満席にて予約終了しました◆
10/12(土)19時から

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着・在庫検索情報を時々更新。 

 


DAMICA こしだミカ展

会期:2019年10/8(火)~10/14(月・祝)

11時~19時(最終日17時)

 

えほん読み合いBAR

◆満席にて予約終了しました◆ 

10/12(土)19時から

下田逸郎 映画と生歌ライブ 満員御礼にて終了しました・・・海月文庫

久しぶりの下田逸郎さん監督の映画(映像作品)「百億年」の試写会と生歌ライブで、2時間があっという間に過ぎました。

その後は下田さんを囲んでの「BAR百億年」をOPEN。下田さんはBARでも三曲唄ってくれはりました(これは滅多にない事)。

居合わせた人達は贅沢な時間に感激。現在、下田さんが音楽を担当した、荒井晴彦 脚本、監督の映画『火口のふたり』が全国公開中。※キャンセル待ちの方々、満員御礼にて申し訳ありませんでした。下田さんはいつお会いしても自然体でいい感じ・・・。
 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着・在庫検索情報を時々更新。 


DAMICA コシダミカ展

会期:2019年10/8(火)~10/14(月・祝)

11時~19時(最終日17時)

 

えほん読み合いBAR

◆満席にて予約終了しました◆ 

10/12(土)19時から

四回シリーズ合同展 第3回「逆」終了しました・・・海月文庫

最終的に84名の参加となりました。御出品・御来店おおきに!

次回の合同展は12月「逃」です。
 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着・在庫検索情報を時々更新。 


DAMICA コシダミカ展

会期:2019年10/8(火)~10/14(月・祝)

11時~19時(最終日17時)

 

えほん読み合いBAR

◆満席にて予約終了しました◆ 

10/12(土)19時から

四回シリーズ合同展 第3回「逆」開催中・・・海月文庫

小さなスペースに80名を超える作品が展示されているので、見にくいと思います。ここは個々の集中力で「見える人には見える」という事で。私がスペース裏に戻った昼過ぎの光景。今日は世話人「LACCA」ちゃんのミニ紙芝も。
 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着・在庫検索情報を時々更新。 


海月文庫四回シリーズ合同展

第三回「逆」DM

 

会期:2019年9/14(土)~9/20(金)

営業時間:11時~19時(最終日17時)

四回シリーズ合同展 第3回「逆」2日目・・・海月文庫

今日も搬入があったようです。約80名の作品のエネルギー塊が発する熱量はスゴイ。今、大阪の場末でこんなエネルギーを発している場所はないと思う。「合同展はエネルギー!」

私がスペース裏に戻った6時過ぎ、スギちゃんの落語出品「犬の目」が演じられてました。
 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着・在庫検索情報を時々更新。 


海月文庫四回シリーズ合同展

第三回「逆」DM

 

会期:2019年9/14(土)~9/20(金)

営業時間:11時~19時(最終日17時)

四回シリーズ合同展 第3回「逆」始まりました・・・海月文庫

今日も搬入が続いています。5ヶ月振りの合同展ですが、皆さん忘れもせずに参加して頂いて感謝です。

海月文庫は四国高知の鬼才「吉田一郎作品」に包まれてます。
 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着・在庫検索情報を時々更新。 


海月文庫四回シリーズ合同展

第三回「逆」DM

 

会期:2019年9/14(土)~9/20(金)

営業時間:11時~19時(最終日17時)

四回シリーズ合同展 第3回「逆」搬入日です。・・・海月文庫

四回シリーズ合同展 第3回「逆」搬入日です。

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着・在庫検索情報を時々更新。 


海月文庫四回シリーズ合同展

第三回「逆」DM

 

会期:2019年9/14(土)~9/20(金)

営業時間:11時~19時(最終日17時)

夏休み・・・海月文庫

今年の夏休みはカーフェリーや高速船を利用して三重県と愛知県の離島巡りへ。伊勢鳥羽→神島 潮騒の宿「山海荘」泊→渥美半島 オーガニック宿「まるえい」泊→知多半島 料理旅館「かねもと」泊→日間賀島 海鮮とふぐの料理民宿「金華荘」泊→関宿・伊賀上野 築120年の文化財旅館「薫楽荘」泊→大和郡山(モンキー岡田画伯の膝粉砕骨折入院見舞い)→スペース草(上野秀明 絵空事)→帰宅。※神島(三重県)は三島由紀夫の潮騒の舞台になった孤島。日間賀島は名古屋から一番近い離島でタコとフグの里海。今回泊まった宿は個性派揃い。心残りは「山海荘」・・・食べ切れない新鮮な海の幸が並ぶので完食できず・・・残念! 三人なのに五人前はあったという感じです。

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着・在庫検索情報を時々更新。 

野外劇団楽市楽座 2019年新作『かもしれない物語』観劇・・・海月文庫

2019年は野外劇団楽市楽座10周年記念!

『かもしれない物語』は名前のないカエルたちの物語。

新メンバーとして、娘婿の佑之助君が加わり動きのある舞台展開も楽しめます。

今日は「しょうゆ」ちゃんがゲスト出演。

お後は見てのお楽しみという事で、場所:大阪・十三東公園 8/24(土)~26(月) 19時開演(18時半開場)

詳しくは→楽市楽座 


日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

小笠原父島「ハルクマアートプロジェクト」一家登場・・・海月文庫

海月文庫は古本まつりの後片付けの最中。小笠原父島からハルクマアートプロジェクト一家がやって来た。台風の影響で遅れた旦那のハルオ君がキャンピングカーで合流。クマちゃんの実家(奈良)を発って出雲で二泊の後は海月文庫で合宿。四人の子供達も大きくなりました。

画像は間違ってファンタジーというフィルターで撮ったためゴミのようなものが・・・。

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

「下鴨納涼古本まつり」8/16に終了しました・・・海月文庫

久しぶりの更新です。下鴨納涼古本まつりの準備に続き本番とバタバタしてました。今年は海月文庫の娘一家や息子夫婦も顔を出してくれて感慨深い古本まつりでした。初めて古本まつりに参加した時、娘も息子も小学生・・・オハグロトンボを追いかけ、御手洗川で水遊。そんな娘は3人の母親になり息子も結婚し独立。昔は古本屋さんも個性的なオヤジが参加していて、誰と話してもオモロカッタ!今回もいろんな方からの陣中見舞いで2つのクーラボックスから溢れる状態。おおきに!最終日、小笠原父島のクマちゃんが搬出の手伝いに来てくれたのにはビツクリ!

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

友井芽依個展 終了しました・・・海月文庫

友井芽依個展「まる」終了しました。
2019年7月10(水)~7/16(火)
11時~7時(最終日5時)

私がスペース裏に戻った閉店間際も賑わってます。クラゲにやってきたのはサンドブラストの板ガラス作品2つにクラゲ皿の2枚。多くの作品がメイちゃんの手から離れていろんな人々の家へ。アート作品に限らず何かを販売するという面白さは、次の物語への橋渡しができるという事ではないかなと思います。

 

<新着本>←在庫の有無はクリックして検索

版画集前田藤四郎 (前田藤四郎 画) ¥2,000
中辻妙子1980-2016 let it be (テキスト:元永定正 木村重信 安黒正流 加藤義夫) ¥2,000
竹内栖鳳展 (竹内栖鳳 [画] ; 東京国立近代美術館, NHKプロモーション他編) ¥2,000
元永定正展 ¥2,000
儀間比呂志絵本の世界 : 1971~2000 : ニライ・カナイへの夢 <署名入り> <南島叢書 82> (儀間比呂志 著) ¥3,000
SHOICHI FUTAMI: Radierungen/ Graphic work 1968-1980 ; 二見彰一銅版画カタログ (二見彰一著) ¥2,500
石と小さなものの記録 1967-1977 辻野弘之銅版画作品集 <署名・謹呈箋入り> ¥2,500
句集 二人の坂 <句・署名入り> (一原九糸 社八郎) ¥2,000
水産資源学 (能勢幸雄 ほか著) ¥1,000
螺旋の気配 <オリジナル作品付> <限定版> (植松奎二) ¥12,000
闇の領分 : 日高てる詩集 <恵存署名入り> (日高てる著/津高和一:表紙・描) ¥1,500
田島征彦の世界 <イラスト・サイン入り> ¥1,000
前田藤四郎展 : アトリエに眠る版画を探る (枚方市教育委員会, 市立枚方市民ギャラリー編集) ¥1,000
黒崎彰展 : 赤と緑,そして風見 (小倉忠夫文 ; 井上隆雄撮影) ¥1,000

 欧風の木彫り : 手づくりで楽しむ (重野純子 著) ¥1,500
未知の表現を求めて : 吉原治良の挑戦 (高柳有紀子, 國井綾, 小川知子編) ¥1,500
銀色の影 : エッセイ&ゼログラフィー <献呈署名本> <日本きゃらばん文庫 9> (山本美智代 著 ) ¥1,000
全景・山本美智代の世界 : one-man-show, Michiyo Yamamoto <署名本> (山本美智代著) ¥1,500

季刊みづゑ №.950 ANDY WARHOL(アンディ・ウォーホル) ¥1,000
上方テレビ美術事始め (阪本雅信 著) ¥1,000

写真展「東松照明・日本の風景」 ¥500
儀間比呂志版画展 : 沖縄を彫る (儀間比呂志 [作] ; 朝日新聞社編) ¥1,000
版画展 : 第50回記念:日本版画協会展五十回史(日本版画協会年譜)/第50回記念 版画展画業 ¥1,000
詩人の休日 戸田勝久作品集 (戸田勝久) ¥1,000
戸田勝久展「明日の空」 ¥1,000
久保晃展図録 (伊丹市立美術館 編) ¥1,000

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

友井芽依個展 残すは2日間・・・海月文庫

友井芽依個展「まる」開催中
2019年7月10(水)~7/16(火)
11時~7時(最終日5時)作家在廊日は毎日15時頃から予定。

画像は私がスペース裏に戻った6時前の様子。今日のスペースは一時15人以上で酸欠状態もありながらの大賑わいの一日だったようです。昨日から落語に詩吟に昔語りと突発的にオモシロイ時間が流れているようです。日常生活でもそうですが、予定した事は結局のところ想像の域を出ない事が多い。しかし突発的な出来事はそれを越える面白い時間が味わえると思いながら古本仕事優先の日々。まあ、仕事やからね。 

<新着本>

西風のコロンブスたち : 若き美術家たちの肖像 (畑祥雄著) ¥5,000
木版画清田雄司の世界 = THE WORLD OF YUJI KIYOTA'S WOODCUTS (清田雄司 著) ¥2,000
二見彰一銅版画集 : 1968-1986 <署名入り> (二見彰[画と文]) ¥3,000
アイデア 368 特集:日本オルタナ精神譜 1970-1994 否定形のブックデザイン ¥2,000
木村茂 ETICHING 目録 STONES 2001-2006 <署名入り> (木村茂) ¥2,000
番画廊1979-2012記録集+番33 plus one(番画廊2013記録集) (松原光江 [ほか] 執筆) ¥4,000
前田藤四郎展 : 人間味あふれる版画の世界 (伊丹市立美術館編集) ¥2,000

河合勝三郎作品集 オリジナル・リトグラフ(サイン入、限200の内103番) (河合勝三郎作品集実行委員会) ¥35,000
山中現作品集1994-1995 木版画二葉付 <特装本B>100部之内52番 (山中現) ¥18,000

螺旋の気配 <オリジナル作品付>(植松奎二) ¥12,000

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

友井芽依個展「まる」・・・開催中

2019年7月10(水)~7/16(火)

11時~7時(最終日5時)

作家在廊日は毎日15時頃からの予定。

告知:初日10日の夕方からプチオープニングパーティーを閉店までします。

 

友井芽依個展 中日・・・海月文庫

友井芽依個展「まる」開催中
2019年7月10(水)~7/16(火)
11時~7時(最終日5時)作家在廊日は毎日15時頃から予定。

今日は1時頃から在廊のメイちゃんです。オッちゃんやオバちゃん達はもう岸にほぼたどり着いてしまったけど、若い人は行き着く先が未定。無限の可能性というか大海原がどこへ彼女を導こうとしているのか。興味のある事へドンドン挑戦して欲しい。自分を振り返ると挑戦しても良かった時代に失敗しないように生きてきた感がある。今思えば残念!

<新着本>

黒崎彰・全木版画 : 1965-1983 オリジナル木版画二点収録 <特装版150部之内79番> ¥12,000

画文集 フリースランド紀行 「神が海を創り フリースランド人が海辺の地を造った」 オリジナル銅版画入り限定本 <100部之内61番> (二見彰一) ¥20,000
1983・作家による創作本展 オリジナル作品4点(アレキサンダー、堀尾貞治、松谷武判、バン ホウテン) <限定200部之内48番> ¥20,000
堀井英男 中国幻想1993-1994 オリジナル銅版画作品一葉付 <特装本50部之内22番> ¥8,000
SHOICHI FUTAMI: Radierung Graphic work 1968-1980 ; 二見彰一銅版画カタログ オリジナル銅版画:題名「夜のかおり」(サイン、ナンバー入)一葉 (二見彰一著) ¥10,000

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

友井芽依個展「まる」・・・開催中

2019年7月10(水)~7/16(火)

11時~7時(最終日5時)

作家在廊日は毎日15時頃からの予定。

告知:初日10日の夕方からプチオープニングパーティーを閉店までします。

 

友井芽依個展 開催中・・・海月文庫

友井芽依個展「まる」開催中
2019年7月10(水)~7/16(火)
11時~7時(最終日5時)作家在廊日は毎日15時頃から予定。

「救い」というタイトルが付いた作品には「神に祈ってもどうにもならない事があった」との添書があります。若い人の作品展をする度に思う事ですが、その作品展には作家と付き合いのある若い人達がやってきます。応援したくなる若人が多いので、自分が「何かをしたい」という我欲から少し離れる事ができるような気がします。

 

 <新着本>

柔侠伝 全8冊揃い <アクション・コミック・デラックス> (バロン吉元) ¥3,500

ニッポン昔話 (花輪和一 著) ¥2,000
つげ忠男漫画傑作集2冊一括 (1)河童の居る川(2)無頼平野 (つげ忠男) ¥3,000
少女椿 (丸尾末広 著) ¥6,000
ヤボテンとマシュマロ (杉作J太郎 著) ¥2,500
聲 <ちくま学芸文庫> (川田順造 著) ¥2,000
杜甫ノート <新潮社版> (吉川幸次郎 著) ¥1,000
上前智祐展図録 集合と稠密のコスモロジー (大阪府) ¥2,000

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

友井芽依個展「まる」・・・開催中

2019年7月10(水)~7/16(火)

11時~7時(最終日5時)

作家在廊日は毎日15時頃からの予定。

告知:初日10日の夕方からプチオープニングパーティーを閉店までします。

 

友井芽依個展 初日・・・海月文庫

友井芽依個展「まる」始まりました。
2019年7月10(水)~7/16(火)
11時~7時(最終日5時)作家在廊日は毎日15時頃から予定。

 初日はプチオープニングパーティー。若い作家を応援して頂いてありがとうございます。海月文庫アートスペースが誕生して20年、メイちゃんは二十歳。父ちゃんの友井君も個展をしてくれているので、父娘二代のお付き合い。いや、祖父母お二人とも付き合いがあるので、友井家三代との何かとても嬉しい御縁です。三代の付き合いは友井家だけか・・・

 

 <新着本>

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

友井芽依個展「まる」・・・開催中

2019年7月10(水)~7/16(火)

11時~7時(最終日5時)

作家在廊日は毎日15時頃からの予定。

告知:初日10日の夕方からプチオープニングパーティーを閉店までします。

 

友井芽依個展 明日から始まります。・・・海月文庫

明日から・・・友井芽依個展「まる」始まります。
2019年7月10(水)~7/16(火)
11時~7時(最終日5時)作家在廊日は毎日15時頃から予定。

 

搬入日です。発想が柔らかいからドンドンやりながら次の展開も自由でオモシロイ。固定観念がないのが若さです。さあ、明日から始まります。明日の初日(10日)の夕方から閉店までプチオープニングパーティーをします。

 

 <新着本>

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

友井芽依個展「まる」・・・開催中

2019年7月10(水)~7/16(火)

11時~7時(最終日5時)

作家在廊日は毎日15時頃からの予定。

告知:初日10日の夕方からプチオープニングパーティーを閉店までします。

 

スペース草の 展覧会「さかだちのけしき」へ・・・海月文庫

海月文庫の次回作品展・・・友井芽依個展「まる」
2019年7月10(水)~7/16(火)
11時~7時(最終日5時)

作家在廊日は毎日15時頃からの予定ですが・・・

告知:初日10日の夕方からプチオープニングパーティーをします。

 

今日は朝から東三国に作品展中の食材買出し日。お肉屋さん、スーパー2軒、お好み焼屋さんで昼食をゲット!みんなお気に入りのお店です。ここにお豆腐屋さんとサンドイッチ屋さんが加わると完璧です。昼からスペース草の 展覧会「さかだちのけしき] 7/6〜7/11(12:00〜18:00)会期中休み無し。YASO-(カバン ストール)、アキフミキング(オブジェ・ブローチ)、ミシャコシャ(陶器) へ。そして古本の買い取り出張を終えて江坂「大塚屋」で布の購入・・・一日終了。ああ、シンド!

 <新着本>

 日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

海月文庫の 次回作品展・・・友井芽依個展「まる」

2019年7月10(水)~7/16(火)

11時~7時(最終日5時)

作家在廊日は毎日15時頃からの予定(あくまでも予定)

告知:初日10日の夕方からプチオープニングパーティーをします。

 

豊田勇造70歳記念70曲フリーコンサート・・・海月文庫

次回作品展・・・友井芽依個展「まる」
2019年7月10(水)~7/16(火)
11時~7時(最終日5時)

 

海月文庫チームはTシャツ売場担当です。来て頂いた方々ありがとうございました。懐かしい人達との再会もありで、音楽はもちろん良い一日を過ごしました。一番心配していたお天気もチラリと晴れ間も出たりと過ごしやすい日。3000席ある丸山音楽堂ですが、ズーッとこんな状態。いつも勇造さんを裏から支えているHちゃんのエンディング前の笑顔が良かったなあ。

 

<新着本>

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

 

 

次回作品展・・・友井芽依個展「まる」

2019年7月10(水)~7/16(火)

11時~7時(最終日5時)

ようやく一段落・・・海月文庫

次回作品展・・・友井芽依個展「まる」
2019年7月10(水)~7/16(火)
11時~7時(最終日5時)

 

三ヶ月前に入荷したダンボールで60箱を超える古本整理にようやく終わりが見えてきました。後は文庫本などが数箱残っている程度。といっても他から入ってきた本が30箱程待ち構えているのでユックリはできませんが・・・。

 

<新着本>

京都の野鳥 ¥1,500
京都地図物語 (植村善博, 上野裕 編) ¥1,500
京都の木 : 歴史のなかの巨樹名木 <京都市文化財ブックス 第1集> (京都市文化観光局文化観光部文化財保護課 編) ¥1,000
淀川往来<付図附き> (上方史蹟散策の会 編) ¥1,000
京都の動物 (1)哺乳類・鳥類・爬虫類・両生類) (2)魚・淡水生物・昆虫とクモ (京都の動物編集委員会 編) ¥3,000
京都植物たちの物語 : 古都の花と緑と作物 <かもがわ選書 1> (堀田満 編) ¥1,500
京都五億年の旅 (地学団体研究会京都支部 編) ¥1,500
京都地学ガイド : 現地に見る京都五億年の旅 2版 (地学団体研究会京都支部 編) ¥1,500
総合ガイド 全10冊揃い (京都滋賀自然観察会) ¥15,000
伏見の自然と環境 <京・伏見学叢書 / 聖母女学院短期大学伏見学研究会 編 第2巻> (聖母女学院短期大学伏見学研究会 編) ¥3,000
8時02分発京都河原町行き急行 : 私の京都論 ; 訪「城」記 ([西村正信]) ¥1,500
京都市・野山の花 (安原修次 著・写真) ¥1,500
芦生演習林・植物の手引/芦生研究林・植物の手引 2冊一括 (中根勇雄) ¥3,000

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

 

次回作品展・・・友井芽依個展「まる」

2019年7月10(水)~7/16(火)

11時~7時(最終日5時)

数年ぶりの百貨店・・・海月文庫

次回作品展・・・友井芽依個展「まる」
2019年7月10(水)~7/16(火)
11時~7時(最終日5時)

 

今日は午前中に淀川テクニックが参加している梅田阪急百貨店「数寄景/NEW VIEW」と若手アーティストによる「HANKYU ART FAIR NEO SEED」へ。若手アーティストは全体的にお行儀のよい作品が多い。それなりの格好はしているし、テクニックやアイデアには感心する作品もあるが、正直「オモロナイ!」。なんか枠の中に収まっているというか・・・。まあ、部外者の感想です。

 

 <新着本>

恒続林思想 (アルフレート・メーラー 著 ; 山畑一善 訳) ¥5,000
竹とんぼ・作り方/飛ばし方のコツ : 空へ想いをのせて! : 竹とんぼQ&A <サイエンス・シリーズ> (松本修身 著) ¥1,000
幾つになっても山!川! (熊谷栄三郎 著) ¥1,000
森の神々と民俗 (金田久璋 著) ¥1,500
アニミズムの世界 <歴史文化ライブラリー 16> (村武精一 著) ¥1,000
ネイチャーツアー西表島 (安間繁樹 著) ¥2,500
八瀬野外保育センター紀要 3冊一括(第20.21.23号) (八瀬野外保育センター運営委員会) ¥1,500
里海の生活誌 : 文化資源としての藻と松 <愛知大学綜合郷土研究所「三河湾の海里山の綜合研究」 1> (印南敏秀 著) ¥2,000
方法としてのフィールドノート : 現地取材から物語作成まで (R.M.エマーソン, R.I.フレッツ, L.L.ショウ 著 ; 佐藤郁哉, 好井裕明, 山田富秋 訳) ¥1,800
恐怖の都市公害 : 道路・ゴミ・水 (大阪自治センター 編) ¥1,000
環境学と環境教育 (鈴木紀雄と環境教育を考える会 編) ¥1,000
交通機関排気ガスの分析 <フィールドワークシリーズ / 講談社サイエンティフィク 編 大気編> (西田耕之助 著) ¥2,000
意味に満ちた宇宙 : 芸術と科学が明らかにする自然の叡智 (ベンジャミン・ワイカー, ジョナサン・ウィット 著 ; 原田正, 高木哲一, 渡辺久義 訳) ¥1,000
物語る人 『宝島』の作者R・L・スティーヴンスンの生涯 (よしだみどり 毎日新聞社) ¥1,000
環境科学の基本 : 新しいパラダイムは生まれるか <シリーズ・環境を考える> (塚谷恒雄 著) ¥1,000
環境にかかわる微生物学入門 (山中健生 著) ¥2,500
ダム建設をめぐる環境運動と地域再生 : 対立と協働のダイナミズム (帯谷博明 著) ¥2,500
<環境と開発>の教育学 (藤岡貞彦 編) ¥3,000

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

 

次回作品展・・・友井芽依個展「まる」

2019年7月10(水)~7/16(火)

11時~7時(最終日5時)

相も変わらず古本仕事・・・海月文庫

次回作品展・・・友井芽依個展「まる」
2019年7月10(水)~7/16(火)
11時~7時(最終日5時)

 

ここ一年ほど思っている事がある。人と人の付き合いというのは、知り合って割合に短い期間で距離感が縮まって続いて行くという事が多いような気がする。その時期を逃すとズーッと縮まる事のない距離感が当たり前の現状になったまま付き合っていくんだろうと思う。

 

 <新着本>

妖怪の森の狩人 (エイモス・チュツオーラ 著 ; 樋口裕一 訳) ¥1,000
呪医の末裔 : 東アフリカ・オデニョ一族の二十世紀 (松田素二 著) ¥2,000
アフリカの音の世界 : 音楽学者のおもしろフィールドワーク (塚田健一 著) ¥4,800
ヌビア : アフリカの智慧の言葉 (ルイ・クワミ・ボストン 著) ¥2,500
ナイジェリアの獄中から : 「処刑」されたオゴニ人作家、最後の手記 (ケン・サロ=ウィワ 著 ; 福島富士男 訳) ¥1,000
カンガに魅せられて : 東アフリカの魔法の布 (織本知英子 著) ¥2,000
幻のアフリカ (ミシェル・レリス 著 ; 岡谷公二 ほか訳) ¥1,500
アフリカと日本 <竜谷大学社会科学研究所叢書 25> (川端正久 編) ¥1,000
アラブ語辞典 (川崎寅雄 著) ¥4,000
アフリカの智慧、癒しの音 : ヒーリング・ドラム (ヤヤ・ジャロ, ミッチェル・ホール 著 ; 柳田知子 訳) ¥1,500
日本人のアフリカ「発見」 (青木澄夫 著) ¥1,000
アフリカの民話 (ロジャー・D.アブラハム 編 ; 北村美都穂 訳) ¥3,500

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

 

次回作品展・・・友井芽依個展「まる」

2019年7月10(水)~7/16(火)

11時~7時(最終日5時)

薮内舞展 終了しました・・・海月文庫

薮内舞展 これくらいシリーズ vol.2

「これくらい」ってどのくらい?

<長さについて>終了しました。

会期:2019年6月21(金)~6/27(木)

 

海月通信118号出来ました。お持ち帰り下さい。

「過去の作品展」2019年「中束範子展」「トヨヤン展」UPしました。

 

今日、最終日は「ちいさなパフォーマンス」でエンディング・・・大雨の中を来て頂いた皆さん、おおきに!若い作家の励みになります。

 

 <新着本>

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

 

次回作品展・・・友井芽依個展「まる」

2019年7月10(水)~7/16(火)

11時~7時(最終日5時)

薮内舞展 残すは二日間・・・海月文庫

開催中の作品展・・・
薮内舞展 これくらいシリーズ vol.2

「これくらい」ってどのくらい?

<長さについて>

会期:2019年6月21(金)~6/27(木)

時間:11時~7時(最終日5時)

 ※毎日変化していく予定です。お楽しみに!

 

<作家在廊予定>

26(水)不在 27(木)終日

 海月通信118号出来ました。お持ち帰り下さい。

「過去の作品展」2019年「中束範子展」「トヨヤン展」UPしました。

 

今日は5時まで在廊で、どんどん増殖してます。この変化を楽しめるのは役得ですな。明日、26(水)は作家不在です。

 <新着本>

函館ガンガン寺物語 (厨川勇 著) ¥1,000
生存の条件 : 生命力溢れる地球の回復/データ集 <2冊組> (旭硝子財団地球環境問題を考える懇談会 編著) ¥1,000
現代国語表記辞典 第2版. (武部良明 編) ¥1,500
座談詩と青春と歌 (有馬敲著) ¥1,000
信越国境 秋山郷の神秘 (山田左千夫) ¥1,000
森づくりテキストブック : 市民による里山林・人工林管理マニュアル (中川重年 著) ¥1,500
沖島物語 : 神の島に暮らして (西居正吉 著) ¥1,000
生存学研究センター報告14 「異なり」の力学とマイノリティ研究 (山本崇記・高橋慎一編) ¥1,500
STS教育読本 : 21世紀を生きる地球市民のためのサイエンティフィック・リテラシー (川村康文 編著) ¥1,000
パーマカルチャーしよう! : 愉しく心地よい暮らしのつくり方 (安曇野パーマカルチャー塾 編 ; 糸長浩司 監修) ¥1,000
あゆ 第10号 ¥1,000
ディープ・エコロジー : 生き方から考える環境の思想 (アラン・ドレングソン, 井上有一 共編 ; 井上有一 監訳) ¥1,800
大麻草と文明 (ヘラー ジャック【著】<Herer Jack>;イングリング J.エリック【訳】<Yingling J.Eric>) ¥1,800
松からの警告 : 松枯れ・大気汚染・農薬 (松枯れ農薬空散反対広島県民会議 編) ¥1,500
水俣学研究序説 (原田正純, 花田昌宣 編) ¥1,300
命限りある日まで : 水俣病・障害との闘い (御手洗鯛右 著) ¥1,800
奈落の舞台回し : 前水俣市長吉井正澄聞書 (吉井正澄 述 ; 進藤卓也 著) ¥1,500
英和イディオム完全対訳辞典 (ジャン・マケーレブ, 岩垣守彦 編著) ¥3,500
日本語語感の辞典 (中村明 著)  ¥1,500

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

開催中の作品展・・・薮内舞展

これくらいシリーズ vol.2

「これくらい」ってどのくらい?

<長さについて>

 

会期:2019年6月21(金)~6/27(木)

時間:11時~7時(最終日5時)

薮内舞展 開催中・・・海月文庫

開催中の作品展・・・
薮内舞展 これくらいシリーズ vol.2

「これくらい」ってどのくらい?

<長さについて>

会期:2019年6月21(金)~6/27(木)

時間:11時~7時(最終日5時)

 

毎日変化していく予定です。お楽しみに!

 

<作家在廊予定>

21(金)・22(土)・23(日) 終日

24(月) 不在 25(火)5時まで

26(水)不在 27(木)終日

 海月通信118号出来ました。お持ち帰り下さい。

「過去の作品展」2019年「中束範子展」「トヨヤン展」UPしました。

 毎日、増殖していくスペースに戻るのが楽しみな作品展です。初日とはかなり空間が変化してます。明日、24(月)は作家不在の一日となります。

 

<新着本>

西表島の農耕文化 : 海上の道の発見 (安渓遊地 編著)  ¥4,800 

京都の地学図鑑 (京都地学会 著)  ¥3,900 

沖縄を彩る熱帯の花 (沖縄都市環境研究会 著)  ¥4,200 

大正の姫路 (高橋秀吉 著)  ¥3,000 

英文ジョン万次郎 : 運命への航海者より 改訂 (John Manjiro 編集委員会)  ¥3,000 

徳富蘇峰先生作詩集(下巻) (蘇峰会[編])  ¥3,000 

下水は自然をめぐる : 下水道・そのよりよいあり方を求めて (楠本正康 著)  ¥2,500 

阿賀よ伝えて : 103人が語る新潟水俣病 (新潟水俣病40周年記念誌出版委員会 編)  ¥3,500 

四日市公害 : その教訓と21世紀への課題 (吉田克己 著)  ¥5,000 

今水俣がよびかける (水俣病センター相思社編)  ¥2,500 

環境科学教授法の研究 (高村泰雄, 丸山博 著)  ¥2,000 

高速増殖炉もんじゅ : 巨大核技術の夢と現実 (小林圭二 著)  ¥2,000

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

開催中の作品展・・・薮内舞展

これくらいシリーズ vol.2

「これくらい」ってどのくらい?

<長さについて>

 

会期:2019年6月21(金)~6/27(木)

時間:11時~7時(最終日5時)

薮内舞展 始まりました・・・海月文庫

開催中の作品展・・・
薮内舞展 これくらいシリーズ vol.2

「これくらい」ってどのくらい?

<長さについて>

会期:2019年6月21(金)~6/27(木)

時間:11時~7時(最終日5時)

 

毎日変化していく予定です。お楽しみに!

 

<作家在廊予定>

21(金)・22(土)・23(日) 終日

24(月) 不在 25(火)5時まで

26(水)不在 27(木)終日

 

海月通信118号出来ました。お持ち帰り下さい。

「過去の作品展」2019年「中束範子展」「トヨヤン展」UPしました。

 

私がスペースに戻った6時半頃、作品が増殖中でした。 昨日とは違う空間になって皆さんをお待ちしてます。明日はどうなるの?と楽しみになる作品展です。まだ初日ですので、できるだけ空間展示作品等は写さないようにしてます。そこらへんは皆さんもヨロシクお願いします。

 

<新着本>

 日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

開催中の作品展・・・薮内舞展

これくらいシリーズ vol.2

「これくらい」ってどのくらい?

<長さについて>

 

会期:2019年6月21(金)~6/27(木)

時間:11時~7時(最終日5時)

薮内舞展 搬入日です・・・海月文庫

明日からの作品展・・・
薮内舞展 これくらいシリーズ vol.2

「これくらい」ってどのくらい?

<長さについて>

会期:2019年6月21(金)~6/27(木)

時間:11時~7時(最終日5時)

 

毎日変化していく予定です。お楽しみに!

<作家在廊予定>

21(金)・22(土)・23(日) 終日

24(月) 不在 25(火)5時まで

26(水)不在 27(木)終日

 

海月通信118号出来ました。お持ち下さい。

「過去の作品展」2019年「中束範子展」「トヨヤン展」UPしました。

 

<新着本>

現代の科学 : 環境科学 (川又淳司 著) ¥1,500

化学品開発の論理と安全の論理 : 化学技術規制史の視点から (川又淳司 著) ¥2,500

西田天香 : 長浜が生んだ偉大な思想家 : 西田天香没後30年記念 (市立長浜城歴史博物館 編) ¥1,000

教えて!ガス化溶融炉 : これでごみ問題は解決か <プロブレムQ&A> (津川敬 著) ¥1,200

環境メディア論 <IGES地球環境戦略研究シリーズ 3> (地球環境戦略研究機関 編) ¥1,000

開発途上国における環境科学 <スコープリポート 4> (友永剛太郎 訳) ¥1,000

今まで聞けなかった処理業者のリスコミ事例集 : 持続可能な産廃経営のために (日報アイ・ビー編集部リスコミ調査班 編纂) ¥1,500

環境理念と管理の研究 : 地球時代の環境パラダイムを求めて (宇都宮深志 著) ¥1,000

漂着ゴミ : 海岸線の今を追って : ひげ先生の書簡 (山口晴幸 著) ¥1,500

温暖化への世界戦略 : 気候変動に関する政府間パネルの温暖化対策(EIS報告)と提言 (地球産業文化研究所 編・翻訳) ¥1,400

アースウォッチの旅入門 : 歩く・探す・見つける…衛星画像の歩き方 (福田重雄 著) ¥1,000

流線形シンドローム : 速度と身体の大衆文化誌 (原克 著) ¥1,000

公害被害放置の社会学 : イタイイタイ病・カドミウム問題の歴史と現在 (飯島伸子, 渡辺伸一, 藤川賢 著) ¥2,800

水俣病とは何か : 特集 <環 : 歴史・環境・文明 : 学芸総合誌・季刊> ¥1,000

炭のかがく : 炭のすべてがよくわかる (柳沼力夫 著) ¥3,500

日曜炭やき師入門 <識語署名入り> (岸本定吉, 杉浦銀治 共著) ¥1,000

竹の魅力と活用 : 竹資源活用フォーラム (内村悦三 編) ¥2,500

炭焼紀行 (三宅岳 著) ¥1,800

炭焼物語  (宇江敏勝/原作・武野繁泰/作画) ¥1,500

炭焼きの二十世紀 : 書置きとしての歴史から未来へ (畠山剛 著) ¥1,000

炭焼物語 <物語歴史文庫 8> (畠山剛 著) ¥1,500

探究「鎮守の森」 : 社叢学への招待 (上田正昭 編) ¥1,500

フィールドワークの技法と実際 : マイクロ・エスノグラフィー入門 (箕浦康子 編著) ¥1,000

フィールドワークの技法 : 問いを育てる,仮説をきたえる (佐藤郁哉 著) ¥1,800

屋久島の野鳥 : フィールドガイド (尾上和久 写真・文) ¥1,000

屋久島物語 (牧良平 著) ¥2,000

西表炭坑 : 写真集 新装版.(三木健 編著) ¥2,000

沖縄・西表炭坑史 (三木健 著) ¥2,000

石垣島自然誌 (安間繁樹 著) ¥1,000

月 : 人との豊かなかかわりの歴史 (ベアント・ブルンナー 著 ; 山川純子 訳) ¥1,000

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

明日からの作品展・・・薮内舞展

これくらいシリーズ vol.2

「これくらい」ってどのくらい?

<長さについて>

 

会期:2019年6月21(金)~6/27(木)

時間:11時~7時(最終日5時)

本が増えとる!・・・海月文庫

 

次の作品展までに30箱ほどの未整理本を片付けんと・・・アカン!

という予定で仕事をしてたのに、本が増えとるやんやんか!おおきにです😁

 

<新着本>

 日本の里山日本の里海 : 訪ねるふれあう  全6巻揃い (中川重年 監修) ¥3,500

京の音 : 音で体感、京の風景 (小松正史 文) ¥1,000

器 : 稲荷作作品集 <墨署名> (稲荷作 著) ¥2,000

新水俣市史 民俗・人物編 (水俣市史編さん委員会 編) ¥3,500

岩波理化学辞典 第4版. (久保亮五 ほか編) ¥1,000

みんなで守ろう環境!シリーズ ¥1,800

京の音 : 音で体感、京の風景 (小松正史 文) ¥1,000

心の耳を育てる : 音からの教育「イヤー・ゲーム」 <音楽指導ハンドブック 14> (長谷川有機子 著) ¥2,000

香りでこころとからだを快適に <ルネッサンス京都21「五感シリーズ」 1> (菅原努 監修 ; 中井吉英, 大東肇 編) ¥1,800

田中正造と足尾鉱毒事件を歩く (布川了 文 ; 神山勝三 写真) ¥1,000

田中正造と足尾鉱毒問題を考える <法政平和大学マラソン講座 第3回> (法政平和大学 著) ¥1,000

汚染の代償 : 豊島事件の23年 <生命と環境21 Life & environment> (實近昭紀 著) ¥5,500

里海の自然と生活 2 (三河湾の海里山) <三河湾の海里山の綜合研究 / 愛知大学綜合郷土研究所 編 3> (印南敏秀 編) ¥1,600

チャペック小説選集 全6冊の内5冊一括 (カレル・チャペック 著) ¥4,000

Seed(シード) 全10冊揃い <ヤングジャンプ・コミックス BJ> (ラデック・鯨井 作 ; 本庄敬 画) ¥6,000

講座 環境社会学 全5巻揃い (飯島伸子・鳥越皓之・長谷川公一・舩橋晴俊編か編) ¥8,000

炭の力 : 炭・木酢液・竹酢液の総合情報誌 創刊号~26号迄 全26冊一括 ¥57,200

宇江敏勝の本 全6巻揃い(第一期)(宇江敏勝 著) ¥9,000

日本の美術教育発達史 (西本繁夫著) ¥10,000

田中正造と足尾鉱毒事件研究 1 (1978)-9(1990)(渡良瀬川研究会編集)¥7,500

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

次回作品展・・・薮内舞展

これくらいシリーズ vol.2

「これくらい」ってどのくらい?

<長さについて>

 

会期:2019年6月21(金)~6/27(木)

時間:11時~7時(最終日5時)

ようやく残り30箱に・・・海月文庫

 

次の作品展までに30箱ほどの未整理本を片付けんと・・・アカン!

 

<新着本>

本多勝一集 全30巻揃い 書店用カバー付(14冊)( 本多勝一著) ¥20,000

都市の音 (吉村弘 著) ¥1,000
街のなかでみつけた音 (吉村弘 著) ¥2,500
音と文明 : 音の環境学ことはじめ (大橋力 著) ¥3,500
ボクは炭焼き職人になった 修羅場の修行篇 (原伸介 著) ¥1,000
木と日本人 : 木の系譜と生かし方 (上村武 著) ¥1,000
日本の大気汚染経験 : 持続可能な開発への挑戦 (日本の大気汚染経験検討委員会 編 ) ¥2,000
光化学スモッグ : 東京の光化学反応による大気汚染 (大平俊男 著) ¥1,200
イタイイタイ病報道史 : 公害ジャーナリズムの原点 (向井嘉之, 森岡斗志尚 著) ¥2,500
農薬原論 : 農薬の50年 (中南元 著) ¥1,800
谷中村事件 : ある野人の記録 : 田中正造伝 新版. (大鹿卓 著) ¥1,000
西淀川公害の40年 : 維持可能な環境都市をめざして (宮本憲一, 森脇君雄, 小田康徳 監修 ; 除本理史, 林美帆 編著) ¥1,500
新潟水俣病の三十年 : ある弁護士の回想 (坂東克彦 著) ¥1,000
閃きの芸術・流々人生 : 丸木位里・俊の遺言 (平松利昭 編) ¥3,800
水俣の人びと <母と子でみる A2> (桑原史成 著) ¥1,400
記録・土呂久 (土呂久を記録する会 編) ¥1,500
水俣からの想像力 : 問いつづける水俣病 (丸山定巳, 田口宏昭, 田中雄次 編) ¥1,800
わが死民 : 水俣病闘争 (石牟礼道子 編) ¥1,000
新・水俣まんだら : チッソ水俣病関西訴訟の患者たち(木野茂, 山中由紀 共著)¥2,900
水俣の経験と記憶 : 問いかける水俣病 (丸山定巳 ほか編) ¥1,000
沈黙と爆発 : ドキュメント「水俣病事件」 1873~1995(後藤孝典 著) ¥1,000

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

次回作品展・・・薮内舞展

これくらいシリーズ vol.2

「これくらい」ってどのくらい?

<長さについて>

 

会期:2019年6月21(金)~6/27(木)

時間:11時~7時(最終日5時)

久しぶりのカラオケへ・・・海月文庫

 

昨日は夕方からMさんの誕生日に便乗して、立呑屋からジャンカラへ。ペラペラとめくる歌謡本がない!のにビックリ。カラオケ装置の使い方がわかるのに30分を費やし、10年(以上かな)振りに握ったマイク・・・全く声が出なかった。

 

<新着本>

灰谷健次郎の本 : 全集版 全25冊揃い(灰谷健次郎 著 ; 小宮山量平 編) ¥8,000

鉱山と市民 : 聞き語り日立鉱山の歴史 (鉱山の歴史を記録する市民の会編) ¥2,500

鉄と銅の生産の歴史 : 古代から近世初頭にいたる (佐々木稔 ほか編著) ¥2,000

生ゴミはよみがえる : 土はいのちのみなもと (菅野芳秀 著 ; 長谷川健郎 写真) ¥1,500

フィールドノート 1 <鶴見良行著作集 / 鶴見良行 著 11> (鶴見良行 著) ¥3,800

阿賀よ忘れるな : 新潟水俣病第二次闘争の記録 : 公害根絶をめざす人間の尊厳をかけた闘い ¥4,800

新潟水俣病問題 新版 (飯島伸子, 舩橋晴俊 編著) ¥1,800

新潟水俣病問題 <現代社会学叢書> (飯島伸子, 舩橋晴俊 編著) ¥1,800

チッソ支援の政策学 : 政府金融支援措置の軌跡 (永松俊雄 著) ¥5,800

水俣病の科学 (西村肇, 岡本達明 著) ¥1,500

水俣学講義 (原田正純 著) ¥1,800

宝子たち : 胎児性水俣病に学んだ50年 (原田正純 著) ¥2,000

Minamataに学ぶ海外 : 水銀削減 <熊本大学政創研叢書 4> (井芹道一 編) ¥1,500

水俣病の悲劇を繰り返さないために : 水俣病の経験から学ぶもの (橋本道夫 編) ¥2,800

水俣病の科学 (西村肇, 岡本達明 著) ¥2,000

原田正純追悼集 : この道を-水俣から (熊本学園大学水俣学研究センター, 熊本日日新聞社 編著) ¥1,800

荒畑寒村著作集 全10冊揃い ¥4,000

水俣病の民衆史 全6冊揃い (岡本達明著) ¥40,000

木葉井悦子 うみはぎなみほどき 一九八六年三月二九日ー一九八七年四月一七日 (木葉井悦子) ¥50,000

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

次回作品展・・・薮内舞展

これくらいシリーズ vol.2

「これくらい」ってどのくらい?

<長さについて>

 

会期:2019年6月21(金)~6/27(木)

時間:11時~7時(最終日5時)

久しぶりに映画・・・海月文庫

 

今日は午前中に古本仕事を終えて、今話題の映画を観てきました。

従軍慰安婦について対立する意見を交互に素早く展開しつつ、最後は自分の持つ「決論」に導いていく手法とセンセーショナルな音楽と編集に意図が感じられて私は押付けられ感や違和感を感じました。この映画については結論を「観た人に委ねる」要素があれば良かったのになあと思います。どんな問題でも対立する意見には真実と間違い、錯誤や誇張が入乱れていると思うから。

 

映画の後はお初天神「ハイボール小路」夕方4時~11時 日曜(定休) 結局、界隈で4軒ハシゴとなりました。

 

<新着本>

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

次回作品展・・・薮内舞展

これくらいシリーズ vol.2

「これくらい」ってどのくらい?

<長さについて>

 

会期:2019年6月21(金)~6/27(木)

時間:11時~7時(最終日5時)

トヨヤン展  終了しました・・・海月文庫

トヨヤン展 終了しました。

「生きてるだけで精一杯、 まるい玉子も切りようで四角」

2019年6/4(火)~6/10(月)

11時~7時(最終日5時)

 

今日も2時頃から在廊のトヨヤン。最終日もずっと満員状態で終了しました。トヨヤンも連日の呑み過ぎ、喋りすぎ(作品説明)で声も嗄れてます。もうヘロヘロですな。今回は不慮の出来事で思う存分の作品造りができずやり残した事もあるとの事で、次回は2年後。

 

<新着本>

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

次回作品展・・・薮内舞展

これくらいシリーズ vol.2

「これくらい」ってどのくらい?

<長さについて>

 

会期:2019年6月21(金)~6/27(木)

時間:11時~7時(最終日5時)

トヨヤン展  明日最終日です。・・・海月文庫

開催中の作品展は・・・トヨヤン展

「生きてるだけで精一杯、 まるい玉子も切りようで四角」

2019年6/4(火)~6/10(月)

11時~7時(最終日5時)

 

今日も2時頃から在廊のトヨヤン。日曜日という事で来展者も多いだろうと予測。店前にテーブルに心地よい立呑の風が吹きます。最後はスペース草チームが合流して、合同打上げにて一日が終了です。さあ、明日は最終日、5時終了後すぐ撤去作業に入ります。

 

<新着本>

水俣の赤い海 (原田正純 著) ¥1,200
水俣学講義 第3集 (原田正純 編著) ¥1,500
水俣五〇年 : ひろがる「水俣」の思い (最首悟, 丹波博紀 編) ¥1,500
水俣病にまなぶ旅 : 水俣病の前に水俣病はなかった (原田正純 著) ¥2,000
僕が写した愛しい水俣 (塩田武史 著) ¥1,000
今水俣がよびかける (水俣病センター相思社編) ¥3,000
水俣病の政治経済学 : 産業史的背景と行政責任 (深井純一 著) ¥4,000
水俣病の50年 : 今それぞれに思うこと (水俣病公式確認五十年誌編集委員会 編) ¥2,000
水俣学研究序説 (原田正純, 花田昌宣 編) ¥1,400
水俣を見た7人の写真家たち (桑原史成, 塩田武史, 宮本成美, W.ユージン・スミス, アイリーン・美緒子・スミス, 小柴一良, 田中史子, 芥川仁 著)  ¥1,500 
水俣病研究3 特集:水俣病論争のすすめ  (水俣病研究会編)  ¥2,000 
日本の公害 : 水俣病問題・足尾鉱毒問題 (大阪人権歴史資料館 編)  ¥1,500 
季刊 不知火 いま水俣は 5.7.8(終刊号) 3冊一括 (荒畑寒村 色川大吉 石牟礼道子他)  ¥7,000 
ふれあい・撮るぞ 半永一光写真集 (半永一光)  ¥3,000 
みなまた曼荼羅話会 未来への提言 創世記を迎えた水俣 (西東靖博とその編集室)  ¥1,000
田中正造を語る  ¥2,000 
稲と日本人 (甲斐信枝 さく ; 佐藤洋一郎 監修)  ¥1,300 

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

開催の作品展は・・・

トヨヤン展

「生きてるだけで精一杯、 まるい玉子も切りようで四角」

2019年6/4(火)~6/10(月)

11時~7時(最終日5時)

トヨヤン展 5日目・・・海月文庫

開催中の作品展は・・・トヨヤン展

「生きてるだけで精一杯、 まるい玉子も切りようで四角」

2019年6/4(火)~6/10(月)

11時~7時(最終日5時)

 

今日も2時頃から在廊のトヨヤン。涼しかったので古本の仕事場は網戸・・・隣のスペースからトヨヤンの声がずっと聞こえてました。満員状態は私がスペース裏に戻った6時過ぎも続いてました。明日の6/9(日)もトヨヤンは在廊予定ですが、居てるつもり、居てるかも、居てたら・・・とは本人談。

 

<新着本>←在庫の有無はクリックして検索

常世の舟を漕ぎて : 水俣病私史 (緒方正人 語り ; 辻信一 構成) ¥3,000

田中正造を追う : その"生"と周辺 (日向康 著) ¥1,800

御嵩の亜炭鉱 : この負の遺産をどうするのか (ひろたみを 著) ¥3,500

公害・環境問題史を学ぶ人のために (小田康徳 編) ¥1,200

水俣病事件四十年 (宮澤信雄 著) ¥3,000

近代日本の反公害運動史論 <現代の危機を考える 3> (清水みゆき 著) ¥3,000

川俣事件 : 足尾鉱毒をめぐる渡良瀬沿岸誌 (田村紀雄 著) ¥2,500

日本淡水プランクトン図鑑 <保育社の原色図鑑 38> 改訂版 (水野寿彦 著) ¥2,000

原色野草観察・検索図鑑 <昭和56年版> <保育社の原色図鑑 58> (長田武正 著) ¥1,500

熊野の自然と暮らし <みえ熊野の歴史と文化シリーズ 3> (みえ熊野学研究会編集委員会 編) ¥1,000

探鳥地ガイド : 関西周辺 バードウォッチング入門 <Outdoor21stフィールド> (山と渓谷社大阪支局【編】) ¥1,000

植物短歌辞典 正・続揃い (針ケ谷鐘吉 編) ¥1,000

イタヤカエデはなぜ自ら幹を枯らすのか : 樹木の個性と生き残り戦略 (渡辺一夫 著) ¥1,200

香りの花手帖 (熊井明子 著) ¥1,500

ムラセ係長、雨水で世直し! (秋山眞芸実 著) ¥1,800

むらの社会を研究する : フィールドからの発想 (日本村落研究学会 編) ¥1,500

日本産業の課題 : 公害問題の考え方 (村田富二郎 著) ¥1,200

フェミニズムと科学/技術 <双書科学/技術のゆくえ> (小川眞里子 著) ¥1,000

海蛍の光 : 地球生物学にむけて <ちくまプリマーブックス 78> (阿部勝巳 著) ¥1,800

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

開催の作品展は・・・

トヨヤン展

「生きてるだけで精一杯、 まるい玉子も切りようで四角」

2019年6/4(火)~6/10(月)

11時~7時(最終日5時)

トヨヤン展 4日目・・・海月文庫

開催中の作品展は・・・トヨヤン展

「生きてるだけで精一杯、 まるい玉子も切りようで四角」

2019年6/4(火)~6/10(月)

11時~7時(最終日5時)

 

今日は2時頃から在廊のトヨヤンですが、断続的な大雨で来展者も少ない日だったようです。私がスペース裏に戻った6時過ぎ、ちょうどお客さんが帰られた後でトヨヤン一人でマッタリ・・・という事で乾杯タイム。紅白にトヨヤンは似合いますね。6/8(土)6/9(日)とトヨヤンは在廊予定ですが、居てるつもり、居てるかも、居てたら・・・とは本人談。

<新着本>

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

開催の作品展は・・・

トヨヤン展

「生きてるだけで精一杯、 まるい玉子も切りようで四角」

2019年6/4(火)~6/10(月)

11時~7時(最終日5時)

トヨヤン展 3日目・・・海月文庫

開催中の作品展は・・・トヨヤン展

「生きてるだけで精一杯、 まるい玉子も切りようで四角」

2019年6/4(火)~6/10(月)

11時~7時(最終日5時)

 

今日は夕方から在廊のトヨヤン。私がスペース裏に戻った6時過ぎ・・・満員状態。トヨヤン、道具も仕事場もない状況での作品展。よくここまでやってくれはりました。感謝!しかし、ビックリしたのが赤い四角片「オメデタイル」の販売・・・。

 

<新着本>

カレーな薬膳 (渡辺玲 著) ¥1,000

トロリーバスが街を変える : 都市交通システム革命 (森五宏 著) ¥1,000

アメニティと都市計画 (デイヴィッド・L.スミス 著 ; 川向正人 訳) ¥3,000

水田の生物をよみがえらせる : 農村のにぎわいはどこへ (下田路子 著) ¥1,000

私の博物誌 (中平清 著) ¥1,500

ドキュメント日本の公害 第11巻 (環境行政の岐路) (川名英之 著) ¥1,500
日本の公害史 <社会科学選書> (神岡浪子 著) ¥1,800
四日市公害 : その教訓と21世紀への課題 (吉田克己 著) ¥5,000
検証・カネミ油症事件 (川名英之 著) ¥1,500
新潟水俣病をめぐる制度・表象・地域 (関礼子 著) ¥3,800
新潟水俣病問題の受容と克服 (堀田恭子 著) ¥3,800
水俣まんだら : 聞書・不知火海を離れた水俣病患者 (木野茂, 山中由紀著) ¥1,350
水俣市民は水俣病にどう向き合ったか (「私にとっての水俣病」編集委員会 編) ¥2,500
鳥の巣研究ノート 全2冊揃い(part1.2) (鈴木まもる 文・絵) ¥3,000

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

開催の作品展は・・・

トヨヤン展

「生きてるだけで精一杯、 まるい玉子も切りようで四角」

2019年6/4(火)~6/10(月)

11時~7時(最終日5時)

トヨヤン展 始まりました。・・・海月文庫

開催中の作品展は・・・トヨヤン展

「生きてるだけで精一杯、 まるい玉子も切りようで四角」

2019年6/4(火)~6/10(月)

11時~7時(最終日5時)

 

朝、10時前から昨日の搬入展示の続き。私がスペース裏に戻った6時前・・・満員状態でした。トヨヤンさん、お疲れの一日だったと思います。

 

<新着本>

環境化学物質要覧 (環境庁環境化学物質研究会 編) ¥2,000

チェルノブイリ春 (中筋純 写真・文) ¥1,000

脱クルマ21 1 - 3 (脱クルマ・フォーラム 編) ¥3,000

八重山人の肖像 : 1994-2003 (今村光男 写真 ; 石盛こずえ 文) ¥1,000

スミソニアンは何を展示してきたか (A.ヘンダーソン, A.L.ケプラー 編 ; 松本栄寿, 小浜清子 訳) ¥1,500

世界は音に満ちている : 音楽人類学の冒険 (塚田健一 著) ¥1,200

香りの愉しみ、匂いの秘密 (ルカ・トゥリン 著 ; 山下篤子 訳) ¥1,200

裁かれる空港 : 環境権と公共性 (読売新聞阪神支局 編) ¥1,000

出水のツル <かごしま文庫 20> (千羽晋示 著) ¥3,500

鉄のシルクロード (窪田藏郎 著) ¥1,000

河川の生物観察ハンドブック : 河川の生態学入門 <自然科学への招待 2> (川名国男, 市田則孝 共著) ¥1,200

どくとるアイアイと謎の島マダガスカル 上下揃い (島泰三 著) ¥1,500

ゴリラの子育て日記 : サンディエゴ野生動物公園のやさしい仲間たち (中道正之 著) ¥1,000

山の辺の歴史と文化を探る (市川良哉編著) ¥3,000

アクション別フィールドワーク入門 (武田丈, 亀井伸孝 編) ¥1,200

スローでたのしい有機農業コツの科学 増補. (西村和雄 著) ¥1,000

山猿流自給自足 (青木慧 著) ¥1,000

むらの資源を研究する : フィールドからの発想 (日本村落研究学会 編) ¥1,200

森をはかる (日本林学会「森林科学」編集委員会 編) ¥1,500

森へ行こう、山村へ行こう : NPO地球緑化センターの森林ボランティア活動 (新田均 著) ¥1,000

苗木三〇〇〇万本いのちの森を生む (宮脇昭 著) ¥1,000

森の贈りもの (柿崎ヤス子 著) ¥1,000

樹木と生きる : 山びとの民俗誌 <宇江敏勝の本 / 宇江敏勝 著 5> (宇江敏勝 著) ¥1,200

環境問題資料集成 全15巻揃い(全14巻+別冊索引) (日本科学者会議 編) ¥150,000

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

開催の作品展は・・・

トヨヤン展

「生きてるだけで精一杯、 まるい玉子も切りようで四角」

2019年6/4(火)~6/10(月)

11時~7時(最終日5時)

今日はトヨヤン展 搬入です。・・・海月文庫

明日からの作品展は・・・トヨヤン展

「生きてるだけで精一杯、 まるい玉子も切りようで四角」

2019年6/4(火)~6/10(月)

11時~7時(最終日5時)

 

古本仕事から戻った夕方6時前、何や現場系作品展みたいです。私も現段階で何が行われようとしているのか、よくわかっていない状態ですが、まあ来てのお楽しみという事で御期待下さい。

 

<新着本>

 環境問題資料集成 全15巻揃い(全14巻+別冊索引) (日本科学者会議 編) ¥150,000

嘉信 全7巻揃(葡萄付8冊) (矢内原忠雄個人編輯 みすず書房) ¥3,500

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

明日から開催の作品展は・・・

トヨヤン展

「生きてるだけで精一杯、 まるい玉子も切りようで四角」

2019年6/4(火)~6/10(月)

11時~7時(最終日5時)

今日は六甲に古本仕事。次回はトヨヤン展・・・海月文庫

次回の作品展は・・・

トヨヤン展

「生きてるだけで精一杯、 まるい玉子も切りようで四角」

2019年6/4(火)~6/10(月)

11時~7時(最終日5時)

 

今日は神戸六甲に古本仕事です。小さな蝶が乱舞する風景を撮ったはずなのに・・・小さな白いのが蝶です・・・残念!

 

<新着本>

 現代短歌全集 全15冊揃い (上田三四二 [ほか] 編) ¥9,000

ふるさとのはなし 全10冊揃い (浜田廣介著 堀内誠一装幀) ¥8,000 

綜合史料索引 増訂版 (渡辺茂 編) ¥1,500

駿河の今川氏 第一集~第5集(5冊一括) (今川氏研究会 編) ¥8,000

九州史料叢書17 青方文書(二)  (九州史料刊行会編) ¥1,500

法律ラテン語辞典 (柴田光蔵 著) ¥1,500

新訂増補 国史大系 尊卑分脉  全5巻揃い (黒板勝美, 国史大系編修会 編) ¥5,000

室町幕府引付史料集成 上巻 <日本史料選書 20> (桑山浩然 校訂) ¥4,000

唐律疏議引得 (莊爲斯編著) ¥2,500

空と夢 : 運動の想像力にかんする試論 <叢書・ウニベルシタス> (ガストン・バシュラール 著 ; 宇佐見英治 訳) ¥1,000

法と訴訟 <中世を考える> (笠松宏至 編) ¥1,000

慶長三年耶蘇會板 落葉集 : 本文・解題・索引 (京都大學文學部國語學國文學研究室編) ¥1,000

戒能通孝著作集 第4巻 所有権 (戒能通孝著 ; 利谷信義編・解説) ¥1,800

舊事紀訓解 上下揃い (三重貞亮 撰 ; 明治聖徳記念学会 編) ¥10,000

L'Est et l'Ouest. Institutions du Japon et de l'Occident comparees (Six etudes de sociologie juridique) <仏文> (F.Jouondes Longrais) ¥10,000

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

次回の作品展は・・・

トヨヤン展

「生きてるだけで精一杯、 まるい玉子も切りようで四角」

2019年6/4(火)~6/10(月)

11時~7時(最終日5時)

次回はトヨヤン展・・・海月文庫

次回の作品展は・・・

トヨヤン展

「生きてるだけで精一杯、 まるい玉子も切りようで四角」

2019年6/4(火)~6/10(月)

11時~7時(最終日5時)

 

作品展が終わってからお見舞いやら古本の仕事でバタバタしてます。次のトヨヤン展まで休みはなさそう。朝の淀川河川敷ではカモがのんびり歩いてます。

 

<新着本>

 

松浦党研究 No.3 特集:元寇と松浦党 (松浦党研究連合会 編) ¥5,000

松浦党研究 No.4 (松浦党研究連合会 編) ¥1,000

松浦党研究 No.5 特集:元寇と松浦党 (松浦党研究連合会 編) ¥1,800

色部史料集 (井上鋭夫 編) ¥4,000

蝋燭の焔 (G.バシュラール 著 ; 渋沢孝輔 訳) ¥1,000

八重山の人頭税 (大浜信賢 著) ¥1,500

久我家文書 第2巻 (国学院大学久我家文書編纂委員会 編) ¥2,000

ドイツ文化の移植基盤 : 幕末・明治初期ドイツ・ヴィッセンシャフトの研究 <広島修道大学学術選書 13> (森川潤 著) ¥5,000

中世鋳物師史料 第二刷 (名古屋大学文学部国史研究室 編) ¥5,000

室町時代語論考 (鈴木博 著) ¥2,500

法制史文献目録 3(1980-1989年) (法制史学会 編) ¥3,500

図説琉球語辞典 (中本正智 著) ¥3,500

Tashi: le Roman De Celle Qui Epousa Deux Empereurs (Nidai No Kisaki), 1140-1202. <仏文> ( F. Jouon. Des Longrais (Autore)) ¥5,000

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

次回の作品展は・・・

トヨヤン展

「生きてるだけで精一杯、 まるい玉子も切りようで四角」

2019年6/4(火)~6/10(月)

11時~7時(最終日5時)

中束範子個展 終了しました・・・海月文庫

中束範子個展 終了しました。

「COLLAGE 遊んでなにやら」

2019年5/21(火)~5/27(月)

11時~7時(最終日5時)

 

最後の御来展は大学で美術教育に携わっていたM元教授。M氏「こういう作品は若い女性の感性やね。」スペース担当「若いと言えば若い・・・けど実年齢は喜寿の女性です。」M氏「信じられへん!この作品は若い人の面白がり方やで。すごいな~。」の言葉で作品展終了しました。中束さんは2年後、海月文庫で作品展予定です。やる人には理由は必要ない。やらない人には理由がいる。中束さんから学んだ気がします。

 

<新着本>

印象派名画百選  ¥1,000 

幻想耽美 (荒川佳織, 大小田陽平, 野口理恵編集)  ¥2,000 

アール・ヌーヴォーの世界4 ビアズリーとロンドン : 黒の曲線  ¥1,000 

まだ名付けられていないものへまたは、すでに忘れられた名前のために : 宮本成美・水俣写真集 (宮本成美 著)  ¥1,000 

武井武雄の本 : 童画とグラフィックの王様 <別冊太陽> (イルフ童画館監修)  ¥1,800 

メトロポリタン美術全集 第10巻 (イスラム) 〔新装版〕 (メトロポリタン美術館 原著)  ¥1,500 

オルセー美術館 : 絵画鑑賞の手引き (フランソワーズ・ベイル [著] ; エクシム・インターナショナル翻訳)  ¥1,000 

Victorian High Renaissance. George Frederick Watts 1817-1904. Frederic Leighton 1830-96. Albert Moore 1841-93. Alfred Gilbert 1854-1934. <英文> (Allen Staley (Author))  ¥2,000 

ヒエログリフ (古代エジプト文字) であそぼう (ニューヨークメトロポリタン美術館 編 ; 小山葉子 訳)  ¥3,800

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

次回の作品展は・・・

トヨヤン展

「生きてるだけで精一杯、 まるい玉子も切りようで四角」

2019年6/4(火)~6/10(月)

11時~7時(最終日5時)

中束範子個展 六日目・・・海月文庫

開催中の作品展は・・・中束範子個展

「COLLAGE 遊んでなにやら」

2019年5/21(火)~5/27(月)

11時~7時(最終日5時)

作家在廊予定日:21(火)、25(土)、26(日) 

各日の在廊時間 :午後1時半~4時半頃迄

◆画像は中束範子作品からの一作品です。

 

昨日、今日と中束さんは昼過ぎから夕方まで在廊。作品展前の体調変化で心配してましたが、作品展も無事に明日で最終日です。中束さんは不在ですが、どうぞお越し下さい。

 

 <新着本>

スズメ百態面白帳 (大田眞也 著)  ¥1,000

樹の本シリーズ 全5冊揃い 「樹の本 続・樹の本 野草の本 花の本 高山植物の本」 (脇坂誠他) ¥2,900

コラージュのおくりもの (井上陽子 著)  ¥1,000 

三井資本とイタイイタイ病 <現代資本主義叢書 11> (倉知三夫 ほか編) ¥1,500

飛べない野鳥 : つり糸で傷ついた鳥たち <どんぐりブックス> (佐々木一弘 著) ¥1,000

本州のクマゲラ (藤井忠志 著) ¥1,000

本多静六日本の森林を育てた人 (遠山益 著) ¥1,000

干潟の学校 : 三番瀬から考える環境問題 (田久保晴孝 著) ¥1,000

岩波文庫 田中正造文集 全2冊揃い (鉱毒と政治/谷中の思想) (田中正造 著 ; 由井正臣, 小松裕 編) ¥1,000

草の死 <ハヤカワ・SF・シリーズ 3277> (ジョン・クリストファー 著 ; 片岡義男 訳)  ¥1,000  

史上最悪のインフルエンザ : 忘れられたパンデミック (アルフレッド・W.クロスビー 著 ; 西村秀一 訳)  ¥1,300  

失われた時 (グザヴィエ・フォルヌレ 著 ; 辻村永樹 訳・解説)  ¥1,800  

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

開催中の作品展は・・・

中束範子個展

「COLLAGE 遊んでなにやら」

2019年5/21(火)~5/27(月)

11時~7時(最終日5時)

作家在廊予定日:21(火)、25(土)、26(日) 

各日在廊時間 :午後1時半~4時半頃迄

中束範子個展 四日目・・・海月文庫

開催中の作品展は・・・中束範子個展

「COLLAGE 遊んでなにやら」

2019年5/21(火)~5/27(月)

11時~7時(最終日5時)

作家在廊予定日:21(火)、25(土)、26(日) 

各日の在廊時間 :午後1時半~4時半頃迄

◆画像は中束範子作品からの一作品です。

 

スペースは忙しい日々のようです。まあ、私も古本地獄の日々ではありますが・・・。明日25(土)、26(日)の午後1時半~4時半頃迄は中束さんが在廊予定です。

 

 <新着本>

Arbres et arbustes du Sahel : leurs caractéristiques et leurs utilisations(仏文) ( Hans-Jürgen von (Verfasser) Maydell (Autor))  ¥8,000 

芦生の森を歩く (草川啓三著)  ¥2,000 

鳥の渡りを調べてみたら (ポール・ケリンガー 著 ; 丸武志 訳)  ¥1,200 

砒素をめぐる環境問題 : 自然地質・人工地質の有害性と無害性 <地質環境と地球環境シリーズ 4> (湊秀雄 監修 ; 日本地質学会環境地質研究委員会 編)  ¥1,500 

花の声 : 町の草木が語る知恵 <Point図鑑> (多田多恵子 著 ; 熊田達夫 写真)  ¥1,000 

農業と雑草の生態学 <種生物学研究 / 種生物学会 編 第30号> (浅井元朗, 芝池博幸 責任編集)  ¥2,000 

エコミュージアム : 21世紀の地域おこし (小松光一 編著)  ¥1,200 

森林文化社会の創造 : 明治林政への訣別 (筒井迪夫 著)  ¥2,000 

田宮模型全仕事3 : 1946-2000 : ビジュアル版 (田宮模型 編)  ¥1,000 

朝日ジャーナル 第15巻第5号  ¥1,000

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

開催中の作品展は・・・

中束範子個展

「COLLAGE 遊んでなにやら」

2019年5/21(火)~5/27(月)

11時~7時(最終日5時)

作家在廊予定日:21(火)、25(土)、26(日) 

各日在廊時間 :午後1時半~4時半頃迄

中束範子個展 三日目・・・海月文庫

開催中の作品展は・・・中束範子個展

「COLLAGE 遊んでなにやら」

2019年5/21(火)~5/27(月)

11時~7時(最終日5時)

作家在廊予定日:21(火)、25(土)、26(日) 

各日の在廊時間 :午後1時半~4時半頃迄

◆画像は中束範子作品からの一作品です。

 

昨夜はTさんからの鰹のたたきの差し入れで、一献タイム。先日、立呑屋で一緒に呑んだ時に「今度、たたき持って行くわな」との言葉を早速実行。たまたま居合わせたMさんと4人でペロリと頂戴しました。

 

<新着本>

手話知らんですんません : 手話を学ぶ人たちに贈る11章 <手話通訳演習 2> 改訂. (小出新一 著 ; 豆塚猛 写真 ; 全国手話通訳問題研究会 編著)  ¥1,500 

「屋上緑化」完全ガイド (船瀬俊介 著)  ¥1,000 

ふるさと散歩(秋山郷・津南発)/ふるさと記行(秋山郷・津南発) 2冊一括 (阿部幸子)  ¥3,000 

コモンズと環境訴訟の再定位 : 法的人間像からの探究 (小畑清剛 著)  ¥1,500 

東アジア諸国の酸性雨問題 (環境庁大気保全局大気規制課 監修 ; 大喜多敏一 編著)  ¥3,000 

どうぶつのくに (田井基文 著)  ¥1,000 

カネミ油症過去・現在・未来 (カネミ油症被害者支援センター 編著)  ¥1,000 

日本の環境保護運動 (長谷敏夫 著)  ¥1,500

韓国現代詩選 (茨木のり子 訳編) ¥14,000

不知火海と琉球弧 (江口司 著) ¥1,200

地形と土壌 <地学教育講座> (多田文男[ほか]著) ¥1,000

空気の流れ : 昆虫の飛行からロケットまで (J.E.アレン 著 ; 近藤次郎 訳) ¥3,000

Lagos State ナイジェリア ラゴス州  Governance Society & Economy (Dele Olowu) ¥1,500

安藤昌益と中江兆民 <レグルス文庫> (安永寿延 著) ¥1,000

Dictionar Roman-Englez Englez-Roman ルーマニア語辞典 (profesor: COTOAGA LAURA) ¥2,000

メインの森 : 真の野性に向う旅 <講談社学術文庫> (ヘンリー・D.ソロー 著 ; 小野和人 訳) ¥1,500

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

開催中の作品展は・・・

中束範子個展

「COLLAGE 遊んでなにやら」

2019年5/21(火)~5/27(月)

11時~7時(最終日5時)

作家在廊予定日:21(火)、25(土)、26(日) 

各日在廊時間 :午後1時半~4時半頃迄

中束範子個展 初日・・・海月文庫

開催中の作品展は・・・中束範子個展

「COLLAGE 遊んでなにやら」

2019年5/21(火)~5/27(月)

11時~7時(最終日5時)

作家在廊予定日:21(火)、25(土)、26(日) 

各日の在廊時間 :午後1時半~4時半頃迄

◆画像は中束範子作品からの一作品です。

 

<新着本>

地球はアリの惑星 <シリーズ<共生の生態学> 3> (東正剛 編著) ¥1,300
アリになったカメラマン 昆虫写真家・栗林慧 (栗林慧 写真・文) ¥3,800
虫のいい虫の話 (光瀬竜, 奥本大三郎 著) ¥1,000
虫から環境を考える 全6巻揃い(水上みさき他写真・文 ; 海野和男 監修) ¥10,000
虫たちの熊野 : 照葉樹林にすむ昆虫たち (後藤伸 著) ¥1,500
こん虫博士名和秀雄の自然とこん虫おもしろ話 <ハートシリーズ> (名和秀雄 著) ¥2,000
私たちのホタル 第10号 記念号 身近な水環境調査 <私たちのホタル> (水と文化研究会編) ¥2,000
自家採種ハンドブック : 「たねとりくらぶ」を始めよう (ミシェル・ファントン, ジュード・ファントン 著 ; 自家採種ハンドブック出版委員会 訳) ¥1,000
自然の観察 復刊. (文部省 著 ; 日置光久, 露木和男, 一寸木肇, 村山哲哉 編集・解説) ¥2,000
近江朽木の山 (山本武人 著) ¥1,000
ベトナムの果実、熱帯果樹と果実 <農業叢書シリーズ Agricultural bulletin series no.1> (Nguyen van Ke 著 ; 秋濱友也, 田中良高, 田中俊実 編著) ¥3,000
荒畑寒村 : ひとすじの道 <人間の記録 28> (荒畑寒村 著) ¥1,200
田中正造 : 田中正造昔話 <人間の記録 1> (田中正造 著) ¥1,200
調査されるという迷惑 : フィールドに出る前に読んでおく本 (宮本常一, 安渓遊地 著) ¥1,500
図説世界史を変えた50の鉱物 (エリック・シャリーン 著 ; 上原ゆうこ 訳) ¥2,000

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

開催中の作品展は・・・

中束範子個展

「COLLAGE 遊んでなにやら」

2019年5/21(火)~5/27(月)

11時~7時(最終日5時)

作家在廊予定日:21(火)、25(土)、26(日) 

各日在廊時間 :午後1時半~4時半頃迄

久しぶりの更新です。

春の古書即売会の後は、その片付けや待ってもらっていた注文処理であっという感じの一週間でした。そして岡山の山上に建つ日和舎(海月文庫の合同展にも作品出品してくれている友人夫婦)で3日間の休養。帰りは途中まで地道で神社、瀬戸内の海の駅、農協直売所巡りです。帰ってまたもやその間の注文処理でバタバタ、ありがたい事です。その後は目出度い事、悲しい事とジェットコースターのような日々でした。波風のない日々は平凡な日ではなく大切な日であるのだと思います。「今日起こらなかった事が明日に起こる」そうして人生が自分の思わぬ方向に劇的に変化する日も来るのですから。

 

<新着本>

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

次回の作品展は・・・

中束範子個展

COLLAGE 遊んでなにやら

2019年5/21(火)~5/27(月)

11時~7時(最終日5時)

第37回 春の古書大即売会・・・終了しました。

「第37回 春の古書大即売会」終了しました。

 開催日 :2019年5月1日から5月5日

 場 所 :京都市勧業館「みやこめっせ」1F第二展示場

 

お越し頂いた方々、ありがとうございました。成績はもう一つでしたが、無事に終える事ができました。ここ数年で新規参加してきた30代の新世代の古本屋さんが頑張ってます。私とは全く違う未来が見えているだろうなあ・・・。しかし連休の京都は外国人観光客でごった返してます。日本人の京都離れが数年続いているそうですが、ホンマ行きたくない。大阪の黒門市場もそうですが、商売が荒れている感じがします。

 

<新着本>

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

次回の作品展は・・・

中束範子個展

COLLAGE 遊んでなにやら

2019年5/21(火)~5/27(月)

11時~7時(最終日5時)

四回シリーズ合同展 第二回「運」展 ・・・終了しました。

海月文庫 四回シリーズ合同展

第二回「運」展・・・終了しました!

2019.4/6(土)~4/12(金)

11時~7時(最終日5時)

 

今回も70名を超える作品が集まりました。本当にありがたい事です。次回の四回シリーズ合同展は9月「辶シリーズ」第3回「逆」です。搬出時には椿﨑さんのパフォーマンス。江利チエミの「新妻に捧げる歌」をバックに流しながら、二つの形が近づきあって重なると・・・。海月文庫はしばらく「春の古書大即売会」参加のため古本仕事に専念です。

 

<新着本>

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

次回の作品展は・・・

中束範子個展

COLLAGE 遊んでなにやら

2019年5/21(火)~5/27(月)

11時~7時(最終日5時)

四回シリーズ合同展 第二回「運」展 音と言葉の遊び・・・海月文庫

海月文庫 四回シリーズ合同展

第二回「運」展

2019.4/6(土)~4/12(金)

11時~7時(最終日5時)

 作品募集要項 

 

昨日は3時から「音と言葉の遊び」のイベントでした。

トランペット:ハッチ濱本&椿﨑和生他

まずは主宰・志保子さんによる三人俳句遊び。続いて今回のメインゲストハッチ濱本氏が俳句遊び時に拾った録音音源とコラボ。次は詩う鍼灸師ヤマシタ氏(朗読)とのコラボ。ノコギリ演奏者のしょうゆちゃんも加わってこんな場所でこんな前衛的な事が行われている不思議感。トランペットは口で吹くものだから口から出る言葉ととても合います。最後は無理やりにお願いをしてトランペットの生音を聴かせてもらいました。プロはスゴイ!椿崎さんの「象」パフォーマンス、ボローニャ国際絵本原画展の表彰式から戻ったムーチョ報告に瓢吉庵さんの書のパフォーマンスも繰りひろげられました。さあ会期も残すは2日間です。

 

<新着本>

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

開催中の作品展 DM

海月文庫 四回シリーズ合同展

第二回「運」展

2019.4/6(土)~4/12(金)

11時~7時(最終日5時)

 募集要項 

四回シリーズ合同展 第二回「運」展  初日、2日・・・海月文庫

海月文庫 四回シリーズ合同展

第二回「運」展

2019.4/6(土)~4/12(金)

11時~7時(最終日5時)

 作品募集要項 

 

◆イベントのお知らせ◆

4/9日(火) 3時~「音と言葉の遊び」やります。

トランペット:ハッチ濱本&椿﨑和生他

 

いつスペース裏に戻ってもなんか満員状態です。作品搬入も続いて70人を超える作品が並んでいます。一点一点をゆっくり鑑賞してもらうと面白い発見があります。時間に余裕を持って御来展下さい。この作品??の場合はスペース担当に聞いて下さいね。

 

<新着本>

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

開催中の作品展 DM

海月文庫 四回シリーズ合同展

第二回「運」展

2019.4/6(土)~4/12(金)

11時~7時(最終日5時)

 募集要項 

四回シリーズ合同展 第二回「運」展 搬入日・・・海月文庫

海月文庫 四回シリーズ合同展

第二回「運」展

2019.4/6(土)~4/12(金)

11時~7時(最終日5時)

 作品募集要項 

 

◆イベントのお知らせ◆

4/9日(火) 3時~「音と言葉の遊び」やります。

トランペット:ハッチ濱本&椿﨑和生他

 

昨夜は搬入日。滑川さんが自宅の神戸長田区から大阪淀川区の海月文庫まで10時間(途中でギャラリー巡りもしながら)歩いて鷹取山の石(これが鷹取山に似ている)を「運」んで来ました。滑川さん数日前に思いついて、故堀尾貞治氏の誕生日だと知らずに、堀尾氏へのオマージュ的パフォーマンスを完遂。すごい事です。インターネット情報サイト「タウンポート 山下編集長」が制作した坂井ユウジロー手ぬぐいの説明。椿崎さんのパフォーマンスにW志保子の掛け合い漫談もあり。黒い大きなカバンの 忘れ物あり。どなたですか?

 

<新着本>

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

開催中の作品展 DM

海月文庫 四回シリーズ合同展

第二回「運」展

2019.4/6(土)~4/12(金)

11時~7時(最終日5時)

 募集要項 

南インド(19)最終回・・・海月文庫

◆明日は搬入日ですよ♫

海月文庫 四回シリーズ合同展

第二回「運」展

2019.4/6(土)~4/12(金)

11時~7時(最終日5時)

 作品募集要項 

 

◆イベントのお知らせ◆

4/9日(火) 3時~「音と言葉の遊び」やります。

トランペット:ハッチ濱本&椿﨑和生他

 

今日も古本発送等でバタバタです。南インドの旅(最終回)をアップしました。ブログで旅を振り返ったおかげで、自分の旅が再現されて「ああ、こんな旅だったんや!」と気付いた事もありました。画面を下にスクロールして下さい。

 

<新着本>

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

次回 作品展 DM

海月文庫 四回シリーズ合同展

第二回「運」展

2019.4/6(土)~4/12(金)

11時~7時(最終日5時)

 募集要項 

南インドの旅(最終回)3/2(土)・・・コーチ最後の日、朝はお気に入りのラッキースター食堂。昼はバーでビールですが、ここのバーは真っ暗な階段を昇ってようやく行き着ける秘密の場所、入ってしまうと陽光が差し込む明るい部屋ですが、インドで酒が呑める場所は大概、お化け屋敷的なアプローチが必要です。コーチでよく行った地元のスーパーで同じ宿に泊まっている日本人母子とバッタリ。挨拶程度は交わしているが、話してみると淀テクの柴ちゃんのお友達との事で、話が弾んで立ち話。帰国してから娘の友人(K君)のブログを見てると、どっか旅に行ったようだが、なんか見たような・・・エエッ!これ泊まった宿屋の共用スペースやん!なんと私達が宿屋にたどり着いた時に共用スペースで一緒に夕飯を食べていた数家族の日本人に「こんばんは」と挨拶を交わしたのだが、それが淀テクの友達と娘の友人K君そしてビェンナーレ参加作家Y氏(彼も柴ちゃんの知人)の3家族達であった。K君は一度、海月文庫に来ているのだが、皆さん夕飯時という事でコチラもそそくさと部屋に入ったので気付かなかった。K君は最後の夜だったようで、私達とはこの時だけのすれ違い。でも広いインドでこんな事ってあるんですね。南インドは豊かで人も親切です。治安も常識的な行動範囲の中では危険を感じる事はありません。観光客相手のNon Native料金も私には許容範囲に感じます。一番ビックリしたのが、公が管理しているであろう遺跡や博物館等・・・Non Nativeはインド人の10倍前後の料金。でも許しましょう。しかしトイレ事情(広い観光地にトイレがない又は少ない)だけは改善してほしいと切実に思います。では、これにて南インドの旅終了です。あまり詳しい事は旅の発見や楽しみにはお邪魔の場合もあるので書かないようにしました。情報も変わるしね。では、皆さん良い旅を!

南インド(18)・・・海月文庫

次回作品展は・・・

海月文庫 四回シリーズ合同展

第二回「運」展

2019.4/6(土)~4/12(金)

11時~7時(最終日5時)

 募集要項 

 

スペース担当はギャラリー廻りで朝からお出かけ。私は2時頃まで注文書籍の発送等でバタバタしました。南インドの旅も残すは後一回で大団円の予定。南インドの旅(18)をアップしました。画面を下にスクロールして下さい。

 

<新着本>

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

次回 作品展 DM

海月文庫 四回シリーズ合同展

第二回「運」展

2019.4/6(土)~4/12(金)

11時~7時(最終日5時)

 募集要項 

南インドの旅(18)3/1(金)・・・カーニャクマリから列車で8時間超えで再びコーチに戻って朝の散歩。お土産(沖縄で言うしりしり器ミニ)を数十本お買い上げ。このお店の兄ちゃんは私達の事を覚えてくれてました。コーチの伝統漁「チャイニーズ・フィッシング・ネット」も稼働してます。漁港から街のいろんな所に描かれたアート作品を楽しんだ後は、リキシャで少し遠出の買い物に出かけました。果物、香辛料、コーヒー、スウィート、荒物、サリー、金物、靴屋etc・・・。

南インド(17)・・・海月文庫

次回作品展は・・・

海月文庫 四回シリーズ合同展

第二回「運」展

2019.4/6(土)~4/12(金)

11時~7時(最終日5時)

 募集要項 

 

今日の午前中は合同展搬入日の作品展説明会時の買い物でスーパー巡り。昼からは古本仕事。南インドの旅(17)をアップしました。画面を下にスクロールして下さい。

 

<新着本>

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

次回 作品展 DM

海月文庫 四回シリーズ合同展

第二回「運」展

2019.4/6(土)~4/12(金)

11時~7時(最終日5時)

 募集要項 

南インドの旅(17)2/28(木)・・・操作ミスで画像に日時が写り込んでますが時間は全く違います。ホテルから朝日を楽しんだ後は地元の食堂で朝御飯。チャイを飲みバナナを買ってタクシー(白いアンバサダー)で鉄道駅へ。インドの列車は30数両(新幹線の倍以上)あるので、先頭車両だと自分の席にたどり着くまでが大変。8時間の車窓を楽しみ再び夜のコーチへ帰って来ました。

新元号と南インド(16)・・・海月文庫

次回作品展は・・・

海月文庫 四回シリーズ合同展

第二回「運」展

2019.4/6(土)~4/12(金)

11時~7時(最終日5時)

 募集要項 

 

新元号「令和」と決まりましたね。命令の「令」と平和又は昭和の「和」が頭に浮かびます。命令という言葉を連想させる上に「和」には従わすとの意味合いも含むので、元号としてこの二文字の組合せはどうなんかと思います。私的には中国の監視社会の日本到来を予感するような冷たい気分になって冷気元年って感じです。子供達でもワクワクしながら未来に希望を抱けるような元号を期待していただけにガッカリ。もう、公募にしましょう!頭のデカイ有識者さん達に任してたらアキマヘン!こんなんやったら「続平成」でエエやん!SMAPの歌詞引用的な記者会見もセンスないねえ。言っても詮ない事!「令和」には人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つという意味があるとのお言葉ですので、見識のない身ながら、そうである時代を願ってます。まあ、某有識者の著作(万葉集)は売れるでしょうね。さあ、気持ちを切り替えて南インドの旅(16)をアップしました。画面を下にスクロールして下さい。

<新着本>

WILLIAM MORRIS DESIGNS AND PATTERNS ウィリアム・モリスのデザイン 洋書 (ウィリアム・モリス [作] ; ノーラ・C・ギロー序 ; 海野弘訳) ¥2,000

Bernard Leach <St Ives artists> (Edmund de Waal) ¥1,800

A history of Nigeria <ペーパーバック> (Elizabeth Isichei ; contribution by Peter Uche Isichei) ¥14,000

The bread ovens of Quebec (Lise Boily, Jean-Francois Blanchette) ¥7,000

Biomass energy and coal in Africa <African energy policy research series> (J.B.S. Diphaha ... [et al.] ; edited by David O. Hall, Yu-shi Mao) ¥2,500

Teaching Kids to Love the Earth (Lachecki Marina (著), Ann Schimpf (著), Joseph Passineau (著), Paul Truer (著)) ¥2,000

Birds of San Francisco and the Bay Area (City Bird Guides) (Chris C. Fisher (著)) ¥1,000

A Photographic Guide to Birds of East Africa <Photographic Guides> (By (author) Richards, Dave) ¥1,400

ひかりのくに 幼児の生活指導 第十一巻第二号 しっていますか 表紙・水沢泱 ¥2,000

キンダーブック 第二集第八編 うんどうかい 表紙:吉澤廉三郎 ¥5,000

キンダーブック 第二集 第十編 みかん 表紙:河目悌二 ¥3,000

キンダーブック 第二集 第十二編 さくら 表紙・川島はるよ  ¥5,000

ひらがな、がっこう 光洋社・たけしの絵本 (黒田たけし 画と文) ¥5,000

こどもクラブ 第4巻第1号 講談社の絵雑誌 昭和23年1月 ¥2,000

よいこ 二年生 昭和26年6月号 ¥2,000

よいこのとも 昭和25年9月・10月号 集英社の幼年幼女 2冊一括 ¥3,000

東京オリンピック 風呂敷 函付き ¥30,000

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

次回 作品展 DM

海月文庫 四回シリーズ合同展

第二回「運」展

2019.4/6(土)~4/12(金)

11時~7時(最終日5時)

 募集要項 

南インドの旅(16)2/27(水)・・・操作ミスで画像に日時が写り込んでますが時間は全く違います。カーニャクマリ(コモリン岬)の朝です。朝食を終えてホテル脇の細い路地を下ると小さな教会が所々に建つ漁港に行き着きます。漁港から見えるヴィヴェーカナンダ岩記念堂には何人乗れるねんと思うくらい人を乗せた船で渡ります。インド洋、アラビア海、ベンガル湾から3つの波がぶつかる海です。夕暮れ時には多くの人が夕陽が沈む方向に歩いていきます。この日は曇っていたので残念でしたが、雰囲気は味わえました。店屋は昼の閑散時とは大違いで、この時間帯から活気づいてきます。私達の一日は怪しい扉の向こうで終わります。

海月通信117号と南インド(15)・・・海月文庫

次回作品展は・・・

海月文庫 四回シリーズ合同展

第二回「運」展

2019.4/6(土)~4/12(金)

11時~7時(最終日5時)

 募集要項 

 

今日は海月通信117号の制作の日。夕方には完成しました。しかし日本郵便はスゴイですね。数年前に「契約して下さい。」と言うから契約したのに、この度一方的な値上げ通告書(郵便で送り付けてくる)で4月から海月通信の発送料が1.5倍以上に値上がりしました。そのために郵送でのお届けが難しい状況に陥りましたが、何とか発送料の折合うDM発送会社から海月通信をお届けできる目処がつきました。南インドの旅(15)もアップしました。画面を下にスクロール下さい。

<新着本>

 日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

次回 作品展 DM

海月文庫 四回シリーズ合同展

第二回「運」展

2019.4/6(土)~4/12(金)

11時~7時(最終日5時)

 募集要項 

南インドの旅(15)2/26(火)・・・操作ミスで画像に日時が写り込んでますが時間は全く違います。朝日が昇ります。バックウォーター(水郷地帯)の風景を楽しんだ後は、バスを乗り継ぎながらカーニャクマリ(コモリン岬)まで車窓を楽しみつつバスの旅です。

古本仕事と南インド(14)・・・海月文庫

次回作品展は・・・

海月文庫 四回シリーズ合同展

第二回「運」展

2019.4/6(土)~4/12(金)

11時~7時(最終日5時)

 募集要項 

 

昨日、今日と訪れ人の多い日でした。用事で来た人、作品展の会期間違いでやって来た人etc・・・新着本情報と南インドの旅(14)をアップしました。画面を下にスクロール下さい。

 

 <新着本>

万葉植物と姫路 : 万葉植物と姫路城周辺、書写山の植物 <万葉集> (広江美之助 著) ¥1,500

京都の門前町と地域自立 <龍谷大学社会科学研究所叢書 第76巻> (河村能夫 編著) ¥1,500

新潮日本語漢字辞典 (新潮社 編) ¥5,000

世界大風呂敷展 : 布で包むものと心 : 特別展 (国立民族学博物館, 千里文化財団 編) ¥1,200

滋賀の植生と植物 (小林圭介 編著) ¥2,800

毒をもつ動物 : 自然が生みだした驚異の武器を模型断面でみる <しくみ発見博物館 10> (ティリーザ・グリーナウェイ 文 ; 遠藤秀紀, 武田正倫, 山崎柄根 訳) ¥1,500

やってみたい総合学習(1) 川 : ほったぞ!ぼくらのじまんの池 (関口シュン 絵 ; 荻野嘉美, 大森享 監修) ¥1,000

ムリなく住めるエコ住宅 : 自然力を上手に活かす (OMソーラー協会 編・著) ¥2,000

フーリエの冒険 <旧版> (トランスナショナルカレッジオブレックス編) ¥2,000

となりのツキノワグマ <Deep nature photo book> (宮崎学 著) ¥1,500

地域調査ことはじめ : あるく・みる・かく (梶田真, 仁平尊明, 加藤政洋 編) ¥1,500

フィボナッチ数の小宇宙 : フィボナッチ数,リュカ数,黄金分割 (中村滋 著) ¥1,000

獣たちの森 <日本の森林/多様性の生物学シリーズ 3> (大井徹 著) ¥1,200

タイの象 (桜田育夫 著) ¥1,000

見えない自然 新装版 (遠藤彰 著) ¥1,000

そして、干潟は残った : インターネットとNPO (松浦さと子 編) ¥1,800

環境史年表 昭和・平成編(1926-2000) (下川耿史 編) ¥1,500

気候は変えられるか <科学ブックス 16> (P.M.ボリソフ 著 ; 高野健三, 都司嘉宣 共訳) ¥1,000

公害(上・下) <青年新書> (北田寛二, 道家達将著) ¥1,500

光化学スモッグ <三一新書> (高橋晄正, 金戸真二, 花村君枝 共著) ¥1,400

ぎんのすず 教育雜誌 1ねんせい・2ねんせい・3ねんせい(2冊) 4冊一括 附録なし。 ¥5,000

「未来派の父」露国画伯来朝記!! : ブルリュークと日本の未来派 <美術の考古学展図録 第2部> (西宮市大谷記念美術館 編) ¥3,000

 ISSEY MIYAKE BODY WORKS (三宅一生/鶴本正三(編集構成)) ¥5,400

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

次回 作品展 DM

海月文庫 四回シリーズ合同展

第二回「運」展

2019.4/6(土)~4/12(金)

11時~7時(最終日5時)

 募集要項 

南インドの旅(14)2/25(月)・・・操作ミスで画像に日時が写り込んでますが時間は全く違います。バックウォーター(水郷地帯)の基点アレッピーで泊まった宿は3人で一部屋1.000RS(日本円で1.500円)。庭があり蜂鳥等の鳥がやってくる素敵な宿屋でした。朝食を済ませリキシャ(オート三輪)でハウスボートの船着場へ。一泊二日の水郷巡りです。多くの船が往来してます。途中、島に立寄ってスペシャル料理の素材選びは海老。調理長とランチ、夕食をどんな料理にするか打合せして出来上がった料理は最高でした。ボートはいろんな風景を楽しませてくれながら今夜の停泊地に向かいます。同じ停泊地の他のボートの乗客ともすぐフォト友達。夕日が時々刻々と場所を移し沈んでいきます。

池田慎「ふわふわガバメント オオサカ」・・・終了しました。

搬出前に作品と ポーズを決めてハイ!チーズ! 画像クリックで拡大!

 

次回作品展は・・・

海月文庫 四回シリーズ合同展

第二回「運」展

2019.4/6(土)~4/12(金)

11時~7時(最終日5時)

 募集要項 

 

 <新着本>

これならわかる多変量解析 : Excelで楽に学ぶ <CD-ROM未開封> (長谷川勝也 著) ¥1,000

多変量解析の徹底研究 (R.A.ジョンソン, D.W.ウィッチャン 著 ; 西田俊夫 訳) ¥3,000

虚数の情緒 : 中学生からの全方位独学法 (吉田武 著) ¥3,000

数の大航海 : 対数の誕生と広がり (志賀浩二 著) ¥2,000

数の事典 (デイヴィッド・ウェルズ 著 ; 芦ケ原伸之, 滝沢清 訳) ¥2,500

生物学を学ぶ人のための統計のはなし : きみにも出せる有意差 (粕谷英一 著) ¥1,000

オキシトシン : 私たちのからだがつくる安らぎの物質 (シャスティン・ウヴネース・モベリ 著 ; 瀬尾智子, 谷垣暁美 訳) ¥1,800

サルと人間の環境問題 : ニホンザルをめぐる自然保護と獣害のはざまから (丸山康司 著) ¥2,000

のみ水すて水かえり水 : 財政と環境を破壊する流域下水道 (琵琶湖・淀川水系を考える会 編) ¥2,000

ホームビオトープ入門 : 生きものをわが家に招く (養父志乃夫 著) ¥1,000

水辺林の生態学 (崎尾均, 山本福壽 編) ¥1,200

湖国の「水のみち」 : 近江-水の散歩道 (竹林征三 著) ¥1,500

砂浜海岸の生態学 (A.C.Brown, A.Mclachlan 著 ; 須田有輔, 早川康博 訳) ¥3,700

磯あそびハイパーガイドブック : 海とあそぶ、自然がわかる、地球に生きる (荒俣宏, さとう俊 著) ¥2,400

秋山郷の地学案内 (島津光夫, 関沢清勝 著) ¥2,000

森のスケッチ <日本の森林/多様性の生物学シリーズ 1> (中静透 著) ¥2,000

サルはなにを食べてヒトになったか : 食の進化論 <食のライブラリー> (山極寿一 著) ¥2,500

羊蹄記 : 人間と羊毛の歴史 (大内輝雄 著) ¥4,000

極北の動物誌 (ウィリアム・プルーイット 著 ; 岩本正恵 訳) ¥2,000

ニホンオオカミを追う (世古孜 著) ¥2,800

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

次回 作品展 DM

海月文庫 四回シリーズ合同展

第二回「運」展

2019.4/6(土)~4/12(金)

11時~7時(最終日5時)

 募集要項 

池田慎「ふわふわガバメント オオサカ」・・・池田慎合体ショー&とんちピクルスライブ(ウクレレ)

池田慎「ふわふわガバメント オオサカ」

2019.3/21(木・祝)~3/27(水)

11時~7時(最終日5時) 

 作家在廊予定日:夕方6時頃から在廊予定

 

池田慎合体ショー&とんちピクルスライブ(ウクレレ) 終了!

3/26日(火) 開演:19:00~ チャージ(¥1000) 

「とんちピクルス」さんのHP

https://happy.ap.teacup.com/tonchi/

 急遽、決まった池田慎 合体ショー&とんちピクルスライブ(ウクレレ) ですが、いつもとは違うメンバー20名で盛り上がりました。メンバーが違うと新鮮で刺激的です。合体ショーはぶら下げ展示していた作品(拳銃のパーツ)を組合せて拳銃に組み立てていくパフォーマンス。慎君、初めての試みなので結構テンパッテました。とんちピクルスさんは鈍行列車で全国を旅しながらウクレレライブ。一時間半があっという間に過ぎました。 おおきに!

 <新着本>

 日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

開催中の作品展 DM

池田慎「ふわふわガバメント オオサカ」・・・5日目

池田慎「ふわふわガバメント オオサカ」

2019.3/21(木・祝)~3/27(水)

11時~7時(最終日5時) 

 作家在廊予定日:夕方6時頃から在廊予定

 ◆イベントのお知らせ◆

池田慎合体ショー&とんちピクルスライブ(ウクレレ) 

3/26日(火) 開演:19:00~ チャージ(¥1000) 

(ビール・ワイン等やおつまみ類の販売します。)

予約は「とんちピクルス」さんのHPからお願いします。

https://happy.ap.teacup.com/tonchi/

 明日のライブに使う机の前にダンボールの山を築いてしまったので、毎日古本仕事に邁進。ようやく机が取り出せる状態に。

 

 <新着本>

 日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

開催中の作品展 DM

南インドの旅(13)

2/23(土)現地待ち合わせのUちゃんが来るのを待ちながらコーチの夜を散歩。翌日2/24(日)は水郷地帯を一泊して巡るハウスボート(バックウォーター・クルーズ)の基点となるアレッピーへタクシーで移動。まずはインド最南端のカーニャクマリ(目的はコモリン岬)へ行くバスの予約。何だか怪しい階段で2階に行き何にも書いてない大部屋に入るとDJ室のような部屋にホンマに予約係?という感じのオジさんが一人。同行者のY&Hさんが何とか予約を終えてくれアレッピーの街を散策。

池田慎「ふわふわガバメント オオサカ」・・・3.4日目と南インド(12)

池田慎「ふわふわガバメント オオサカ」

2019.3/21(木・祝)~3/27(水)

11時~7時(最終日5時) 

 
作家在廊予定日:

明日、3/25(月)不在です。

他日は夕方6時頃から在廊予定

 

◆イベントのお知らせ◆

池田慎合体ショー&とんちピクルスライブ(ウクレレ) 

26日(火) 開演:19:00~ チャージ(¥1000) 

(ビール・ワイン等やおつまみ類の販売します。)

予約は「とんちピクルス」さんのHPからお願いします。

https://happy.ap.teacup.com/tonchi/

 

古本仕事で一日が終わるとホコリアレルギーで眼がパンパンに腫れてます。まあ、職業病ですな。慎君は今日も2時頃から在廊。明日、3/25(月)は合体ショーの準備で不在です。

 <新着本>

 日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

開催中の作品展 DM

南インドの旅(12)

2/22(金)国内線でムンバイから1000㎞の空の旅でケララ州コーチへ。コーチは古い貿易港でイギリスが統治したりしているのでキリスト教会の多い港町です。サンタ・クルス聖堂や聖フランシス教会(外観撮るの忘れてた!インドで一番古い教会でバスコ・ダ・ガマの墓がある。) 漁港を散策している時に見たチャイニーズ・フィッシング・ネットは数百年前からコーチで続けられている伝統的な漁法で、インドではコーチでしか見ることができない漁法だそうです。ビエンナーレ作品が街のいたるところに・・・。

 

 

池田慎「ふわふわガバメント オオサカ」・・・2日目と南インド(11)

池田慎「ふわふわガバメント オオサカ」

2019.3/21(木・祝)~3/27(水)

11時~7時(最終日5時) 

 
作家在廊予定日:21日(木・祝)と24日(日) 2時~閉店迄

他日は夕方6時頃から在廊予定

 

◆イベントのお知らせ◆

池田慎合体ショー&とんちピクルスライブ(ウクレレ) 

26日(火) 開演:19:00~ チャージ(¥1000) 

(ビール・ワイン等やおつまみ類の販売します。)

予約は「とんちピクルス」さんのHPからお願いします。

https://happy.ap.teacup.com/tonchi/

 

本の函が占領している倉庫入口を少しずつ整理している最中ですが、仕事は遅々として進みません。慎君は6時前に仕事を終えて駆け付けてくれました。 今日、誕生日だそうです。

 <新着本>

 日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

開催中の作品展 DM

南インドの旅(11)

2/21(木)マニ・バワン(ガンディー博物館)の後はまたタクシーで移動。ムンバイ最大のマーケット「クロフォードマーケット」とその周辺です。ここに来ればあらゆる食料品、日用品、雑貨etc・・・何でもある感じです。人混み感が写真では撮れないけど、人・人・人です。

池田慎「ふわふわガバメント オオサカ」・・・初日と南インド(10)

池田慎「ふわふわガバメント オオサカ」

2019.3/21(木・祝)~3/27(水)

11時~7時(最終日5時) 

 
作家在廊予定日:21日(木・祝)と24日(日) 2時~閉店迄

他日は夕方6時頃から在廊予定

 
◆イベントのお知らせ◆

池田慎合体ショー&とんちピクルスライブ(ウクレレ) 

26日(火) 開演:19:00~ チャージ(¥1000) 

(ビール・ワイン等やおつまみ類の販売します。)

予約は「とんちピクルス」さんのHPからお願いします。

https://happy.ap.teacup.com/tonchi/

 

 

 

<新着本>

 日本の自然 全8冊揃い (貝塚爽平 [ほか] 編) ¥3,500
環境史年表 全2冊 明治・大正編(1868-1926)/昭和・平成(1926-2000) (下川耿史 編) ¥3,000
(1)ラガールカードによる阪急電車の顔の変遷(26枚揃い) (2)阪急の20世紀シリーズラガールカード(24枚揃い) 2セット(50枚揃い) ¥15,000
大辞泉 DVD-ROM付き 第2版. (松村明 監修 ; 小学館大辞泉編集部 編) ¥4,000
夢おいかけて (山路智恵 絵・文) ¥1,000
カンボジア <目で見る世界の国々 54> (ロリ・コールマン 著 ; 千野境子 訳) ¥1,200
京都市動物園100年のあゆみ : 京都市動物園100周年記念誌 (京都市動物園編) ¥1,500
公害・環境行政20年のあゆみ : 公害対策から環境管理へ (京都市衛生局公害対策室 編) ¥2,500
環境科学辞典 (荒木峻 ほか編) ¥1,500

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

開催中の作品展 DM

南インドの旅(10)

2/21(木)ヒンズー教寺院の目覚まし音楽と共に起き朝日を眺める。朝食後はタクシーでマニ・バワン(ガンディー博物館)へ。

1917年から1934年まで、ボンベイ(ムンバイ)におけるガンジー運動の本部として使われていた住居です。ガンジー図書館、写真・遺品・ポスター展示、糸紡ぎをした居室や逮捕されたテラス。

池田慎「ふわふわガバメント オオサカ」・・・搬入日と南インド(9)

今日は搬入日です。

池田慎「ふわふわガバメント オオサカ」

2019.3/21(木・祝)~3/27(水)

11時~7時(最終日5時) 

 

作家在廊予定日:21日(木・祝)と24日(日) 2時~閉店迄

他日は夕方6時頃から在廊予定

 

◆イベントのお知らせ◆

池田慎合体ショー&とんちピクルスライブ(ウクレレ) 

26日(火) 開演:19:00~ チャージ(¥1000) 

(ビール・ワイン等やおつまみ類の販売します。)

予約は「とんちピクルス」さんのHPからお願いします。

https://happy.ap.teacup.com/tonchi/

 

 

<新着本>

 雑木山生活誌資料 朽木村針畑谷の記録1988-1990 ¥2.000

風雪 (中根勇雄) ¥3,000

トチの森の啓示(生写真2枚) (芦生のダム建設に反対する連絡会[編]) ¥5.000

お庭草子 (川上典子 著) ¥1,500

鎮守の森を保育の庭に : 命を育む知恵がここに <上・下揃い> <全国神社保育団体連合会新ハンドブック> (全国神社保育団体連合会設立五十周年事業委員会委員編集) ¥3,000

京の竹地図 三冊一括(京都三大祭コース/嵐山・嵯峨野コース/東山山麓コース) (京都府立大学竹類文化研究会編) ¥2,000

インストラクターのための森林・林業教育実践ガイド (全国林業改良普及協会 編) ¥1,500 

 日本の鳥の巣図鑑全259 (鈴木まもる 作・絵) ¥1,800

この羽だれの羽? (おおたぐろまり 作・絵) ¥1,000

芦生風刻 : 由良川源流の森 (広瀬慎也 著 ; 豊田泰輔 監修) ¥1,500

草を喰む 京都「なかひがし」の四季 (柏井 壽 (著), 管 洋志 (著)) ¥6,000

竹徹底活用術 : 荒れた竹林を宝に変える! <現代農業特選シリーズ DVDでもっとわかる 4> (農山漁村文化協会 編) ¥1,500

これならできる!自然菜園 : 耕さず草を生やして共育ち (竹内孝功 著) ¥1,000

グリーンセイバー : 植物と自然の基礎をまなぶ (岩槻邦男 監修 ; 樹木・環境ネットワーク協会 編 ; 片山雅男, 清水善和, 下園文雄 著) ¥1,800

滋賀の田園の生き物 新装版 (滋賀自然環境研究会 編著) ¥1,500

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

開催中の作品展 DM

南インドの旅(9)

2/20(水)日時が写ってますが、これは操作ミス(時間は全く合ってません)。午後からは2004年に世界遺産として登録された「チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅」、通称「CST」へ。10年ほど前にムンバイで起こった同時多発テロで多くの犠牲者が出た駅です。長距離鉄道駅の一つで、多くの鉄道がこの駅から発着するので常に駅構内付近は人でごった返しています。1888年に建造されたヴェネツィア・ゴシック建築様式でヨーロッパの教会のように見えます。見学料を払うと建物内部の鉄道博物館を兼ねる「HERITAGE GALLARY」に入る事ができます。

日曜日も仕事と南インド(8)

 

次回の作品展

池田慎「ふわふわガバメント オオサカ」

2019.3/21(木・祝)~3/27(水)

11時~7時(最終日5時) 

 

<新着本>

ラウシェンバーグ <現代美術 第14巻> ¥1,800

天河と能楽 : 中世の能楽から現代の前衛音楽へ (中村保雄 著) ¥1,000

フランシス・ベーコン : 1909-1992 (フランシス・ベーコン 画 ; ルイジ・フィカッチ 著 ; Yoko Suzuki 訳) ¥3,300

ウィレム・デ・クーニング <モダン・マスターズ・シリーズ> (ハーリー・F.ゴーグ 著 ;) ¥2,000

佐伯祐三とパリの時代展 (佐伯祐三 ほか画 ; 鹿児島市立美術館 編集・執筆) ¥1,500

クヴィエタ・パツォウスカーとチェコの絵本 (京都新聞社 いわさきちひろ美術館) ¥1,000

Robert Motherwell(ロバート・マザーウエル) (Dore Ashton (著), Robert Buck (著)) ¥2,000

Tapies(アントニ・タピエス) <英文> (Victoria Combalia Dexeus) ¥2,000

Manual of Instructions for Etant Donnes (Marcel Duchamp(マルセル・デュシャン)) ¥6,000

生きている井上有一 : Yuichi vivant Yuichi Inoue catalogue (井上有一 [書]) ¥5,500

GA グローバル・アーキテクチュア №7 ル・コルビュジエ (二川幸夫) ¥3,000

カモノハシのなぞ 月刊たくさんのふしぎ 1997年7月号 第148号 (羽田節子文 ; 藤井厚志絵) ¥1,500

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

南インドの旅(8)

2/20(水)日時が写ってますが、これは操作ミス(時間は全く合ってません)。5時にヒンズー教寺院の歌(大音響)で起こされて、ムンバイのホテルから朝日を眺めた後は街を散歩しながらアラビア海と向かい合うインド門へ。インド門と道を挟んでタタ・グループの創始者が建てたインドを代表する高級ホテル「タージマハルホテル」が見えます。その後は商店街、スーパーマーケットへ。

今日も古本仕事と南インド(7)

 

次回の作品展

池田慎「ふわふわガバメント オオサカ」

2019.3/21(木・祝)~3/27(水)

11時~7時(最終日5時) 

 

京都の某大学研究室へ朝から古本仕事。毎回、教授にランチを御馳走になってますが、今日はネパール料理でお腹一杯。ここに通うのも今日で最後、本棚には一冊の本も残ってません。私でも感慨深いのだから退官される教授の心中はと思います。海月文庫は持ち帰ったダンボール箱でスゴイ状態。

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

南インドの旅(7)

2/19(火)アウランガバードから朝6時の列車でムンバイへ。7時間の列車の旅・・・車内、車窓、そして着いたムンバイ(旧ボンベイ)。人の多さに驚きます。一台のタクシーと宿屋までの運賃を交渉していると周りをグルリと他の運転手に囲まれます。みんなで「そこに行くにはこのタクシーや」とか「これは小さいから荷物が積まれへん」「2台に分乗したら」とか口々に言うてるみたい。基本的に南インドの人は親切です。

椿﨑和生作品展「ガラス絵」終了と南インド(6)

椿﨑和生作品展「ガラス絵」・・・終了しました。

会期:2019.3/8(金)~3/14(木)

11時~7時(最終日5時)

 

椿﨑さんは昼前から在廊。多くの作品がお嫁入りし、それぞれの生活空間の中で飾られます。海月文庫は残り福(水色の背景にガラス貼り込作品)を頂戴しました。とても地味に思える作品ですが、飾る場所で光が変わり作品の趣が変わります。この妙味に気付くのは一週間作品と共に過ごすスペースの役得。どこに掛けようか楽しみです。明日からまた京都の某大学研究室で古本仕事。

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

次回の作品展

池田慎「ふわふわガバメント オオサカ」

2019.3/21(木・祝)~3/27(水)

11時~7時(最終日5時)

南インドの旅(6)

2/18(月)アウランガバードからリキシャで20分程で「貧乏人のタージ」と称されているビービー・カー・マクバラーへ。タージ・マハルを建てたのがムガル帝国の第6代皇帝。そして「ミニ・タージ・マハル(インドの人はそう言う)」を造ったのが孫にあたる第七代の皇帝。先代の后の廟墓・・・お札が積もってます。続いてアウランガーバード石窟群へ。世界遺産であるエローラとアジャンタ石窟群を見た後だけにスケール感が小さく感じたけどいい石窟群です。帰りは旧市街に降り立ちましたが、日本人からすると交通無法地帯。車とバイクと人がアクロバットに交錯しつつ自分の行きたい方向に進んで行きます。インドはエネルギッシュ!

椿﨑和生作品展「ガラス絵」5日目と南インド(5)

椿﨑和生作品展「ガラス絵」

会期:2019.3/8(金)~3/14(木)

11時~7時(最終日5時)

作家在廊日:1時頃から在廊予定

※3/11(月)13(水)は不在です。

 

椿﨑さんは昼前から在廊。私が帰った6時頃のスペースは大賑わい。椿﨑さんの作品説明が聞こえてきました。古本仕事に終わりが見えないが、一束一箱ずつ片付けるしかない。作品展は後2日で終わりです。ぜひ、御来展下さい。

 

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

開催中の作品展

椿﨑和生作品展「ガラス絵」

2019.3/8(金)~3/14(木)

11時~7時(最終日5時)

作家在廊日:1時頃から在廊予定

※3/11(月)13(水)は不在です。

南インドの旅(5)

2/17(日)遺跡巡りの起点「アウランガバード」から車。道路改修のため未舗装路が多く3~4時間かかります。1819年にイギリスのハンターにより発見されたアジャンター石窟寺院。断崖を550mにわたって断続的にくりぬいて築かれた大小30の石窟で構成される古代の仏教石窟寺院群。前期は紀元前1世紀から紀元後2世紀、後期は5世紀後半から6世紀頃。スゴイもん見てきました!(ウィキペディア参照)

 

椿﨑和生作品展「ガラス絵」3日目と南インド(4)

椿﨑和生作品展「ガラス絵」

会期:2019.3/8(金)~3/14(木)

11時~7時(最終日5時)

作家在廊日:1時頃から在廊予定

※3/11(月)13(水)は不在です。

 

一日中、冷たい雨。私は整理に数ヶ月を要した大口の古本仕事が終了しました。ホッとする時間もなく溜まっている次の仕事です。 作品展も3日を過ぎたので、少し作品を紹介。

 

<新着本情報>

老いの気晴らし : エッセイ集 (山室静 著) ¥2,000

戦後美術盛衰史 <東書選書 34> (針生一郎 著) ¥3,500
誕生日のラムケーキ (庄野潤三 著) ¥1,200
ユリイカ 詩と批評 増頁特集:パフォーマンス 第16巻第9号  ¥1,000
ヒルティ伝 : ある偉大なるスイス人の生涯と活動 (アルフレート・シュトゥッキ 著 ; ) ¥1,000

岩本素白全集 第1巻 (岩本素白著) ¥2,000
京都の石造美術 (川勝政太郎 著) ¥1,400
大きな活字のホトトギス新歳時記 (稲畑汀子 編) ¥1,800

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

開催中の作品展

椿﨑和生作品展「ガラス絵」

2019.3/8(金)~3/14(木)

11時~7時(最終日5時)

作家在廊日:1時頃から在廊予定

※3/11(月)13(水)は不在です。

南インドの旅(4)

2/16(日)夕飯を終えて地元のスーパーマーケットや屋台(豆売)等に立寄りながら宿へ。屋台の豆は美味い!

椿﨑和生作品展「ガラス絵」2日目と南インド(3)

椿﨑和生作品展「ガラス絵」

会期:2019.3/8(金)~3/14(木)

11時~7時(最終日5時)

作家在廊日:1時頃から在廊予定

※3/11(月)13(水)は不在です。

 

私が古本の仕事場から戻った6時過ぎのスペースも忙しそうです。そろそろ差入タイムが始まるのかな。

 

<新着本情報>

人の居る風景 <ノア叢書> (大谷晃一著) ¥1,000
無神論 <法蔵選書 6> (久松真一 著) ¥1,000
遠いあし音・人はさびしき : 人物回想 <筑摩叢書 317> (小林勇 著) ¥1,000
ぎぼしの花 (庄野潤三 著) ¥1,500
新しい靴 <ノア叢書 9> (庄野英二 著) ¥1,800
世俗の価値を超えてー菜根譚 <現代人のための中国思想叢書 菜根譚 8> (野口定男 著) ¥1,500
茶席の禅機画 (西部文浄 著) ¥1,500
続百代の過客 : 日記にみる日本人 上・下揃い <朝日選書 346.347> (ドナルド・キーン 著 ; 金関寿夫 訳) ¥1,500
明治俳壇史・大正俳壇史・昭和俳壇史 3冊一括 (村山古郷 著) ¥3,000
わが物心帖 (永田耕衣 著) ¥10,000

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

開催中の作品展

椿﨑和生作品展「ガラス絵」

2019.3/8(金)~3/14(木)

11時~7時(最終日5時)

作家在廊日:1時頃から在廊予定

※3/11(月)13(水)は不在です。

南インドの旅(3)

2/16(土)バスでエローラ石窟寺院群に到着です。5世紀から10世紀の間に造られた仏教、ヒンドゥー教、ジャイナ教の石窟寺院や関連施設を合わせて30数窟が風化しながら現存しています。外国人が珍しいのか一緒に写真を撮ろうと誘われます。「遺跡スター」ですな。

椿﨑和生作品展「ガラス絵」初日 満員御礼と南インド(2)

椿﨑和生作品展「ガラス絵」

会期:2019.3/8(金)~3/14(木)

11時~7時(最終日5時)

作家在廊日:1時頃から在廊予定

※3/11(月)13(水)は不在です。

 

初日という事もあり開店と同時に満員御礼の一日が続いたようです。いつ私が古本の仕事場から戻っても満員。もう全ての人が来たんと違う?とスペース担当が冗談で言うくらい。

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

開催中の作品展

椿﨑和生作品展「ガラス絵」

2019.3/8(金)~3/14(木)

11時~7時(最終日5時)

作家在廊日:1時頃から在廊予定

※3/11(月)13(水)は不在です。

南インドの旅(2)

2/16(土)アウランガバードの朝食は地元の食堂。腹拵えをしてローカルバスに乗り込みます。行き先はエローラ遺跡(石窟群)。車窓から見る街角にはカラフルなサリーの女性達。リキシャ・バイク・車・人が交錯しあう喧騒感が撮れないのが残念。

椿﨑和生作品展「ガラス絵」搬入日と南インド(1)

椿﨑和生作品展「ガラス絵」

会期:2019.3/8(金)~3/14(木)

11時~7時(最終日5時)

作家在廊日:1時頃から在廊予定

※3/11(月)13(水)は不在です。

 

18日間の南インド旅を終えて帰国した翌々日から京都の某大学研究室に連日の古本仕事、もう一回で終了予定。今日は搬入日、スペースには椿﨑さんの新作が50数点並んでいます。

 日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

 開催中の作品展

椿﨑和生作品展「ガラス絵」

2019.3/8(金)~3/14(木)

11時~7時(最終日5時)

作家在廊日:1時頃から在廊予定

※3/11(月)13(水)は不在です。

南インドの旅(1)

2/14(木)関空を昼前に飛び立ちシンガポールで乗り継ぎ、一泊目は深夜の「ハイデラバード」。翌日の国内線でたどり着いたインドの街は「アウランガバード」・・・酒が飲める店を探して歩きます。インドではどこの街でも酒探しが大変なだけに、探せた時には至福感が広がる。ホテルから15分以上歩き回り飲み干したビールは最高だった。

萌 個展「ジミチビ」手描きTシャツ・・・終了しました。

萌 個展「ジミチビ」手描きTシャツ

最終日、2/7(木)は萌ちゃんのパートナー

佑之助君の18歳の誕生日。閉店後、海月文庫で打上げを兼ねてお祝いしました。海月通信116号を海月通信にアップ。

 

 新着本情報  ←在庫の有無はクリックして検索。

冬彦集(正・続) <初版>  ¥3,500

福原麟太郎随想全集 全8冊揃い (井伏鱒二 ほか編集)  ¥5,000 

大原総一郎随想全集 全4冊揃い (大原總一郎著)  ¥4,000 

朝のおもひ (別所梅之助 著)  ¥2,000 

ほくろの呼鈴 : 父実篤回想 (武者小路辰子 著)  ¥1,000 

父の形見草 : 堀口大学と私 (堀口すみれ子 著)  ¥1,000 

新版現代俳句 全2冊揃い (山本健吉)  ¥1,000 

四季の詞 全2冊揃い <角川選書 22> (川崎展宏 著)  ¥1,000 

新歳時記 増訂版 (虚子 編)  ¥1,000 

随翁の随想 (荻原井泉水 著)  ¥1,500 

慈愛の円空  ¥1,000

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

 

次回作品展

椿﨑和生作品展「ガラス絵」

2019.3/8(金)~3/14(木)

11時~7時(最終日5時)

海月文庫の2018年仕事納めです。

2019年 最初の作品展 

海月文庫 新四回シリーズ合同展

 辶(しんにょう、しんにゅう)偏から

 第一回「進」→ 募集要項

世話人:海月あきら

 2019.1/19(土)~1/25(金)

 11時~7時(最終日5時)

 

海月文庫は仕事納めです。仕事を終えての掃除中に発見!誰かにもらったタオルを使い古し雑巾にして気が付いた。この「フーン」ってマジックで書いたん誰?名乗り出て下さい。お待ちしております。

 

新着本情報  ←在庫の有無はクリックして検索。売切の場合は書籍名が表示されません。

書道漢字 : 藍田基本書例集 <伝統美術手工芸シリーズ 38> (殿村藍田 著) ¥1,500

路傍の書(正・続) 署名入り (榊莫山 著) ¥4,000

ジャクソン・ポロック <美術選書> (藤枝晃雄 著) ¥2,200

中島泰文 WORKS 1965/1983-2003 (番画廊)  ¥1,000 

日本・中国国際版画展 <KYOTO 版画> (パルアート編集)  ¥1,000 

日本・ブルガリア国際版画展 <KYOTO 版画> (パルアート編集)  ¥1,000 

日本・タイ国際版画展 <展覧会図録> <KYOTO 版画> (パルアート編集)  ¥1,000

色の博物誌・青-永遠なる魅力 : ワークショップ・手と目の冒険広場 (東京都目黒区美術館 編)  ¥3,000 

新しい紙の美術-アメリカ <英文> (京都国立近代美術館)  ¥2,000 

Male and Female Figure in Motion: 60 Classic Photographic Sequences <英文> (Eadweard Muybridge)  ¥1,500 

文字のデザイン (馬場雄二)  ¥1,000 

リカちゃんハウスの博覧会 : マイホーム・ドリームの変遷 <Inax booklet vol.9 no.1> (Inaxギャラリー企画委員会 )  ¥5,000 

芸術としての写真 : その誕生から今日まで : シカゴ美術館のコレクションから (国立国際美術館編)  ¥1,500

John Bommer Vibgyor:1957-1986  (Gary(序論) Brown(著) )  ¥1,500 

太陽 No.352 特集 奇想天外な巨人 南方熊楠 (荒俣宏 中沢新一)  ¥1,000 

津高和一とゲンビの作家たち : 1950年代のモダニズム <展覧会図録> (兵庫県立近代美術館編集)  ¥2,000 

クリスチャン・ボルタンスキー展 (水戸芸術館現代美術ギャラリー 編)  ¥1,000
ヘッセ&ブロイヤー展カタログ (加藤義夫, 林美佐編)  ¥1,500 

メロッティ展カタログ (加藤義夫・林美佐編)  ¥1,500 

墨の世界展 記号と意味 (西武美術館編集)  ¥3,000 

チベット密教展図録 (北村太道監修)  ¥1,500 

山沢栄子展図録 (伊丹市立美術館 編)  ¥2,000

「草月とその時代1945-1970」展カタログ (芦屋市立美術博物館, 千葉市美術館 編)  ¥14,000 

左千夫全集 全9巻 揃い (伊藤左千夫著 ; 土屋文明, 山本英吉編)  ¥4,000 

天皇の世紀 全10巻 揃い (大佛次郎著)  ¥5,000 

犬 エンサイクロペディア 1・2巻揃い (フィレンツォ・フィオローネ著 ; 前川博司翻訳監修)  ¥3,000 
 

タウンポート年賀イラストも募集中(協力:海月文庫)

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

 

古本担当が新着本情報を時々更新。 

次回作品展  DM

海月文庫 新四回シリーズ合同展

 辶(しんにょう、しんにゅう)偏から

 

第一回「進」

 世話人:海月あきら

 2019.1/19(土)~1/25(金)

 11時~7時(最終日5時)

 

古本整理の日々

2019年 最初の作品展 

海月文庫 新四回シリーズ合同展

 辶(しんにょう、しんにゅう)偏から

 第一回「進」→ 募集要項

世話人:海月あきら

 2019.1/19(土)~1/25(金)

 11時~7時(最終日5時)

 

新着本情報  ←在庫の有無はクリックして検索下さい。売切の場合は「現在、お探しの書籍は登録されておりません」と表示されます。

スリランカの祭 (岩田慶治 ほか著)  ¥1,000 
八木一夫展 <展覧会図録> (京都国立近代美術館 ほか編)  ¥1,200 

イタリア未来派写真展 <美術展図録> (ジョヴァンニ・リスタ 兵庫県立近代美術館編集)  ¥1,000 
パリのカフェと画家たち展 : モンマルトル,モンパルナス,サン=ジェルマン=デ=プレ (シルヴィー・ビュイッソン フランス側監修 ; 中村隆夫 日本側監修 ; 読売新聞社文化事業部 編)  ¥1,000 
エリック・サティ展 <美術展図録> (オルネラ・ヴォルタ)  ¥1,000
日本随筆大成 第一期全23冊 第二期全24冊 47冊揃い一括 (日本随筆大成編輯部編)  ¥15,000 
新訂 小林秀雄全集 第13巻 本居宣長 (小林秀雄著)  ¥1,000 
六祖壇経 <禅の語録4> (中川孝著)  ¥1,000 
世界古典文学全集 第7巻 仏典Ⅱ (中村元)  ¥1,000 
史記 全2冊(5a.5b) <世界文學大系> ([司馬遷著] ; 小竹文夫, 小竹武夫訳)  ¥1,500
ああ正負の法則 <署名入り> (美輪明宏 著)  ¥1,000 
仏教説話百選 <Ein books> (野村耀昌 著)  ¥1,000 
日本教の社会学 (小室直樹, 山本七平 著)  ¥1,000 
世界の果てでダンス : ル・グウィン評論集 (ル・グウィン アーシュラ・K.【著】<Le Guin Ursula K.>;篠目 清美【訳】) ¥1,000 
超人ピタゴラスの音楽魔術 : あなたを変える音の神秘パワー!! <Mu super mystery books> (斉藤啓一 著)  ¥1,000
超人ケイシーの色と形の魔術 : 色と形の神秘を知り、魂を覚醒させる!! <Mu super mystery books> (斉藤啓一 著)  ¥1,000 
ベルツの「日記」 (エルウイン・ベルツ 著 浜辺正彦 訳)  ¥1,000 
教養と文化の基礎 (田中耕太郎 著)  ¥1,000 
貘の舌 (内田魯庵著)  ¥1,000 
ソーニャ・コヴァレフスカヤ 自伝と追想 普及版 (ソーニャ・コヴァレフスカヤ 著 ; 野上弥生子 訳)  ¥2,000 
ケーベル博士小品集 正続 2冊 (深田康算, 久保勉 訳)  ¥4,000 
輕雷集以後 アララギ叢書第六十四篇 歌集 <アララギ叢書> (中村憲吉著)  ¥1,000 
いかるがの巣 (内田誠 著)  ¥1,500 
我が生活 一九三七年 日記帳(未使用)  ¥1,000 
信と美 (写真図版正誤表貼り付け) (柳宗悦 著)  ¥4,000
漢字の風物詩 : 画家と学者の出会い (榎戸文彦, 柴田武 著)  ¥1,000 
心斎橋筋の文化史 第2版 (橋爪紳也 監修)  ¥1,000 
桃山絵画讃歌 : 黄金のときゆめの時代 : 開館100周年記念特別展覧会 (京都国立博物館編)  ¥1,200 
生誕100年記念 マン・レイ展(二分冊) (セゾン美術館, 横浜美術館 編)  ¥1,000 
デヴィッド・ダグラス・ダンカン展 : ピカソとジャクリーヌ 愛の記録   ¥1,000 
エドワード・スタイケン展 (写真) (エドワード・スタイケン [撮影])  ¥1,000 
解体劇の幕降りて 60年代前衛美術史 (ヨシダ・ヨシエ 著)  ¥10,000 
色と心 : だれでもできる色彩性格診断 <大自然ブックス> (浅利篤 著)  ¥2,000 
講座仏教思想 第4巻 (人間論・心理学) (編集: 三枝充悳)  ¥1,500
おむくんとむくん  創作童話絵本2 <創作どうわ絵本 ; 2> 寺村輝夫 著 ; 多田ヒロシ 絵、あかね書房、1967年、 ¥1,500  
りこうなカラス チェコスロバキアの絵本 (赤松倭久子 文 ; ベラ・ヘインゾバー 絵)、岩崎書店、1976年  ¥5,000
人生読本 春夏秋冬 (得能文 著 ; 今哲朗 編)、第一書房、1938年、 ¥5,000
門の中  文芸文化叢書 12 (南蛮寺万造 著)、子文書房、1931年、 ¥3.000
現代哲学辞典 (三木清 編)、日本評論社、昭和11年 ¥1.000
スウイス日記 (辻村伊助 著)、梓書房、昭和11年 ¥4.000

 

タウンポート年賀イラストも募集中(協力:海月文庫)

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

 

古本担当が新着本情報を時々更新。 

次回作品展  DM

海月文庫 新四回シリーズ合同展

 辶(しんにょう、しんにゅう)偏から

 

第一回「進」

 世話人:海月あきら

 2019.1/19(土)~1/25(金)

 11時~7時(最終日5時)

 

いい朝です。

2019年 最初の作品展 

海月文庫 新四回シリーズ合同展

 辶(しんにょう、しんにゅう)偏から

 第一回「進」→ 募集要項

世話人:海月あきら

 2019.1/19(土)~1/25(金)

 11時~7時(最終日5時)

 

今朝は鵜が三羽。言い忘れてましたが、次回の「進」のDMは淀川がモチーフです。

 

新着本情報

よいこのがくしゅう・ワンダーブック・チャイルドブック・キンダーブック・プレイメイト 昭和46年~53年 14冊一括  ¥3,000 

絵本の世界・110人のイラストレーター  全2冊 付録 : 『絵本の世界』をめぐって 1~2  ¥4,000 

理工学辞典 (東京理科大学理工学辞典編集委員会 編)  ¥5,000 

江戸東京大地図 : 地図でみる江戸東京の今昔  ¥1,500 

富士山 (白籏史朗著)  ¥1,500

名器の系譜 : クラシック・クラブ大観  上野喜久男編纂  ¥6,000   
 家家 : Architects Kansai  石井修 ほか著、学芸出版社 ¥3.500

かくれんぼ 朝鮮半島のわらべうた <日本傑作絵本シリーズ>池貴巳子 文・絵、福音館書店 ¥3,500  

魔女とライオンと子どもたち こども世界の文学 8  C.S.ルイズ 作 ; 前田三恵子 訳 ; 桜井誠 絵 ¥3,000  

 

 

タウンポート年賀イラストも募集中(協力:海月文庫)

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

 

古本担当が新着本情報を時々更新。 

次回作品展  DM

海月文庫 新四回シリーズ合同展

 辶(しんにょう、しんにゅう)偏から

 

第一回「進」

 世話人:海月あきら

 2019.1/19(土)~1/25(金)

 11時~7時(最終日5時)

 

久しぶりの淀川散歩

2019年 最初の作品展 

海月文庫 新四回シリーズ合同展

 辶(しんにょう、しんにゅう)偏から

 第一回「進」→ 募集要項

世話人:海月あきら

 2019.1/19(土)~1/25(金)

 11時~7時(最終日5時)

 

寒さに布団から抜け出せない日々が続いたが、久し振りに淀川散歩へ。

河鵜も元気にお気に入りの場所で休憩中。鴨の一団も川べりでユッタリ泳いでました。 

 

新着本情報

 タウンポート年賀イラストも募集中(協力:海月文庫)

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

 

古本担当が新着本情報を時々更新。