四回シリーズ合同展 第二回「運」展 ・・・終了しました。

海月文庫 四回シリーズ合同展

第二回「運」展・・・終了しました!

2019.4/6(土)~4/12(金)

11時~7時(最終日5時)

 

今回も70名を超える作品が集まりました。本当にありがたい事です。次回の四回シリーズ合同展は9月「辶シリーズ」第3回「逆」です。搬出時には椿﨑さんのパフォーマンス。江利チエミの「新妻に捧げる歌」をバックに流しながら、二つの形が近づきあって重なると・・・。海月文庫はしばらく「春の古書大即売会」参加のため古本仕事に専念です。

 

<新着本>

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

次回の作品展は・・・

中束範子個展

COLLAGE 遊んでなにやら

2019年5/21(火)~5/27(月)

11時~7時(最終日5時)

四回シリーズ合同展 第二回「運」展 音と言葉の遊び・・・海月文庫

海月文庫 四回シリーズ合同展

第二回「運」展

2019.4/6(土)~4/12(金)

11時~7時(最終日5時)

 作品募集要項 

 

昨日は3時から「音と言葉の遊び」のイベントでした。

トランペット:ハッチ濱本&椿﨑和生他

まずは主宰・志保子さんによる三人俳句遊び。続いて今回のメインゲストハッチ濱本氏が俳句遊び時に拾った録音音源とコラボ。次は詩う鍼灸師ヤマシタ氏(朗読)とのコラボ。ノコギリ演奏者のしょうゆちゃんも加わってこんな場所でこんな前衛的な事が行われている不思議感。トランペットは口で吹くものだから口から出る言葉ととても合います。最後は無理やりにお願いをしてトランペットの生音を聴かせてもらいました。プロはスゴイ!椿崎さんの「象」パフォーマンス、ボローニャ国際絵本原画展の表彰式から戻ったムーチョ報告に瓢吉庵さんの書のパフォーマンスも繰りひろげられました。さあ会期も残すは2日間です。

 

<新着本>

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

開催中の作品展 DM

海月文庫 四回シリーズ合同展

第二回「運」展

2019.4/6(土)~4/12(金)

11時~7時(最終日5時)

 募集要項 

四回シリーズ合同展 第二回「運」展  初日、2日・・・海月文庫

海月文庫 四回シリーズ合同展

第二回「運」展

2019.4/6(土)~4/12(金)

11時~7時(最終日5時)

 作品募集要項 

 

◆イベントのお知らせ◆

4/9日(火) 3時~「音と言葉の遊び」やります。

トランペット:ハッチ濱本&椿﨑和生他

 

いつスペース裏に戻ってもなんか満員状態です。作品搬入も続いて70人を超える作品が並んでいます。一点一点をゆっくり鑑賞してもらうと面白い発見があります。時間に余裕を持って御来展下さい。この作品??の場合はスペース担当に聞いて下さいね。

 

<新着本>

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

開催中の作品展 DM

海月文庫 四回シリーズ合同展

第二回「運」展

2019.4/6(土)~4/12(金)

11時~7時(最終日5時)

 募集要項 

四回シリーズ合同展 第二回「運」展 搬入日・・・海月文庫

海月文庫 四回シリーズ合同展

第二回「運」展

2019.4/6(土)~4/12(金)

11時~7時(最終日5時)

 作品募集要項 

 

◆イベントのお知らせ◆

4/9日(火) 3時~「音と言葉の遊び」やります。

トランペット:ハッチ濱本&椿﨑和生他

 

昨夜は搬入日。滑川さんが自宅の神戸長田区から大阪淀川区の海月文庫まで10時間(途中でギャラリー巡りもしながら)歩いて鷹取山の石(これが鷹取山に似ている)を「運」んで来ました。滑川さん数日前に思いついて、故堀尾貞治氏の誕生日だと知らずに、堀尾氏へのオマージュ的パフォーマンスを完遂。すごい事です。インターネット情報サイト「タウンポート 山下編集長」が制作した坂井ユウジロー手ぬぐいの説明。椿崎さんのパフォーマンスにW志保子の掛け合い漫談もあり。黒い大きなカバンの 忘れ物あり。どなたですか?

 

<新着本>

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

開催中の作品展 DM

海月文庫 四回シリーズ合同展

第二回「運」展

2019.4/6(土)~4/12(金)

11時~7時(最終日5時)

 募集要項 

南インド(19)最終回・・・海月文庫

◆明日は搬入日ですよ♫

海月文庫 四回シリーズ合同展

第二回「運」展

2019.4/6(土)~4/12(金)

11時~7時(最終日5時)

 作品募集要項 

 

◆イベントのお知らせ◆

4/9日(火) 3時~「音と言葉の遊び」やります。

トランペット:ハッチ濱本&椿﨑和生他

 

今日も古本発送等でバタバタです。南インドの旅(最終回)をアップしました。ブログで旅を振り返ったおかげで、自分の旅が再現されて「ああ、こんな旅だったんや!」と気付いた事もありました。画面を下にスクロールして下さい。

 

<新着本>

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

次回 作品展 DM

海月文庫 四回シリーズ合同展

第二回「運」展

2019.4/6(土)~4/12(金)

11時~7時(最終日5時)

 募集要項 

南インドの旅(最終回)3/2(土)・・・コーチ最後の日、朝はお気に入りのラッキースター食堂。昼はバーでビールですが、ここのバーは真っ暗な階段を昇ってようやく行き着ける秘密の場所、入ってしまうと陽光が差し込む明るい部屋ですが、インドで酒が呑める場所は大概、お化け屋敷的なアプローチが必要です。コーチでよく行った地元のスーパーで同じ宿に泊まっている日本人母子とバッタリ。挨拶程度は交わしているが、話してみると淀テクの柴ちゃんのお友達との事で、話が弾んで立ち話。帰国してから娘の友人(K君)のブログを見てると、どっか旅に行ったようだが、なんか見たような・・・エエッ!これ泊まった宿屋の共用スペースやん!なんと私達が宿屋にたどり着いた時に共用スペースで一緒に夕飯を食べていた数家族の日本人に「こんばんは」と挨拶を交わしたのだが、それが淀テクの友達と娘の友人K君そしてビェンナーレ参加作家Y氏(彼も柴ちゃんの知人)の3家族達であった。K君は一度、海月文庫に来ているのだが、皆さん夕飯時という事でコチラもそそくさと部屋に入ったので気付かなかった。K君は最後の夜だったようで、私達とはこの時だけのすれ違い。でも広いインドでこんな事ってあるんですね。南インドは豊かで人も親切です。治安も常識的な行動範囲の中では危険を感じる事はありません。観光客相手のNon Native料金も私には許容範囲に感じます。一番ビックリしたのが、公が管理しているであろう遺跡や博物館等・・・Non Nativeはインド人の10倍前後の料金。でも許しましょう。しかしトイレ事情(広い観光地にトイレがない又は少ない)だけは改善してほしいと切実に思います。では、これにて南インドの旅終了です。あまり詳しい事は旅の発見や楽しみにはお邪魔の場合もあるので書かないようにしました。情報も変わるしね。では、皆さん良い旅を!

続きを読む

南インド(18)・・・海月文庫

次回作品展は・・・

海月文庫 四回シリーズ合同展

第二回「運」展

2019.4/6(土)~4/12(金)

11時~7時(最終日5時)

 募集要項 

 

スペース担当はギャラリー廻りで朝からお出かけ。私は2時頃まで注文書籍の発送等でバタバタしました。南インドの旅も残すは後一回で大団円の予定。南インドの旅(18)をアップしました。画面を下にスクロールして下さい。

 

<新着本>

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

次回 作品展 DM

海月文庫 四回シリーズ合同展

第二回「運」展

2019.4/6(土)~4/12(金)

11時~7時(最終日5時)

 募集要項 

南インドの旅(18)3/1(金)・・・カーニャクマリから列車で8時間超えで再びコーチに戻って朝の散歩。お土産(沖縄で言うしりしり器ミニ)を数十本お買い上げ。このお店の兄ちゃんは私達の事を覚えてくれてました。コーチの伝統漁「チャイニーズ・フィッシング・ネット」も稼働してます。漁港から街のいろんな所に描かれたアート作品を楽しんだ後は、リキシャで少し遠出の買い物に出かけました。果物、香辛料、コーヒー、スウィート、荒物、サリー、金物、靴屋etc・・・。

続きを読む

南インド(17)・・・海月文庫

次回作品展は・・・

海月文庫 四回シリーズ合同展

第二回「運」展

2019.4/6(土)~4/12(金)

11時~7時(最終日5時)

 募集要項 

 

今日の午前中は合同展搬入日の作品展説明会時の買い物でスーパー巡り。昼からは古本仕事。南インドの旅(17)をアップしました。画面を下にスクロールして下さい。

 

<新着本>

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

次回 作品展 DM

海月文庫 四回シリーズ合同展

第二回「運」展

2019.4/6(土)~4/12(金)

11時~7時(最終日5時)

 募集要項 

南インドの旅(17)2/28(木)・・・操作ミスで画像に日時が写り込んでますが時間は全く違います。ホテルから朝日を楽しんだ後は地元の食堂で朝御飯。チャイを飲みバナナを買ってタクシー(白いアンバサダー)で鉄道駅へ。インドの列車は30数両(新幹線の倍以上)あるので、先頭車両だと自分の席にたどり着くまでが大変。8時間の車窓を楽しみ再び夜のコーチへ帰って来ました。

続きを読む

新元号と南インド(16)・・・海月文庫

次回作品展は・・・

海月文庫 四回シリーズ合同展

第二回「運」展

2019.4/6(土)~4/12(金)

11時~7時(最終日5時)

 募集要項 

 

新元号「令和」と決まりましたね。命令の「令」と平和又は昭和の「和」が頭に浮かびます。命令という言葉を連想させる上に「和」には従わすとの意味合いも含むので、元号としてこの二文字の組合せはどうなんかと思います。私的には中国の監視社会の日本到来を予感するような冷たい気分になって冷気元年って感じです。子供達でもワクワクしながら未来に希望を抱けるような元号を期待していただけにガッカリ。もう、公募にしましょう!頭のデカイ有識者さん達に任してたらアキマヘン!こんなんやったら「続平成」でエエやん!SMAPの歌詞引用的な記者会見もセンスないねえ。言っても詮ない事!「令和」には人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つという意味があるとのお言葉ですので、見識のない身ながら、そうである時代を願ってます。まあ、某有識者の著作(万葉集)は売れるでしょうね。さあ、気持ちを切り替えて南インドの旅(16)をアップしました。画面を下にスクロールして下さい。

<新着本>

WILLIAM MORRIS DESIGNS AND PATTERNS ウィリアム・モリスのデザイン 洋書 (ウィリアム・モリス [作] ; ノーラ・C・ギロー序 ; 海野弘訳) ¥2,000

Bernard Leach <St Ives artists> (Edmund de Waal) ¥1,800

A history of Nigeria <ペーパーバック> (Elizabeth Isichei ; contribution by Peter Uche Isichei) ¥14,000

The bread ovens of Quebec (Lise Boily, Jean-Francois Blanchette) ¥7,000

Biomass energy and coal in Africa <African energy policy research series> (J.B.S. Diphaha ... [et al.] ; edited by David O. Hall, Yu-shi Mao) ¥2,500

Teaching Kids to Love the Earth (Lachecki Marina (著), Ann Schimpf (著), Joseph Passineau (著), Paul Truer (著)) ¥2,000

Birds of San Francisco and the Bay Area (City Bird Guides) (Chris C. Fisher (著)) ¥1,000

A Photographic Guide to Birds of East Africa <Photographic Guides> (By (author) Richards, Dave) ¥1,400

ひかりのくに 幼児の生活指導 第十一巻第二号 しっていますか 表紙・水沢泱 ¥2,000

キンダーブック 第二集第八編 うんどうかい 表紙:吉澤廉三郎 ¥5,000

キンダーブック 第二集 第十編 みかん 表紙:河目悌二 ¥3,000

キンダーブック 第二集 第十二編 さくら 表紙・川島はるよ  ¥5,000

ひらがな、がっこう 光洋社・たけしの絵本 (黒田たけし 画と文) ¥5,000

こどもクラブ 第4巻第1号 講談社の絵雑誌 昭和23年1月 ¥2,000

よいこ 二年生 昭和26年6月号 ¥2,000

よいこのとも 昭和25年9月・10月号 集英社の幼年幼女 2冊一括 ¥3,000

東京オリンピック 風呂敷 函付き ¥30,000

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

次回 作品展 DM

海月文庫 四回シリーズ合同展

第二回「運」展

2019.4/6(土)~4/12(金)

11時~7時(最終日5時)

 募集要項 

南インドの旅(16)2/27(水)・・・操作ミスで画像に日時が写り込んでますが時間は全く違います。カーニャクマリ(コモリン岬)の朝です。朝食を終えてホテル脇の細い路地を下ると小さな教会が所々に建つ漁港に行き着きます。漁港から見えるヴィヴェーカナンダ岩記念堂には何人乗れるねんと思うくらい人を乗せた船で渡ります。インド洋、アラビア海、ベンガル湾から3つの波がぶつかる海です。夕暮れ時には多くの人が夕陽が沈む方向に歩いていきます。この日は曇っていたので残念でしたが、雰囲気は味わえました。店屋は昼の閑散時とは大違いで、この時間帯から活気づいてきます。私達の一日は怪しい扉の向こうで終わります。

続きを読む

海月通信117号と南インド(15)・・・海月文庫

次回作品展は・・・

海月文庫 四回シリーズ合同展

第二回「運」展

2019.4/6(土)~4/12(金)

11時~7時(最終日5時)

 募集要項 

 

今日は海月通信117号の制作の日。夕方には完成しました。しかし日本郵便はスゴイですね。数年前に「契約して下さい。」と言うから契約したのに、この度一方的な値上げ通告書(郵便で送り付けてくる)で4月から海月通信の発送料が1.5倍以上に値上がりしました。そのために郵送でのお届けが難しい状況に陥りましたが、何とか発送料の折合うDM発送会社から海月通信をお届けできる目処がつきました。南インドの旅(15)もアップしました。画面を下にスクロール下さい。

<新着本>

 日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

次回 作品展 DM

海月文庫 四回シリーズ合同展

第二回「運」展

2019.4/6(土)~4/12(金)

11時~7時(最終日5時)

 募集要項 

南インドの旅(15)2/26(火)・・・操作ミスで画像に日時が写り込んでますが時間は全く違います。朝日が昇ります。バックウォーター(水郷地帯)の風景を楽しんだ後は、バスを乗り継ぎながらカーニャクマリ(コモリン岬)まで車窓を楽しみつつバスの旅です。

続きを読む

古本仕事と南インド(14)・・・海月文庫

次回作品展は・・・

海月文庫 四回シリーズ合同展

第二回「運」展

2019.4/6(土)~4/12(金)

11時~7時(最終日5時)

 募集要項 

 

昨日、今日と訪れ人の多い日でした。用事で来た人、作品展の会期間違いでやって来た人etc・・・新着本情報と南インドの旅(14)をアップしました。画面を下にスクロール下さい。

 

 <新着本>

万葉植物と姫路 : 万葉植物と姫路城周辺、書写山の植物 <万葉集> (広江美之助 著) ¥1,500

京都の門前町と地域自立 <龍谷大学社会科学研究所叢書 第76巻> (河村能夫 編著) ¥1,500

新潮日本語漢字辞典 (新潮社 編) ¥5,000

世界大風呂敷展 : 布で包むものと心 : 特別展 (国立民族学博物館, 千里文化財団 編) ¥1,200

滋賀の植生と植物 (小林圭介 編著) ¥2,800

毒をもつ動物 : 自然が生みだした驚異の武器を模型断面でみる <しくみ発見博物館 10> (ティリーザ・グリーナウェイ 文 ; 遠藤秀紀, 武田正倫, 山崎柄根 訳) ¥1,500

やってみたい総合学習(1) 川 : ほったぞ!ぼくらのじまんの池 (関口シュン 絵 ; 荻野嘉美, 大森享 監修) ¥1,000

ムリなく住めるエコ住宅 : 自然力を上手に活かす (OMソーラー協会 編・著) ¥2,000

フーリエの冒険 <旧版> (トランスナショナルカレッジオブレックス編) ¥2,000

となりのツキノワグマ <Deep nature photo book> (宮崎学 著) ¥1,500

地域調査ことはじめ : あるく・みる・かく (梶田真, 仁平尊明, 加藤政洋 編) ¥1,500

フィボナッチ数の小宇宙 : フィボナッチ数,リュカ数,黄金分割 (中村滋 著) ¥1,000

獣たちの森 <日本の森林/多様性の生物学シリーズ 3> (大井徹 著) ¥1,200

タイの象 (桜田育夫 著) ¥1,000

見えない自然 新装版 (遠藤彰 著) ¥1,000

そして、干潟は残った : インターネットとNPO (松浦さと子 編) ¥1,800

環境史年表 昭和・平成編(1926-2000) (下川耿史 編) ¥1,500

気候は変えられるか <科学ブックス 16> (P.M.ボリソフ 著 ; 高野健三, 都司嘉宣 共訳) ¥1,000

公害(上・下) <青年新書> (北田寛二, 道家達将著) ¥1,500

光化学スモッグ <三一新書> (高橋晄正, 金戸真二, 花村君枝 共著) ¥1,400

ぎんのすず 教育雜誌 1ねんせい・2ねんせい・3ねんせい(2冊) 4冊一括 附録なし。 ¥5,000

「未来派の父」露国画伯来朝記!! : ブルリュークと日本の未来派 <美術の考古学展図録 第2部> (西宮市大谷記念美術館 編) ¥3,000

 ISSEY MIYAKE BODY WORKS (三宅一生/鶴本正三(編集構成)) ¥5,400

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

次回 作品展 DM

海月文庫 四回シリーズ合同展

第二回「運」展

2019.4/6(土)~4/12(金)

11時~7時(最終日5時)

 募集要項 

南インドの旅(14)2/25(月)・・・操作ミスで画像に日時が写り込んでますが時間は全く違います。バックウォーター(水郷地帯)の基点アレッピーで泊まった宿は3人で一部屋1.000RS(日本円で1.500円)。庭があり蜂鳥等の鳥がやってくる素敵な宿屋でした。朝食を済ませリキシャ(オート三輪)でハウスボートの船着場へ。一泊二日の水郷巡りです。多くの船が往来してます。途中、島に立寄ってスペシャル料理の素材選びは海老。調理長とランチ、夕食をどんな料理にするか打合せして出来上がった料理は最高でした。ボートはいろんな風景を楽しませてくれながら今夜の停泊地に向かいます。同じ停泊地の他のボートの乗客ともすぐフォト友達。夕日が時々刻々と場所を移し沈んでいきます。

続きを読む

池田慎「ふわふわガバメント オオサカ」・・・終了しました。

搬出前に作品と ポーズを決めてハイ!チーズ! 画像クリックで拡大!

 

次回作品展は・・・

海月文庫 四回シリーズ合同展

第二回「運」展

2019.4/6(土)~4/12(金)

11時~7時(最終日5時)

 募集要項 

 

 <新着本>

これならわかる多変量解析 : Excelで楽に学ぶ <CD-ROM未開封> (長谷川勝也 著) ¥1,000

多変量解析の徹底研究 (R.A.ジョンソン, D.W.ウィッチャン 著 ; 西田俊夫 訳) ¥3,000

虚数の情緒 : 中学生からの全方位独学法 (吉田武 著) ¥3,000

数の大航海 : 対数の誕生と広がり (志賀浩二 著) ¥2,000

数の事典 (デイヴィッド・ウェルズ 著 ; 芦ケ原伸之, 滝沢清 訳) ¥2,500

生物学を学ぶ人のための統計のはなし : きみにも出せる有意差 (粕谷英一 著) ¥1,000

オキシトシン : 私たちのからだがつくる安らぎの物質 (シャスティン・ウヴネース・モベリ 著 ; 瀬尾智子, 谷垣暁美 訳) ¥1,800

サルと人間の環境問題 : ニホンザルをめぐる自然保護と獣害のはざまから (丸山康司 著) ¥2,000

のみ水すて水かえり水 : 財政と環境を破壊する流域下水道 (琵琶湖・淀川水系を考える会 編) ¥2,000

ホームビオトープ入門 : 生きものをわが家に招く (養父志乃夫 著) ¥1,000

水辺林の生態学 (崎尾均, 山本福壽 編) ¥1,200

湖国の「水のみち」 : 近江-水の散歩道 (竹林征三 著) ¥1,500

砂浜海岸の生態学 (A.C.Brown, A.Mclachlan 著 ; 須田有輔, 早川康博 訳) ¥3,700

磯あそびハイパーガイドブック : 海とあそぶ、自然がわかる、地球に生きる (荒俣宏, さとう俊 著) ¥2,400

秋山郷の地学案内 (島津光夫, 関沢清勝 著) ¥2,000

森のスケッチ <日本の森林/多様性の生物学シリーズ 1> (中静透 著) ¥2,000

サルはなにを食べてヒトになったか : 食の進化論 <食のライブラリー> (山極寿一 著) ¥2,500

羊蹄記 : 人間と羊毛の歴史 (大内輝雄 著) ¥4,000

極北の動物誌 (ウィリアム・プルーイット 著 ; 岩本正恵 訳) ¥2,000

ニホンオオカミを追う (世古孜 著) ¥2,800

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

次回 作品展 DM

海月文庫 四回シリーズ合同展

第二回「運」展

2019.4/6(土)~4/12(金)

11時~7時(最終日5時)

 募集要項 

池田慎「ふわふわガバメント オオサカ」・・・池田慎合体ショー&とんちピクルスライブ(ウクレレ)

池田慎「ふわふわガバメント オオサカ」

2019.3/21(木・祝)~3/27(水)

11時~7時(最終日5時) 

 作家在廊予定日:夕方6時頃から在廊予定

 

池田慎合体ショー&とんちピクルスライブ(ウクレレ) 終了!

3/26日(火) 開演:19:00~ チャージ(¥1000) 

「とんちピクルス」さんのHP

https://happy.ap.teacup.com/tonchi/

 急遽、決まった池田慎 合体ショー&とんちピクルスライブ(ウクレレ) ですが、いつもとは違うメンバー20名で盛り上がりました。メンバーが違うと新鮮で刺激的です。合体ショーはぶら下げ展示していた作品(拳銃のパーツ)を組合せて拳銃に組み立てていくパフォーマンス。慎君、初めての試みなので結構テンパッテました。とんちピクルスさんは鈍行列車で全国を旅しながらウクレレライブ。一時間半があっという間に過ぎました。 おおきに!

 <新着本>

 日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

開催中の作品展 DM

池田慎「ふわふわガバメント オオサカ」・・・5日目

池田慎「ふわふわガバメント オオサカ」

2019.3/21(木・祝)~3/27(水)

11時~7時(最終日5時) 

 作家在廊予定日:夕方6時頃から在廊予定

 ◆イベントのお知らせ◆

池田慎合体ショー&とんちピクルスライブ(ウクレレ) 

3/26日(火) 開演:19:00~ チャージ(¥1000) 

(ビール・ワイン等やおつまみ類の販売します。)

予約は「とんちピクルス」さんのHPからお願いします。

https://happy.ap.teacup.com/tonchi/

 明日のライブに使う机の前にダンボールの山を築いてしまったので、毎日古本仕事に邁進。ようやく机が取り出せる状態に。

 

 <新着本>

 日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

開催中の作品展 DM

南インドの旅(13)

2/23(土)現地待ち合わせのUちゃんが来るのを待ちながらコーチの夜を散歩。翌日2/24(日)は水郷地帯を一泊して巡るハウスボート(バックウォーター・クルーズ)の基点となるアレッピーへタクシーで移動。まずはインド最南端のカーニャクマリ(目的はコモリン岬)へ行くバスの予約。何だか怪しい階段で2階に行き何にも書いてない大部屋に入るとDJ室のような部屋にホンマに予約係?という感じのオジさんが一人。同行者のY&Hさんが何とか予約を終えてくれアレッピーの街を散策。

続きを読む

池田慎「ふわふわガバメント オオサカ」・・・3.4日目と南インド(12)

池田慎「ふわふわガバメント オオサカ」

2019.3/21(木・祝)~3/27(水)

11時~7時(最終日5時) 

 
作家在廊予定日:

明日、3/25(月)不在です。

他日は夕方6時頃から在廊予定

 

◆イベントのお知らせ◆

池田慎合体ショー&とんちピクルスライブ(ウクレレ) 

26日(火) 開演:19:00~ チャージ(¥1000) 

(ビール・ワイン等やおつまみ類の販売します。)

予約は「とんちピクルス」さんのHPからお願いします。

https://happy.ap.teacup.com/tonchi/

 

古本仕事で一日が終わるとホコリアレルギーで眼がパンパンに腫れてます。まあ、職業病ですな。慎君は今日も2時頃から在廊。明日、3/25(月)は合体ショーの準備で不在です。

 <新着本>

 日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

開催中の作品展 DM

南インドの旅(12)

2/22(金)国内線でムンバイから1000㎞の空の旅でケララ州コーチへ。コーチは古い貿易港でイギリスが統治したりしているのでキリスト教会の多い港町です。サンタ・クルス聖堂や聖フランシス教会(外観撮るの忘れてた!インドで一番古い教会でバスコ・ダ・ガマの墓がある。) 漁港を散策している時に見たチャイニーズ・フィッシング・ネットは数百年前からコーチで続けられている伝統的な漁法で、インドではコーチでしか見ることができない漁法だそうです。ビエンナーレ作品が街のいたるところに・・・。

 

 

続きを読む

池田慎「ふわふわガバメント オオサカ」・・・2日目と南インド(11)

池田慎「ふわふわガバメント オオサカ」

2019.3/21(木・祝)~3/27(水)

11時~7時(最終日5時) 

 
作家在廊予定日:21日(木・祝)と24日(日) 2時~閉店迄

他日は夕方6時頃から在廊予定

 

◆イベントのお知らせ◆

池田慎合体ショー&とんちピクルスライブ(ウクレレ) 

26日(火) 開演:19:00~ チャージ(¥1000) 

(ビール・ワイン等やおつまみ類の販売します。)

予約は「とんちピクルス」さんのHPからお願いします。

https://happy.ap.teacup.com/tonchi/

 

本の函が占領している倉庫入口を少しずつ整理している最中ですが、仕事は遅々として進みません。慎君は6時前に仕事を終えて駆け付けてくれました。 今日、誕生日だそうです。

 <新着本>

 日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

開催中の作品展 DM

南インドの旅(11)

2/21(木)マニ・バワン(ガンディー博物館)の後はまたタクシーで移動。ムンバイ最大のマーケット「クロフォードマーケット」とその周辺です。ここに来ればあらゆる食料品、日用品、雑貨etc・・・何でもある感じです。人混み感が写真では撮れないけど、人・人・人です。

続きを読む

池田慎「ふわふわガバメント オオサカ」・・・初日と南インド(10)

池田慎「ふわふわガバメント オオサカ」

2019.3/21(木・祝)~3/27(水)

11時~7時(最終日5時) 

 
作家在廊予定日:21日(木・祝)と24日(日) 2時~閉店迄

他日は夕方6時頃から在廊予定

 
◆イベントのお知らせ◆

池田慎合体ショー&とんちピクルスライブ(ウクレレ) 

26日(火) 開演:19:00~ チャージ(¥1000) 

(ビール・ワイン等やおつまみ類の販売します。)

予約は「とんちピクルス」さんのHPからお願いします。

https://happy.ap.teacup.com/tonchi/

 

 

 

<新着本>

 日本の自然 全8冊揃い (貝塚爽平 [ほか] 編) ¥3,500
環境史年表 全2冊 明治・大正編(1868-1926)/昭和・平成(1926-2000) (下川耿史 編) ¥3,000
(1)ラガールカードによる阪急電車の顔の変遷(26枚揃い) (2)阪急の20世紀シリーズラガールカード(24枚揃い) 2セット(50枚揃い) ¥15,000
大辞泉 DVD-ROM付き 第2版. (松村明 監修 ; 小学館大辞泉編集部 編) ¥4,000
夢おいかけて (山路智恵 絵・文) ¥1,000
カンボジア <目で見る世界の国々 54> (ロリ・コールマン 著 ; 千野境子 訳) ¥1,200
京都市動物園100年のあゆみ : 京都市動物園100周年記念誌 (京都市動物園編) ¥1,500
公害・環境行政20年のあゆみ : 公害対策から環境管理へ (京都市衛生局公害対策室 編) ¥2,500
環境科学辞典 (荒木峻 ほか編) ¥1,500

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

開催中の作品展 DM

南インドの旅(10)

2/21(木)ヒンズー教寺院の目覚まし音楽と共に起き朝日を眺める。朝食後はタクシーでマニ・バワン(ガンディー博物館)へ。

1917年から1934年まで、ボンベイ(ムンバイ)におけるガンジー運動の本部として使われていた住居です。ガンジー図書館、写真・遺品・ポスター展示、糸紡ぎをした居室や逮捕されたテラス。

続きを読む

池田慎「ふわふわガバメント オオサカ」・・・搬入日と南インド(9)

今日は搬入日です。

池田慎「ふわふわガバメント オオサカ」

2019.3/21(木・祝)~3/27(水)

11時~7時(最終日5時) 

 

作家在廊予定日:21日(木・祝)と24日(日) 2時~閉店迄

他日は夕方6時頃から在廊予定

 

◆イベントのお知らせ◆

池田慎合体ショー&とんちピクルスライブ(ウクレレ) 

26日(火) 開演:19:00~ チャージ(¥1000) 

(ビール・ワイン等やおつまみ類の販売します。)

予約は「とんちピクルス」さんのHPからお願いします。

https://happy.ap.teacup.com/tonchi/

 

 

<新着本>

 雑木山生活誌資料 朽木村針畑谷の記録1988-1990 ¥2.000

風雪 (中根勇雄) ¥3,000

トチの森の啓示(生写真2枚) (芦生のダム建設に反対する連絡会[編]) ¥5.000

お庭草子 (川上典子 著) ¥1,500

鎮守の森を保育の庭に : 命を育む知恵がここに <上・下揃い> <全国神社保育団体連合会新ハンドブック> (全国神社保育団体連合会設立五十周年事業委員会委員編集) ¥3,000

京の竹地図 三冊一括(京都三大祭コース/嵐山・嵯峨野コース/東山山麓コース) (京都府立大学竹類文化研究会編) ¥2,000

インストラクターのための森林・林業教育実践ガイド (全国林業改良普及協会 編) ¥1,500 

 日本の鳥の巣図鑑全259 (鈴木まもる 作・絵) ¥1,800

この羽だれの羽? (おおたぐろまり 作・絵) ¥1,000

芦生風刻 : 由良川源流の森 (広瀬慎也 著 ; 豊田泰輔 監修) ¥1,500

草を喰む 京都「なかひがし」の四季 (柏井 壽 (著), 管 洋志 (著)) ¥6,000

竹徹底活用術 : 荒れた竹林を宝に変える! <現代農業特選シリーズ DVDでもっとわかる 4> (農山漁村文化協会 編) ¥1,500

これならできる!自然菜園 : 耕さず草を生やして共育ち (竹内孝功 著) ¥1,000

グリーンセイバー : 植物と自然の基礎をまなぶ (岩槻邦男 監修 ; 樹木・環境ネットワーク協会 編 ; 片山雅男, 清水善和, 下園文雄 著) ¥1,800

滋賀の田園の生き物 新装版 (滋賀自然環境研究会 編著) ¥1,500

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

開催中の作品展 DM

南インドの旅(9)

2/20(水)日時が写ってますが、これは操作ミス(時間は全く合ってません)。午後からは2004年に世界遺産として登録された「チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅」、通称「CST」へ。10年ほど前にムンバイで起こった同時多発テロで多くの犠牲者が出た駅です。長距離鉄道駅の一つで、多くの鉄道がこの駅から発着するので常に駅構内付近は人でごった返しています。1888年に建造されたヴェネツィア・ゴシック建築様式でヨーロッパの教会のように見えます。見学料を払うと建物内部の鉄道博物館を兼ねる「HERITAGE GALLARY」に入る事ができます。

続きを読む

日曜日も仕事と南インド(8)

 

次回の作品展

池田慎「ふわふわガバメント オオサカ」

2019.3/21(木・祝)~3/27(水)

11時~7時(最終日5時) 

 

<新着本>

ラウシェンバーグ <現代美術 第14巻> ¥1,800

天河と能楽 : 中世の能楽から現代の前衛音楽へ (中村保雄 著) ¥1,000

フランシス・ベーコン : 1909-1992 (フランシス・ベーコン 画 ; ルイジ・フィカッチ 著 ; Yoko Suzuki 訳) ¥3,300

ウィレム・デ・クーニング <モダン・マスターズ・シリーズ> (ハーリー・F.ゴーグ 著 ;) ¥2,000

佐伯祐三とパリの時代展 (佐伯祐三 ほか画 ; 鹿児島市立美術館 編集・執筆) ¥1,500

クヴィエタ・パツォウスカーとチェコの絵本 (京都新聞社 いわさきちひろ美術館) ¥1,000

Robert Motherwell(ロバート・マザーウエル) (Dore Ashton (著), Robert Buck (著)) ¥2,000

Tapies(アントニ・タピエス) <英文> (Victoria Combalia Dexeus) ¥2,000

Manual of Instructions for Etant Donnes (Marcel Duchamp(マルセル・デュシャン)) ¥6,000

生きている井上有一 : Yuichi vivant Yuichi Inoue catalogue (井上有一 [書]) ¥5,500

GA グローバル・アーキテクチュア №7 ル・コルビュジエ (二川幸夫) ¥3,000

カモノハシのなぞ 月刊たくさんのふしぎ 1997年7月号 第148号 (羽田節子文 ; 藤井厚志絵) ¥1,500

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

南インドの旅(8)

2/20(水)日時が写ってますが、これは操作ミス(時間は全く合ってません)。5時にヒンズー教寺院の歌(大音響)で起こされて、ムンバイのホテルから朝日を眺めた後は街を散歩しながらアラビア海と向かい合うインド門へ。インド門と道を挟んでタタ・グループの創始者が建てたインドを代表する高級ホテル「タージマハルホテル」が見えます。その後は商店街、スーパーマーケットへ。

今日も古本仕事と南インド(7)

 

次回の作品展

池田慎「ふわふわガバメント オオサカ」

2019.3/21(木・祝)~3/27(水)

11時~7時(最終日5時) 

 

京都の某大学研究室へ朝から古本仕事。毎回、教授にランチを御馳走になってますが、今日はネパール料理でお腹一杯。ここに通うのも今日で最後、本棚には一冊の本も残ってません。私でも感慨深いのだから退官される教授の心中はと思います。海月文庫は持ち帰ったダンボール箱でスゴイ状態。

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

南インドの旅(7)

2/19(火)アウランガバードから朝6時の列車でムンバイへ。7時間の列車の旅・・・車内、車窓、そして着いたムンバイ(旧ボンベイ)。人の多さに驚きます。一台のタクシーと宿屋までの運賃を交渉していると周りをグルリと他の運転手に囲まれます。みんなで「そこに行くにはこのタクシーや」とか「これは小さいから荷物が積まれへん」「2台に分乗したら」とか口々に言うてるみたい。基本的に南インドの人は親切です。

椿﨑和生作品展「ガラス絵」終了と南インド(6)

椿﨑和生作品展「ガラス絵」・・・終了しました。

会期:2019.3/8(金)~3/14(木)

11時~7時(最終日5時)

 

椿﨑さんは昼前から在廊。多くの作品がお嫁入りし、それぞれの生活空間の中で飾られます。海月文庫は残り福(水色の背景にガラス貼り込作品)を頂戴しました。とても地味に思える作品ですが、飾る場所で光が変わり作品の趣が変わります。この妙味に気付くのは一週間作品と共に過ごすスペースの役得。どこに掛けようか楽しみです。明日からまた京都の某大学研究室で古本仕事。

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

次回の作品展

池田慎「ふわふわガバメント オオサカ」

2019.3/21(木・祝)~3/27(水)

11時~7時(最終日5時)

続きを読む

椿﨑和生作品展「ガラス絵」5日目と南インド(5)

椿﨑和生作品展「ガラス絵」

会期:2019.3/8(金)~3/14(木)

11時~7時(最終日5時)

作家在廊日:1時頃から在廊予定

※3/11(月)13(水)は不在です。

 

椿﨑さんは昼前から在廊。私が帰った6時頃のスペースは大賑わい。椿﨑さんの作品説明が聞こえてきました。古本仕事に終わりが見えないが、一束一箱ずつ片付けるしかない。作品展は後2日で終わりです。ぜひ、御来展下さい。

 

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

開催中の作品展

椿﨑和生作品展「ガラス絵」

2019.3/8(金)~3/14(木)

11時~7時(最終日5時)

作家在廊日:1時頃から在廊予定

※3/11(月)13(水)は不在です。

続きを読む

椿﨑和生作品展「ガラス絵」3日目と南インド(4)

椿﨑和生作品展「ガラス絵」

会期:2019.3/8(金)~3/14(木)

11時~7時(最終日5時)

作家在廊日:1時頃から在廊予定

※3/11(月)13(水)は不在です。

 

一日中、冷たい雨。私は整理に数ヶ月を要した大口の古本仕事が終了しました。ホッとする時間もなく溜まっている次の仕事です。 作品展も3日を過ぎたので、少し作品を紹介。

 

<新着本情報>

老いの気晴らし : エッセイ集 (山室静 著) ¥2,000

戦後美術盛衰史 <東書選書 34> (針生一郎 著) ¥3,500
誕生日のラムケーキ (庄野潤三 著) ¥1,200
ユリイカ 詩と批評 増頁特集:パフォーマンス 第16巻第9号  ¥1,000
ヒルティ伝 : ある偉大なるスイス人の生涯と活動 (アルフレート・シュトゥッキ 著 ; ) ¥1,000

岩本素白全集 第1巻 (岩本素白著) ¥2,000
京都の石造美術 (川勝政太郎 著) ¥1,400
大きな活字のホトトギス新歳時記 (稲畑汀子 編) ¥1,800

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

開催中の作品展

椿﨑和生作品展「ガラス絵」

2019.3/8(金)~3/14(木)

11時~7時(最終日5時)

作家在廊日:1時頃から在廊予定

※3/11(月)13(水)は不在です。

続きを読む

椿﨑和生作品展「ガラス絵」2日目と南インド(3)

椿﨑和生作品展「ガラス絵」

会期:2019.3/8(金)~3/14(木)

11時~7時(最終日5時)

作家在廊日:1時頃から在廊予定

※3/11(月)13(水)は不在です。

 

私が古本の仕事場から戻った6時過ぎのスペースも忙しそうです。そろそろ差入タイムが始まるのかな。

 

<新着本情報>

人の居る風景 <ノア叢書> (大谷晃一著) ¥1,000
無神論 <法蔵選書 6> (久松真一 著) ¥1,000
遠いあし音・人はさびしき : 人物回想 <筑摩叢書 317> (小林勇 著) ¥1,000
ぎぼしの花 (庄野潤三 著) ¥1,500
新しい靴 <ノア叢書 9> (庄野英二 著) ¥1,800
世俗の価値を超えてー菜根譚 <現代人のための中国思想叢書 菜根譚 8> (野口定男 著) ¥1,500
茶席の禅機画 (西部文浄 著) ¥1,500
続百代の過客 : 日記にみる日本人 上・下揃い <朝日選書 346.347> (ドナルド・キーン 著 ; 金関寿夫 訳) ¥1,500
明治俳壇史・大正俳壇史・昭和俳壇史 3冊一括 (村山古郷 著) ¥3,000
わが物心帖 (永田耕衣 著) ¥10,000

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

開催中の作品展

椿﨑和生作品展「ガラス絵」

2019.3/8(金)~3/14(木)

11時~7時(最終日5時)

作家在廊日:1時頃から在廊予定

※3/11(月)13(水)は不在です。

南インドの旅(3)

2/16(土)バスでエローラ石窟寺院群に到着です。5世紀から10世紀の間に造られた仏教、ヒンドゥー教、ジャイナ教の石窟寺院や関連施設を合わせて30数窟が風化しながら現存しています。外国人が珍しいのか一緒に写真を撮ろうと誘われます。「遺跡スター」ですな。

続きを読む

椿﨑和生作品展「ガラス絵」初日 満員御礼と南インド(2)

椿﨑和生作品展「ガラス絵」

会期:2019.3/8(金)~3/14(木)

11時~7時(最終日5時)

作家在廊日:1時頃から在廊予定

※3/11(月)13(水)は不在です。

 

初日という事もあり開店と同時に満員御礼の一日が続いたようです。いつ私が古本の仕事場から戻っても満員。もう全ての人が来たんと違う?とスペース担当が冗談で言うくらい。

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

開催中の作品展

椿﨑和生作品展「ガラス絵」

2019.3/8(金)~3/14(木)

11時~7時(最終日5時)

作家在廊日:1時頃から在廊予定

※3/11(月)13(水)は不在です。

南インドの旅(2)

2/16(土)アウランガバードの朝食は地元の食堂。腹拵えをしてローカルバスに乗り込みます。行き先はエローラ遺跡(石窟群)。車窓から見る街角にはカラフルなサリーの女性達。リキシャ・バイク・車・人が交錯しあう喧騒感が撮れないのが残念。

続きを読む

椿﨑和生作品展「ガラス絵」搬入日と南インド(1)

椿﨑和生作品展「ガラス絵」

会期:2019.3/8(金)~3/14(木)

11時~7時(最終日5時)

作家在廊日:1時頃から在廊予定

※3/11(月)13(水)は不在です。

 

18日間の南インド旅を終えて帰国した翌々日から京都の某大学研究室に連日の古本仕事、もう一回で終了予定。今日は搬入日、スペースには椿﨑さんの新作が50数点並んでいます。

 日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

 開催中の作品展

椿﨑和生作品展「ガラス絵」

2019.3/8(金)~3/14(木)

11時~7時(最終日5時)

作家在廊日:1時頃から在廊予定

※3/11(月)13(水)は不在です。

南インドの旅(1)

2/14(木)関空を昼前に飛び立ちシンガポールで乗り継ぎ、一泊目は深夜の「ハイデラバード」。翌日の国内線でたどり着いたインドの街は「アウランガバード」・・・酒が飲める店を探して歩きます。インドではどこの街でも酒探しが大変なだけに、探せた時には至福感が広がる。ホテルから15分以上歩き回り飲み干したビールは最高だった。

萌 個展「ジミチビ」手描きTシャツ・・・終了しました。

萌 個展「ジミチビ」手描きTシャツ

最終日、2/7(木)は萌ちゃんのパートナー

佑之助君の18歳の誕生日。閉店後、海月文庫で打上げを兼ねてお祝いしました。海月通信116号を海月通信にアップ。

 

 新着本情報  ←在庫の有無はクリックして検索。

冬彦集(正・続) <初版>  ¥3,500

福原麟太郎随想全集 全8冊揃い (井伏鱒二 ほか編集)  ¥5,000 

大原総一郎随想全集 全4冊揃い (大原總一郎著)  ¥4,000 

朝のおもひ (別所梅之助 著)  ¥2,000 

ほくろの呼鈴 : 父実篤回想 (武者小路辰子 著)  ¥1,000 

父の形見草 : 堀口大学と私 (堀口すみれ子 著)  ¥1,000 

新版現代俳句 全2冊揃い (山本健吉)  ¥1,000 

四季の詞 全2冊揃い <角川選書 22> (川崎展宏 著)  ¥1,000 

新歳時記 増訂版 (虚子 編)  ¥1,000 

随翁の随想 (荻原井泉水 著)  ¥1,500 

慈愛の円空  ¥1,000

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

 

次回作品展

椿﨑和生作品展「ガラス絵」

2019.3/8(金)~3/14(木)

11時~7時(最終日5時)

萌 個展「ジミチビ」手描きTシャツ・・・開催中

萌 個展「ジミチビ」手描きTシャツ

2019.2/1(金)~2/7(木)

11時~7時(最終日5時)

 

昨日は結婚披露ライブ、総勢40名でお祝いしました。海月文庫の狭さにも付き合って頂いておおきに!高田渡「自転車に乗って」等4曲に寸劇(二人の出会い)で30分。友情出演の桃ちゃんは高校生、カイ君は大学生。ライブの後に心のこもった美味しい焼き立てピザを皆さんにふるまってくれたケイちゃん達は25歳。皆さん、しっかりとした考えを持った若者達です。同じ価値観の下で「じゃ、また!」と通じ会えるのがイイなあ。2人の新しい出発にこんな素敵な若い人達や多くの皆さんと同じ時間を共有できた事は本当に嬉しい限りです。いつもとはメンバーも異なりオモシロイ一日を堪能しました。たくさんのシャンペンを差し入れてくれたタウンポート編集長、枚方での講演を終えて顔を出してくれた絵本作家岡田よしたか氏もハーモニカで二人を祝福。関わって頂いた多くの方々に感謝します。それにしても若い力を感じさせてもらった一日。

 

 新着本情報  ←在庫の有無はクリックして検索。

  日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

萌 個展「ジミチビ」手描きTシャツ

2019.2/1(金)~2/7(木)

11時~7時(最終日5時)

~~~~~~~~~~~

結婚お披露目ライブ・・・予約の方のみ御入場頂けます。

(予約は満員にて受付終了)

2/3(日)PM2時~(約30分)

※萌:野外劇団「楽市楽座」女優

萌 個展「ジミチビ」手描きTシャツ・・・開催中

萌 個展「ジミチビ」手描きTシャツ

2019.2/1(金)~2/7(木)

11時~7時(最終日5時)

 

今日は不在予定の萌ちゃんでしたが、用事が早く終わり3時前から在廊。私が戻った6時前・・・リハーサル中。若い二人に似合わず、私にもお馴染みのフォークソングが世代を超えて歌い続けられてます。

 

 新着本情報  ←在庫の有無はクリックして検索。

書 : 生き方のかたち (森田子竜 著)  ¥2,000 

蒼蠅 (熊谷守一 著)  ¥1,500 

奈良の宿・日吉館 (太田博太郎 編)  ¥1,500 

初孫と四十雀 (巌谷大四 著)  ¥1,000 

寸心日記 <灯影撰書 1> (西田幾多郎 著)  ¥1,200 

白洲正子著作集 第7巻 (人と作品) (白洲正子著)  ¥1,500 

閑適抄 : ギッシングとともに <ヘンリー・ライクロフトの私記> (大塚幸男 著)  ¥2,000 

この三人 : 天香・百三・トルストイの思想と生活 (鈴木五郎 著)  ¥1,000 

秋月龍珉著作集 第13巻 (禅の古典の味わい方) (秋月龍珉著)  ¥1,200 

秋月龍珉著作集 第3巻 (一休.正三.盤珪.良寛) (秋月龍珉著)  ¥1,200

 

 日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

萌 個展「ジミチビ」手描きTシャツ

2019.2/1(金)~2/7(木)

11時~7時(最終日5時)

~~~~~~~~~~~

結婚お披露目ライブ・・・予約の方のみ御入場頂けます。

(予約は満員にて受付終了)

2/3(日)PM2時~(約30分)

※萌:野外劇団「楽市楽座」女優

萌 個展「ジミチビ」手描きTシャツ・・・初日

萌 個展「ジミチビ」手描きTシャツ

2019.2/1(金)~2/7(木)

11時~7時(最終日5時)

 

私がスペース裏に戻った6時過ぎ・・・リハーサル中。歌声と笑い声が聞こえてきます。ホンマ、ええなあ♫って感じ。

 

新着本情報  ←在庫の有無はクリックして検索。

新撰俳句歳時記 全5冊揃い  ¥5,000 

しづかな流 第7刷 (中勘助 著)  ¥3,000 

原子力時代に思ふ : 囘想と批評 (田中美知太郎 著)  ¥3,000

風のこころ : 随想集 (西谷啓治 著)  ¥1,800

寒竹 : 歌集 <アララギ叢書 ; 第30篇> (平福百穂 著)  ¥1,500 

みみずのたはこと (徳富健次郎 著)  ¥2,000 

続冬彦集 (吉村多彦)  ¥3,500 

薮柑子集 <木版二葉付> (吉村冬彦 著)  ¥2,500 

プレルーディエン :(序曲) 全2巻揃い (ヴィンデルバント 著 ; 河東涓 訳)  ¥5,000 

通俗産業叢書(二)竹林保護繁殖法 (安藤時雄)  ¥2,000 

アートで候。 : 会田誠山口晃展 (産経新聞社, 上野美術館編)  ¥1,500 

スペース1999 <TOWN MOOK増刊>  ¥3,000 

デザイン №105 1968年1月号 表紙:宮永磐夫 特集:広告のための広告、ドイツデザイン展より (大下敦編集)  ¥1,000 

京名所双六刷物 月渓 一枚 解説と紙帙付き No.38   (月渓 呉春)  ¥1,200

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

萌 個展「ジミチビ」手描きTシャツ

2019.2/1(金)~2/7(木)

11時~7時(最終日5時)

~~~~~~~~~~~

結婚お披露目ライブ・・・予約の方のみ御入場頂けます。

(予約は満員にて受付終了)

2/3(日)PM2時~(約30分)

※萌:野外劇団「楽市楽座」女優

萌 個展「ジミチビ」手描きTシャツ・・・明日から始まります。

萌 個展「ジミチビ」手描きTシャツ

2019.2/1(金)~2/7(木)

11時~7時(最終日5時)

 

搬入&リハーサルです。

 

新着本情報  ←在庫の有無はクリックして検索。

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

萌 個展「ジミチビ」手描きTシャツ

2019.2/1(金)~2/7(木)

11時~7時(最終日5時)

~~~~~~~~~~~

結婚お披露目ライブ・・・予約の方のみ御入場頂けます。

(予約は満員にて受付終了)

2/3(日)PM2時~(約30分)

※萌:野外劇団「楽市楽座」女優

海月文庫・新四回シリーズ合同展 第一回「進」終了しました。

海月文庫 新四回シリーズ合同展

 辶(しんにょう、しんにゅう)偏から

 第一回「進」・・・終了致しました。

 

今年一発目の作品展が終了です。今回はいろんな思いがあり常とは違う感慨深い作品展・・・それだけに皆さん忙しい時期に御出品や御来展に感謝です。私は合同展搬出日の随時搬出解散というウダウダ感が好きなのですが、今回もモッタリとした時間の流れの中で終える事ができました。おおきに!

 

新着本情報  ←在庫の有無はクリックして検索。

 

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

海月文庫・新四回シリーズ合同展 第一回「進」開催中

2019年 最初の作品展 

海月文庫 新四回シリーズ合同展

 辶(しんにょう、しんにゅう)偏から

 第一回「進」→ 募集要項

世話人:海月あきら

2019.1/19(土)~1/25(金)

11時~7時(最終日5時)

 

昨年末に「100億円あげちゃうキャンペーン」で有名になったソフトバンクとヤフー合弁のスマホ決済アプリ「PayPay(ペイペイ)」を店舗に導入しました。海月文庫で実際に利用できるのは1週間後くらいになる予定です。

6時半頃のスペースは賑やかです。

 

新着本情報  ←在庫の有無はクリックして検索。

売茶翁を「もっと知ろう」 : そして郷里佐賀に返そう (田中新一 著)  売切

日本美術のなかの西洋 : 安土桃山・江戸のニューアート ユニバーシアード福岡大会開催記念特別展 (福岡市美術館 編)  ¥1,000 

CHRISTMAS BOX 米倉健史・詩画集  ¥3,000 

日本乃蔵書印 (小野則秋)  ¥3,000

天然痘根絶史 : 近代医学勃興期の人びと (深瀬泰旦 著)  ¥15,000 

漢字楷行草筆順大字典 (續木湖山編著)  ¥6,000 

日本英学史の研究 改訂 (豊田実 著)  ¥1,500 

中・近世ドイツ鉱山業と新大陸銀 (瀬原義生 著)  ¥1,800 

精説スイス史 (瀬原義生 著)  ¥1,500 

世界史を書き直す・日本史を書き直す : 阪大史学の挑戦 <懐徳堂ライブラリー 8> (懐徳堂記念会 編)  ¥2,500 

ヨーロッパ精神の危機 : 1680-1715 <叢書・ウニベルシタス 84> (ポール・アザール 著 ; 野沢協 訳)  ¥1,500 

世の初めから隠されていること <叢書・ウニベルシタス> (ルネ・ジラール [編] ; 小池健男 訳)  ¥4,000

 

タウンポート年賀イラストも募集中(協力:海月文庫)

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

開催中の作品展  DM

海月文庫 新四回シリーズ合同展

 辶(しんにょう、しんにゅう)偏から

第一回「進」

世話人:海月あきら

2019.1/19(土)~1/25(金)

11時~7時(最終日5時)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海月文庫・新四回シリーズ合同展 第一回「進」開催中

2019年 最初の作品展 

海月文庫 新四回シリーズ合同展

 辶(しんにょう、しんにゅう)偏から

 第一回「進」→ 募集要項

世話人:海月あきら

2019.1/19(土)~1/25(金)

11時~7時(最終日5時)

 

3時までスペース裏でNET注文への返信や発送業務でバタバタ。こんな日もないと古本担当としてはアキマヘン!6時過ぎのスペースは来展者がお帰り後だとの事で静かな時間が流れてました。

 

新着本情報  ←在庫の有無はクリックして検索。

Unit 731: Japanese Army's Secret of Secrets <英文> (Dr. Peter Williams , David Wallace )  ¥2,000 

 

Peopled azimuth: Reminiscences and reflections of an Indian in Japan サイン入り <英文> (Sandip Tagore)  ¥5,000 

Dom Mabillon Tome 1 & 2 <仏文> (Henri Leclercq)  ¥5,000

日亜対訳注解聖クルアーン <改訂版>  ¥3,000 

石田徹也ノート (石田徹也 著)  ¥2,000 

心と軀 (橋本和巳)  ¥1,500 

ユダヤ人マルクス (M.ウルフソン [著] ; 堀江忠男 監訳)  ¥1,000 

コーランを読む (井筒俊彦 著)  ¥1,000 

家庭でできる自然療法 (東城百合子 著)  ¥1,500

 

タウンポート年賀イラストも募集中(協力:海月文庫)

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

開催中の作品展  DM

海月文庫 新四回シリーズ合同展

 辶(しんにょう、しんにゅう)偏から

第一回「進」

世話人:海月あきら

2019.1/19(土)~1/25(金)

11時~7時(最終日5時)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年最初の作品展「進」始まりました。

海月文庫アートスペースの始動です。昨夜の搬入日では、世話人を仰せつかった私ですが、絵本作家・岡田よしたか先生から「なんもしてへんやんけ!」とお叱り。多くの皆さんと新しい年を「進」める事を願って♫ よろしくお願いします。

続きを読む

1/7(月)から仕事始めです。

2019年 最初の作品展 

海月文庫 新四回シリーズ合同展

 辶(しんにょう、しんにゅう)偏から

 第一回「進」→ 募集要項

世話人:海月あきら

2019.1/19(土)~1/25(金)

11時~7時(最終日5時)

 

1/6(日)娘一家5人が帰ったと同時に妻の実家へ新年の挨拶へ。92歳の義父と83歳の義母ですが、元気に過ごしてくれていて安心。  1/7(月)本格的に仕事始めです。と言っても年末年始もネット販売は続けてましたが・・・。

1/8(火)新年第一発目の書籍買取で整理の一日。

1/9(水)高槻で古書関係の仕事を終えて、定食・アラカルト「いててや」(ジャズめしや)で昼食。マスターとは30年来のお付合い。偶々、親しい古本のお客さんとバッタリ!お互いにビックリ!二人でビールとロースカツ&ハムエッグ定食。ボリュームたっぷりで美味しいお店です。ぜひ、どうぞ! とにかく今年もヨロシクお願いします。

画像は「いててや」開店前。「いててや」の情報 〒569-0071 大阪府 高槻市京口町2-12 電話:072-674-4800

昼:11時30分~2時、夜:17時30分~10時頃(日祝定休)

 

新着本情報  ←在庫の有無はクリックして検索。売切の場合は書籍名が表示されません。

タウンポート年賀イラストも募集中(協力:海月文庫)

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

次回作品展  DM

海月文庫 新四回シリーズ合同展

 辶(しんにょう、しんにゅう)偏から

第一回「進」

世話人:海月あきら

2019.1/19(土)~1/25(金)

11時~7時(最終日5時)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

凧揚げ

2019年 最初の作品展 

海月文庫 新四回シリーズ合同展

 辶(しんにょう、しんにゅう)偏から

 第一回「進」→ 募集要項

世話人:海月あきら

2019.1/19(土)~1/25(金)

11時~7時(最終日5時)

 

お正月は毎日、淀川で凧揚げ。孫を散歩に連れ出し疲れさせて早く寝さすというのが目的なのだが、こちらが疲れてしまう。凧揚げはなかなか良い風に恵まれなかったが、一瞬の良風が・・・。

 

新着本情報  ←在庫の有無はクリックして検索。売切の場合は書籍名が表示されません。

タウンポート年賀イラストも募集中(協力:海月文庫)

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

次回作品展  DM

海月文庫 新四回シリーズ合同展

 辶(しんにょう、しんにゅう)偏から

第一回「進」

世話人:海月あきら

2019.1/19(土)~1/25(金)

11時~7時(最終日5時)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新年明けましておめでとうございます。

2019年 最初の作品展 

海月文庫 新四回シリーズ合同展

 辶(しんにょう、しんにゅう)偏から

 第一回「進」→ 募集要項

世話人:海月あきら

2019.1/19(土)~1/25(金)

11時~7時(最終日5時)

 

年末恒例のおせち料理大会も2004から始めて15年目になるそうで、なんやかやと40品を超える料理が完成、刺身等を含むと50種類を超えそうです。今年も無事に元気で元旦を迎える事ができました。蛇を主神とする立森瑞神(たつもりずいじん)は別名「野中の巳さん」にお参りに行くのがここ数年の初詣。その後は娘一家5人が来襲。これも恒例行事になりつつあります。今年もよろしくお願いします。

 

 

 

新着本情報  ←在庫の有無はクリックして検索。売切の場合は書籍名が表示されません。

タウンポート年賀イラストも募集中(協力:海月文庫)

日々の活動はスペース担当がFACE BOOKに更新。

古本担当が新着本情報を時々更新。 

 

次回作品展  DM

海月文庫 新四回シリーズ合同展

 辶(しんにょう、しんにゅう)偏から

第一回「進」

世話人:海月あきら

2019.1/19(土)~1/25(金)

11時~7時(最終日5時)